スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.10/31(Fri)

MSIGLOO2 重力戦線

 ここの所、来年度の生活に直結したドダバタやら手痛い突然の出費やらでドタバタしておりました。
 そんな中、DVDの「MSIGLOO2 重力戦線」はもう6回は見ています。前作MSIGLOOが好きな人は勿論、全ての末期戦好きな人にオススメ。松本零士の「戦場まんがシリーズ」などにも通じるかも。

 
 まず、冒頭のジオン軍の地上降下作戦からして鳥肌が立つ位の出来。まるで、英本土上陸作戦ゼーレヴェか、ノルウエー侵攻作戦かと思わんばかりの勢いで降下するジオンの降下ポットの群れと吐き出される将兵、車両、ザク。
 「鷲は舞い降りる」で始まるキシリア閣下の演説とか、マニアが望む物を分かっていらっしゃる。

 さて、今回の主役は対戦車ミサイルのお化けで、巨大なザクを迎え撃つ連邦軍の対MS特技兵部隊。ダビデとゴリアテの戦いです。その違いは、武器は投石器ではなく対MSミサイル。さらに、ダビデが死神に魅入られている事。

 対MS特技兵部隊というのは、現実世界の歩兵部隊の対戦車班と似たような役回りです。なので、消耗率が高い。さらに、200キロ後退する本隊のために、50キロ前進してザク3体を歩兵で迎撃しろという末期戦です。コレ、日本陸軍が撤退に際し少数の殿兵を残したのと変わりません。

 そんな中、連戦で多数の部下を失った主人公の中尉が、如何に戦うかが熱いです。詳細はネタバレなので控えますが、最後のセリフがお気に入りなので紹介します。
 「戦場は死で満ち溢れている。見渡す限り死神だらけだ。だが、そんな中、生き残ったヤツだけが死神と呼ばれるんだ!」
スポンサーサイト
EDIT  |  23:04 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2008.10/21(Tue)

メイドに末期戦に百合

 修羅場は一時休戦といった感です。

 さて、ここ最近買った本です。
 メイドに末期戦に百合。趣味丸出しですね。
 装甲待女中隊


 まぶらほ~またまたメイドの巻
 ドイツ軍式装備の第五装甲待女中隊が活躍する、シリーズ番外編です。一巻で、「本当は1945年の東部戦線に愛情を抱く者ならたまらない短編」を書くつもりで却下されたという作者だけ」あって、随所にマニアックな描写や例えが多いです。今回は控え目ですが、歴代戦争映画や源文漫画のオマージュとか。
 良くも悪くもコメディですが、ドイツ式武装で忠義心の強いメイドさんはイイです。


 ガンパレード・マーチ 九州奪還4
 圧倒的な数の幻獣に侵攻され、遺伝子レベルで改造された少年・少女達が苛烈な戦線に投入される世界の話です。このノベル・シリーズは少年兵・少女兵が投入される架空戦記物としては一、二を争う出来だと思います。
 今回は、無茶な侵攻作戦が頓挫し拠点防衛に移ります。フラックタワーのような対空要塞とか、40センチ列車砲とか通好みの兵器はもとより、正面から馬鹿正直に戦うと脆い人型兵器の兵器らしさがいいのです。
 さらに、原作ゲームにいない小説オリジナルの等身大の兵士達。その辺にいそうな普通の少年・少女が戦場という異常な状況で見せる、心の機微が熱い。今回は、恋人を失った少女兵を仲間と教官が立ち直らせる話に涙腺が緩みそうになりました。

 どろぼうの名人
 「友情に逃げない百合」というので、購入。ラプンツェルに自らを例える少女と、バツイチのお姉さんの不思議な百合でした。
EDIT  |  17:34 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10/18(Sat)

日本を恐怖させた巨大戦艦、購入

 来週の頭まで修羅場なのですが、帰り道に「黄色い潜水艦」へ寄り道。金曜にドラゴンの「ペンシルヴァニア」が2個あったので、今日資金を持って寄ったら売り切れ…。この子を買い逃したのは、これで3度目です。そんなに皆さん「ペンシルヴァニア」が好きなの…。

