スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.02/28(Sat)

ドイツ軍に百合にチャンバラ

 ここの所読んだ本の感想です。
 鉄鎖の太平洋


 鉄鎖の太平洋
 ドイツ第二帝国が、「ビスマルクノート」と呼ばれる預言書により存続した世界。空母の保有が禁止され、大艦巨砲主義が跋扈しています。
 独特な世界観の架空戦記ですが、売りはなんと言っても独皇帝の娘カミーユ・ヘッセンと日本海軍の鉄仮面提督鬼庭篤紀の宿命の関係でしょう。特に、架空戦記には珍しい、カリスマ溢れる女性のカミーユが良い感じです。
 戦闘に関しては、ドイツに売却された日米の戦艦や独の巨大戦艦もさることながら。商船改装空母が活躍するのも嬉しい所。後半では、アメリカが護衛空母を36隻繰り出しての侵攻作戦をしますし。
 

 あまがみエメンタール
 本作を読んだ人が共通して思うだろう事。
 「あまがみってレベルじゃない」
 外界から隔絶された全寮制エスカレータの女子校、という少女達の独特な世界が築かれやすい学校が舞台です。(余談ながら、架空戦記で戦艦が活躍するには航空機が邪魔なように、少女達の繊細でやや狂気じみた話には外界から隔絶された全寮制がふさわしいような気がします。)
 
 幼い外見のリコはルームメイトである、胸の大きなココの肌に歯を立てることで精神の安定を得ることが出来、ココもまた自分の肌をリコに捧げることで昏(くら)い興奮に身を震わせる……という話です。 
 2人の、友人とも母子とも恋人とも似て非なる関係。そういう雰囲気をだすために、キャラクター設定や舞台も徹底していますし。リコの異常なまでの子供のような幼さ、無邪気さは永久歯の前歯が中学生になってから生え変わるというエピソードが象徴している気がします。(普通は小学生低学年)

 少女達だけの、純粋だがエッセンスとしての狂気が混じった百合作品として中々のものだと思います。

 百花繚乱
 イカロス出版や「夷皇島学園」シリーズでおなじみのすずきあきら氏とニトロプラスのデモンベイン等のNiθ氏が組んだとあらば買わない訳にはいきません。
 話は徳川の統治が続く日本の学園で、かつての武人達の流れを受け継ぐ少女達がバトルを繰る広げるというもの。表紙から伺えるように大変に「まろい」作品でもあります。フィギュア化の企画も進行中で、気になる作品です。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:59 |  本の感想  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.02/27(Fri)

 今月、Logitec社の外付けハードディスクLHD-ED640FU2を買ったのですが。今日、パソコンで認識しなくなり、サポートサービスに電話したらフォーマットするしか無いと言われました。結果、中に保管していた趣味のデータのうちDVDRにバックアップしていた物以外は消えました。
 
 中身を一々挙げるのはアレなので例えると、「主力艦隊は無事だが、軍港を艦載機に丸焦げにされた」程度の損害でしょうか。1944年のトラック諸島空襲みたいに。

 何が原因かよく分からないのですが。データ移動中に、USBの接続を切ってしまった疑いはありますが、その程度でこうなるものなのか。

 それはさておき、新発売の「大淀1944」を見つけたので購入。
 大淀1
 大淀2

 シャープな単装機銃や、格納庫天板や後部甲板のモールドに好感が持てますね。艦体の外板再現もモールドには賛否両論だと思いますが、スタイル自体は綺麗です。
 …ただ、私の手元に「大淀」の資料は、小学生の頃からある「モデルアート別冊 艦艇図面集2」位しか無いので、どこまで正確かはわかりませんが
EDIT  |  22:44 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.02/26(Thu)

メジャー迷彩色々

 米海軍の迷彩は、メジャー22のような簡単な二色塗り分け迷彩でも垂直面と水平面で色が違うため、手間がかかります。
 マスキングしては塗り、はみ出た所を筆で修正の繰り返しです。
 フランドール71


 今のところ、米風霧島が一番工事が進んでいます。テネシー級の近代化改装に近い艦になりつつあります。両用砲は片舷4基搭載、40㎜4連装の配置は考え中。
 ブリュンヒルデ

艦名は北欧神話かギリシャ神話あたりをあさっています。スカンジナビア半島沖辺りの、資源豊富な小国のシンボル的な艦ということにしようかと。
 「フランドール」は、戦後のアイオワ級を参考に、舷側に補強材?と係船桁を追加。


 …そして何より、この3艦のために作る機銃の多さに気がついて、少々遠い目に。
 
EDIT  |  22:46 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.02/23(Mon)

アメリカ3人娘~一名の名前募集中

 「鎮遠」を含めると、着工中の戦艦が4隻になっていました。昔は駆逐艦ばかり作っていて、戦艦は滅多に作らなかったのになあ(苦笑

 フランドールズ


 1:「ペンシルヴァニア」
 艦橋横がエッチング再現だは、やたらと不要パーツが多いやらで戸惑いますが良キットです。資料だとネービーブルー一色なのですが、クレオスのネービーブルーを塗ると暗くなりすぎるような気もして考え中です。

