スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2013.11/11(Mon)

まどマギカフェ&艦これカフェ

 こちらでは、お久しぶりです。先日、IFCONから帰ったあとに艦これのイベント海域に挑み武蔵を無事に轟沈艦無しで入手しました。一回目の翔鶴が出るイベントでは、「龍田」さん「足柄」姉さんを轟沈させてしまったので、轟沈艦無しが最大の戦果です。

 さて、他に何をしていたかというと。
 マドマギ01

 まどまぎ01
 六本木でのまどマギ原画展と併設のカフェに行ったり。ここは、料理もBGMもなかなか凝っていて、魔女カレーとか変な笑いがでました。おかげで、翌週に見た「叛逆編」もさらに楽しめました。「叛逆編」は、私としてはヘルシングの最後の大隊長ばりの笑顔で「いいじゃないか。こういう展開を待っていたのだよ」と言ってしまう出来でした。あと、さやか×杏子のイチャイチャぶりが最高。

 あとは、艦これカフェにも。
 艦これカフェ03
 北上さんカレーと、北上さん。
 …うーん、重雷装艦をイメージしたパスタが似てる、のかなあ?


 艦これカフェ01
 「榛名、大和パフェになんか負けません」

 艦これカフェ02
 「榛名、大和パフェに勝ちました」

 艦これカフェ内にはアオシマとフジミの提供した艦船模型がいくつかあって、「蒼き鋼のアルペジオ」の試作キットなんかも。そんな中、目をひいたのが。
 艦これカフェ034
 昔懐かしい、旧キットの方の「蒼龍」。艦これブームがきて、社内で何十年も埃かぶってた見本を持ってきたんでしょうかね…。

 
 
スポンサーサイト
EDIT  |  23:14 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.04/02(Mon)

屋上の百合霊さん

 4月になって色々と変化がありましたが、今のところは元気です。

 というのも、スト魔女劇場版を再度見に行って、無事に画集を入手。
 SW
 画集はエイラ×サーニャが良かったり、バルクルホルンお姉ちゃんがカッコ良かったり。映画でもバルクホルン出番が良かったなあ。

 あと、久しぶりにPCゲームも購入。
 百合霊


 ライアーソフトの「屋上の百合霊さん」です。ライアーというのは、ニッチな層向けのゲームを出すメーカーだけあって、本作も裏切りません。
 感じ的には、「青い花」や紺野キタ作品に近い淡い雰囲気の百合物。
 自称百合霊の幽霊二人組の依頼で、校内で恋愛の後押しをすることになった少女を中心にしたオムニバスです。
 出てくる娘達が話をすすめるにつれ成長していくのが気持ちいいし、主人公がヘタレではなく、臆病になっていただけのしっかりした娘なのも好感が持てます。
 昔からいる幽霊が、黒髪ロングに黒セーラー服というのも私のツボだったりします。

 本の方は、「イギリス潜水艦隊の死闘」を読み進めてるところ。地中海での英国潜水艦の実録で、イタリア海軍の対潜作戦の一端が見えないかなあという視点から読んでます。
EDIT  |  22:26 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.01/04(Wed)

不気味な箱庭での少女達の螺旋

年末のコミケで、入手した同人ノベルの体験版が面白かったので、簡単な感想を。
 『パンドラ - テルム・ドレサージュの輪の中で - 』
 パンドラ - テルム・ドレサージュの輪の中で -



 
 BGMというより歌と絵のレベルが非常に高いです。悪夢としかいいようのない奇怪な世界に、それがまた良く合う。
 役を演じ、「タブー」以外はすべてが許される箱庭で、偽りの舞いを舞い続ける少女達。
 完成が楽しみです。
EDIT  |  21:18 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.05/30(Sun)

もはや定着したジャンルの新作

最近は、もはやジャンルとしてすっかり定着しましたね、ヤンデレに男の娘。
 そんなわけで寝れなくなるボイスCDの「ヤンデレ惨」と『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』の体験版(http://www.caramel-box.com/products/otoboku2/)を堪能しました。

 
ヤンデレ惨~ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD3~ヤンデレ惨~ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD3~
(2010/05/26)
イメージ・アルバム河原木志穂

商品詳細を見る

 「ヤンデレ惨」は、メイドロボに電波系男の娘、百合姉妹とキワモノぽっかたですが、なかなか面白かったです。
 特に、愛する双子の妹に近寄る男を片っ端から誘惑する姉のセリフの破壊力が凄いです。
 「あんたのためじゃないんだからね!」という彼氏へのツンデレ台詞が、実は妹のためという意味だと知った時は吹きました。あとは、「あの娘のためなら、ウジ虫とだってキスできるわ」とか。小さすぎます(つっこみ所が違う

 『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』
   
処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 初回限定版処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 初回限定版
(2010/06/30)
Windows

商品詳細を見る

 体験版を始めて五分で、予約を決めました。
 前作を踏襲し、螺旋のように似た展開をするストーリーを紡ぐのは、魅力的な新キャラ達。続編とは、かくあるべきという見本です。
 前作の瑞穂が王子様的なのに対し、今作の主人公の千早はお姫様のようなキャラというのも面白い。
 描写も非常に丁寧で、キャラの心理描写だけでなく、寮の英国料理のレパートリーも豊富で、隔離された箱庭のような女子校の雰囲気の再現度が高いです。
 

 面白すぎて、前作を再インストしてしまいましたとも。…データの日付が5年前で、時の流れの早さに愕然としましたが。
EDIT  |  19:13 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.03/22(Mon)

ラスト・ピュリファイ~規制化の流れに抗する同人ノベル

 今日は模型を進めるつもりが、偶然見つけた同人ノベルが面白くて時を忘れてプレイしてしまいました。
 これが、同人とは思えないほど絵が奇麗で、何より話が面白かったんです。

 タイトルは「ラスト・ピュリファイ」。公式HPで無料公開されてます。(http://www110.sakura.ne.jp/~sundervolt/)
 昨今の二次元創作物に対する規制化への風刺として作られた作品だそうです。規制化の流れに関して、こういう風に作品で抗議するという姿勢は素晴らしいと思います。宮武外骨の滑稽新聞のようで。

 さて、話の方は、恒久的平和のために文化も宗教も抹殺し、人類を平等に管理する倫理機構。それに唯一抵抗する東京に、一人の少年が迷い込む…というもの。日本の表現規制の話を映画「華氏451度」ばりの話にするのか…という突っ込みはありそうです。
 ですが、登場人物たちが、実に熱い連中ばかりで、彼らのセリフに規制化の問題を考えるヒントが混じってます。

 あと、ヒロインの一人、「世界最後のロッカー」流鏑馬淳が漢。一週目での、敵前での最後のライブがカッコ良かった。

 「今回の規制は私には全く関係無いな~」という人にも、「何か面白いノベルないかな?」という人にもお薦めです。
EDIT  |  21:51 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。