 仕方が無いので、中古コーナーを覗いたら格安の戦艦が。文庫本より安いので、即購入しました。
 かつて、日本を恐怖させた巨大戦艦。その主砲はアジア最大の威力を誇っていました。
 そう、彼女の名前は「鎮遠」(爆
 鎮1

 老舗レジンメーカーのキットですが、バリや気泡はともかく船体の反り上がりが凄いです。とりあえず、毎日ハンディ・ガストーチで加熱後の手で曲げて矯正です。
 鎮2
 鎮3


 後でマスト用の真鍮線とレジンプライマーを買う予定ですが、それだけで「鎮遠」本体より高くなりそうです。(苦笑
EDIT  |  22:02 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2008.10/11(Sat)

三笠、竣工

 天気が良いので、勉強の休憩時間に模型の撮影。「三笠」を軍艦旗と艦首・艦尾の補助砲を付けて完成させ、ついでに過去作品の「ヴィータ」も軍艦旗を付けて撮り直しました。
 mikasa502.jpg
 mikasa603.jpg

 「三笠」は完成も間近になってから、色々と疑問点が出てきましたが。
 特に第一煙突周囲の通風筒は、キットの物より簡素な円柱状だったようです。まあ、「蒼海の世紀」の三笠はキットに近い艦容なので、「蒼海の世紀」仕様という事で。

 また、間接照明として蛍光灯を使い、明るい昼間に撮影したわけですが。同一撮影条件のはずなのに、写真によって色合いが違うような。模型を綺麗に撮影するのは、難しいものです。

 表のHPには、この忙しい時期を乗り切ったら更新します。きちんと調べてから艦歴
EDIT  |  16:46 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10/10(Fri)

今期のアニメ

学業が本気で忙しくなってきましたが、寝る前に1本はアニメを見る日々です。そんなわけで、今期のアニメを私が面白かった順に。


 黒執事
 「あくまで執事です」
 このセリフが決めセリフの、有能だが腹黒い(恐らく魔族)の執事の話。トラブルで食材がダメになっても機転でカバーする有能ぶりと、主人の敵を追い詰める時の諧謔味あふれるやり口がたまりません。
 主人たる、少年も可愛い顔をしながら腹黒いもですが。

 魍魎の匣 
 原作は未読ですが、昭和20年代後半のノスタルジックだが闇のある世界。まさに「エス」(*)としか言いようのない2人の少女の芝居じみた仕草とかツボすぎます。
 少し前にクリアしたPCゲーム「殻の少女」との類似性が多く、その観点からも楽しめます。2人の少女の関係や、巻き起こる猟奇事件の手口とか。…時期を考えると、「魍魎の函」をオマージュしたのが「殻の少女」なのですが。

 (*)エスとは今でいう「百合」の事。


 とある魔術の禁書目録
 電撃文庫のベストセラーのアニメ化。超能力と魔術が対立する世界の話です。原作の雰囲気を上手く再現していて楽しめます。あとは、既刊が16冊以上なので、どこを終着点にするかでしょう。


 地獄少女 三鼎
 1期は見たが、2期は見逃したシリーズの3期目。「イッペン死ンデミル?」の閻魔あいが健在で、3期からでも十分楽しめますね。

 夜桜四重奏  
 妖怪と人間が共存する町の話です。
 何がいいって、言霊使いの少女が重度の 兵器マニア。
 「マシーネン・ピストーレ!」と叫んで、大量のMP40を召喚する位に。原作では、88や列車砲まで召喚していたので今から楽しみです。


 他は、「かんなぎ」「とらドラ!」「ロザリオとバンパイア」「屍姫」が面白かったですな。「カオスヘッド」や某機動兵器アニメ2期は、まだ保留。
EDIT  |  23:44 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10/06(Mon)

戦闘服娘~海自WAVE

多賀谷

 秋葉原のバラ売り店で入手。戦闘服娘の多賀谷琴美です。
 やっぱり、制服・ロングヘアのお姉さんは良い物です。

 せっかくなので、手持ちの模型から「はるな」と撮影。もうすぐ、「はるな」は退役。航空巡洋艦(サイズ的には航空駆逐艦?)のようなフォルムは好きなんですが
EDIT  |  23:45 |  フィギュア  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2008.10/04(Sat)

