スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.01/28(Wed)

備忘録程度に

 とりあえず、学業の方は第一次防衛網突破というところ。あとは来月頭の試験だけですね。

 そんなわけで、ここのところ書いていなかった本の感想を備忘録程度に。
 夏のあらし


 夏のあらし
 時をかける少女に近いですが、ヒロインが主人公より年上のお姉さんというのがイイですね。あとはドイツ少女とか。
 ヒロインが時を飛び始めたのが、1945年の横浜大空襲というのがヘビーですが必要以上に暗くなっていないです。4月からアニメになるそうなので楽しみです。

 聖剣の刀鍛冶
 これもアニメ化決定作品。
 民を守ることを誇りにする騎士の少女が熱い。戦場で足がすくむ弱さがありながらも、それを乗り越えて戦う姿がもう、ね。自分に出来ることと出来ないことの分別がついた誇りある少女の剣劇です。

 戦乱学園!
 戦国時代を縮小再現した学園の話。綿密に調べ上げた資料に基づく軍事的、歴史的解釈には圧巻。逆に圧巻すぎて、ラノベとしては敷居が高いかも。
スポンサーサイト
EDIT  |  09:02 |  本の感想  | Top↑

2009.01/23(Fri)

発想の逆転(言い訳

 今月出荷分から値上げするWLシリーズ。内容はそのままでの値上げです。そして、今店頭にある分はそれに比べれば当然安い。
 つまり、逆に考えれば安売りキットが店頭にごろごろあるようなものでは?
 …というわけで、先週から色々買ってしまったり。
 「夕張」やら「シャルンホルスト」やら「アラバマ」やら。
 ついでに、中古で見つけたD社の「アリゾナ」も購入。
 「アラバマ」は、米国風霧島のパーツ用ですが、他は完全な衝動買いに近いです。今までツンデレもといツンデル(積んでる)キットはなるだけ出さないようにしてきたのですが、急増中。
 
 
 まだ月初めの試験の結果が分からないというストレスのせいです。きっと。(言い訳)
EDIT  |  23:09 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.01/09(Fri)

蒼海の世紀七話

 まだまだ学業が忙しいのですが、ちょっと小休止。

 さて、そんなわけで回収した委託同人誌の感想をば。

 蒼海の世紀七話
 坂本竜馬が死なず、海援隊が存続した世界を描く同人誌の第七弾です。
 今回は、ある事情で女性兵だらけの駆逐艦「葛」に乗ることになった主人公。一次大戦の頃の駆逐艦といえば、吹きさらしの露天艦橋に劣悪な居住環境。ゆえに、士官も形式張らずに乗員全体が家族のような雰囲気になります。ゆえに、この駆逐艦にも豪気な姐さん艦長がいます。同航する金剛級四姉妹に、非常に大胆な挨拶をかましてくれます。帽振れではなく、○を振るとは…。

 さて、この「蒼海の世紀」シリーズは熱いシナリオ展開かつオリジナルの話なので、いろんな人に貸しているのですが。毎回、ウチの妹にも読ませていたりします。二次大戦中心の軍事マニアの私とは違い、平安~幕末の歴史マニアなので、中々面白い感想をくれます。

 読んでる途中に吹き出したので例の○振れシーンかと思えば、船団護衛中の帝国海軍が「見敵必勝」を合言葉に陣形を乱して突撃する場面。
 「昔から、強い海軍というか水軍は陣形をきちんと組んで戦うはずなのに何をやっているの」
 いや、まあその通りで。当時の日本海軍の艦隊決戦至上主義について、簡単に解説すると。
 「日本の水軍は、昔から通商路保護がメインだったのに変」という辺りから、熊野・九鬼水軍の話に。

 それでふと思ったのですが、戦国時代の本願寺への補給を巡る村上水軍VS九鬼水軍の一連の海戦って、ソロモン海海戦の原点のような。村上水軍の末裔が出てくる架空戦記がありましたが、常に勝ち馬に乗り続け、補給戦の重要性と夜戦を知り尽くした九鬼水軍の末裔が出てくる架空戦記というのも面白いような。
EDIT  |  22:50 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/01(Thu)

謹賀新年

 皆様明けましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。今年も表のHP共々、よろしくお願いします。
 
 今年の抱負は、まずは目前に迫る試験を乗り越える事ですね。気力、体力、知力の三本の柱を崩さぬように頑張ろうと思います。

 模型の方は、それが終わってからになりますが、以下のような物を考えています。

 1:プラン「とある皇国の超重量弾」
 ソロモンで艦上構造物を破壊された「サウスダコタ」を日本海軍の陸戦隊が奪取。日本本土に回航されて、日本風に改装される。
 同時期、米海軍も鹵獲した「霧島」を近代化改装しているのであった…。
 単純に、絶賛お蔵入り中のH社「霧島」の再利用過程で考えた代物。「サウスダコタ」の艦橋を、どういじるかががポイントになりますね。「大和」の艦橋をのせるだけでは芸がありませんし。

 2:プラン「フランドル」
 リシュリュー級の艦橋をミズーリ辺りに移植して、計画艦「アルザス」風にしょうかと。名は「アルザス」級三番艦の予定名。他意は無いデスヨ?

 あとは、レジンキットへの挑戦も続けたいですね。
 何はともあれ、今は勉学に励むのみ。
EDIT  |  23:04 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。