大きいことは正義

 そろそろ本業の方が修羅場になりつつありますが、電車内での読書がやめられない日々です。
フォーチュン


 フォーチュンブリゲードⅢ 松田未来作
 ロボットいうより、人型戦車と呼ぶ方がふさわしいメカが活躍する架空戦記漫画です。中々売っていなくて、秋葉原の書○でようやく発見。
 避難民と一緒に、敵からの追撃を迎撃しながら流浪する部隊。今巻で、王族の姫が新しい国をつくると宣言したことで、終着点が見えてきました。
 そして、今回の山場は、新しく出てきた188ミリ砲搭載の人型戦車とフリゲート艦の撃ち合いでしょう。3000mの距離から敵人型戦車を撃破できるとはいえ、圧倒的な火力を持つ水上艦艇の撃ち合いは不利。それをどうするかが、熱いのです。

 余談ですが、この世界の人型戦車は現実世界の兵器が元ネタです。(JSU152とかスターリン戦車とか)ということは、この188ミリ砲も現実世界の砲が元ネタのはず。私はソ連のキーロフ級重巡洋艦の主砲では、と思っています。


 舞乙Hime~竜の巫女~ プリズンキャスト
 私は今年になってから舞乙Himeシリーズに、はまったのですが。その外伝というか、キャラクターを活かした新作です。つい最近存在を知り、購入。
 作者は、伊吹秀明氏。私が架空戦記で初めて面白いと思った「氷山空母を撃沈せよ!」や、萌え架空戦記の走りともいえる「猫耳戦車隊」や「星方天使エンジェルリンクス」を書いています。で、その「星方天使エンジェルリンクス」で大艦巨乳主義(*)を唱えた作者だけあって、この「竜の巫女」のヒロインは歴代のキャラ中で最大の大きさの胸を誇っています。
 話は、超能力者を集めた隔離した学園での陰謀が裏にある学園抗争です。超能力を駆使したガチバトルが熱いです

 *:登場する12隻の宇宙戦艦の艦長をすべて巨乳美人するというもの。さすがに、実現はせず。


 とある魔術の禁書目録14
 アニメ放送にあわせ、未購入分の確保を開始。これまでの巻と同様に、一気に読ませるノリの良いアクション物に仕上がっています。
EDIT  |  10:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10/03(Fri)

雷撃隊出撃

近くのレンタル屋が、半額レンタルだったので「雷撃隊出撃」「ストライクウイッチーズ1」を借りました。

 「雷撃隊出撃」は、1944年という戦時中に作られた有名な航空戦記映画です。以前に一度見たことはあるのですが、今回は要所要所でコマ送りして鑑賞。
 ストーリー自体は、同期3人のパイロットが苦難を乗り越えて敵艦隊に雷撃を敢行するも戦死するという、戦時中の映画にしては穏やかな内容です。
 さて本作の最大の売りは、本物の大戦末期の日本母艦機動部隊が出演しているという事。序盤で、97艦攻。中盤で、海上護衛総隊所属と思われる「KEA」という機番の97大艇の離着水。
 そして、終盤の653航空隊の天山部隊の発艦&雷撃訓練映像。瑞鶴から発艦する天山は力強くてカッコいいです。見事な編隊を組んでの空中進撃も圧巻。
 
 標的となっているのは、「妙高」級重巡の援護を受けた「瑞鶴」。
 雷撃隊1
 雷撃隊2

 (写真は、模型で再現したイメージ)
 「妙高」級は、時期的に5艦隊の「那智」か「足柄」でしょう。また、「瑞鶴」の飛行甲板には、シフト配置された25ミリ単装機銃が複数確認でき、艦上では対空訓練を行なっているのが分かります。
 また、艦に比べ大きな飛行甲板を持つ空母の姿も。「鳳翔」でしょう。他にも「瑞鳳」「千歳」「千代田」と思われる空母の進撃シーンも。

 気になったのは、一度挿入された、零戦3機の後方に99式艦爆が並んでの発艦シーン。増槽を付けていないので訓練とは思うのですが、どの空母上か不明。99式艦爆は、ここにしか出てこないのですが、南太平洋海戦時の映像でも無さそうです。
EDIT  |  22:48 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。