 2:アルザス改「フランドール」
 フランドール91

 艦上構造物の配置が大体決まり、塗装に入ったのですが。艦首のパテ盛り後の整形が甘かったようで。凸凹が浮き彫りに。再度整形後に、塗装を剥がして塗りなおしですね。
 

 3:艦名未定(米風霧島)
 一度は霧島として完成させようとしたハセガワのキットを改造中。
 籠マスト級の米戦艦のような近代化改装を受けたという設定です。
 一度付けた舷外電路の撤去に、舷窓と副砲の穴埋めを行いました。アラバマの艦橋が意外にバランス良く合います。迷彩は二色塗り分けのメジャー22。
 後部構造物をどうするか、で少し迷っています。後部射撃指揮所と、3番主砲の間に微妙なスペースが出来るんですよねえ。

 当初は、ソロモンで鹵獲された霧島という事にしようかと思っていたのですが、それだと艦名が味気ない州名になりそう。出来るなら、艦船は女性名詞であることを具現化したような名にしたいと思います。なので、昔「奇想艦隊」で連載されていた「北海の堕天使」のように、オリジナル国家所属とか、南米のような中小国所属にでもしようかとも考えています。
 そこで、艦名と来歴にアイデアがある方は遠慮なく書き込んで下さい。

EDIT  |  22:16 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2009.02/21(Sat)

右手が唸る!

 俺の右手が真っ赤に燃える!この模型を磨けと!
 というネタはさておき、外出するまでの残り時間と戦いながら、ドラゴン社「ペンシルヴァニア」と架空艦「フランドール」のパーツ洗浄をしています。
 ブラッシング1
 ブラッシング2

 両者とも、構造物の一部に塗装したら見事にはじいたもので。
 歯ブラシで、一つ一つ丹念に磨き残しが無いよう磨いています。

 BGM代わりは、レンタルで借りたインディジョーンズのクリスタルスカル。今日はレンタル半額だったもので。他には、ハンコック、舞乙HIMEシフル、セキレイ、U20、など。統一性が無いのはいつも通り。
 U20は、ルシタニア号撃沈の悲劇。煽り文句が「タイタニック以上の歴史に埋もれた悲劇」というのはアレですが、そこそこ楽しみです。…二次大戦末期バルト海や、太平洋では1隻で9000人とか5000人とか犠牲になってるのに、比べたら云々というのは野暮ですね。
 ソ連の「夜の魔女」すなわち、女子夜間爆撃隊の映画もあったのですが、怖くてパス。いや、ロシア映画は基本的に視点が偏っていると思うので見るのは勇気がいるのですよ。
 以前に借りた「PQ17」が歴史事実をロシアの都合の良い様に捻じ曲げた酷い出来で、以来ロシア映画は敬遠しとるのです。
EDIT  |  09:48 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.02/19(Thu)

竹、オルサ完成

 丁型駆逐艦竹と伊王国海軍護衛駆逐艦オルサが完成しました。
 オルサ竹1


 竹はオルモック夜戦仕様。とりあえず1隻はサックリ作ろうというコンセプトで、ストレート組みに近いです。武装・艤装品は学研の松級駆逐艦を参考にいじりましたが。
 以前に作った輸送艦やPT魚雷艇と組み合わせて、ジオラマ風にしてみたり。
 オルモック夜戦2
 オルモック夜戦3

 
 伊王国海軍護衛駆逐艦オルサは、レジンプライマーを塗った上に迷彩塗装をしたのですが、全体的に厚ぼったくなってしまったのが反省点ですね。
 オルサ01
 オルサ02
 オルサ03

 1943年仕様とし、ブレダ20ミリ機銃を増備し迷彩しました。艦首の対空標識はこの時期にあったか不明ですが、あった方がイタリア艦らしいと思うのです。
 レーダーが無いのは、この時期のイタリア海軍小艦艇では標準のようです。ただ、ソーナーの類は最初から装備し、対潜、対艦、機雷敷設、掃海とオールマイティに近い使い方ができます。また、イタリア艦にしては珍しく航続距離が長く、凌波性も良好でした。同級4隻中2隻は、1960年代まで現役でした。
 軍艦らしからぬ流線型を多用した優美な艦容は、イタリア造船技術の一端が伺え、気に入りました。


 また、鎮遠も一端建造を止めるところまできました。 (マストを真鍮線で作るのですが、初挑戦ゆえに後回しにしたいので)
 三笠鎮遠

 「三笠」と並べると、二等戦艦に類別されたのが分かる大きさです。日清戦争時の最強艦が、日露戦争の頃には滑稽艦呼ばわりされる凋落ぶり。この時代の10年の間の技術革新は凄いのですね。
EDIT  |  21:11 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.02/18(Wed)

同時建造

  「フランドール」は艦首整形中に、接合部にヒビが出来て再度整形中です。そこで、溜め込んでいた中小型艦4隻を進めています。

 オルサ1
 オルサ2

 「シリウス」:先に建造した大型巡視艦「オリオン」の4番艦。「オリオン」製作時の反省点を活かし舷外電路取り付け、舷窓開けを行い、ガイアノーツの塗料を使用。…ガイアノーツでも、白系の塗装は難しいですね。薄めて筆で重ね塗りという手法でも、下地が透ける箇所が出できました。

 「鎮遠」:真鍮線でのマスト製作は後回しにし、とりあえず舷窓を開けて塗装開始。

 「オルサ」:イタリア艦の塗装は初挑戦ですが、あちこちの作例を参考に進めています。

 「竹」:比島攻防戦時の松級駆逐艦を作ろう。という事で一番資料豊富な「竹」です。A社の大淀が出れば、礼号作戦参加艦隊を再現しようと思うので、その第一歩。同時期の礼号作戦参加の「杉」なんかも、1/700では、それほど変わらないだろうと思うのです。
EDIT  |  00:02 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.02/15(Sun)

フランドール2

今週は、実はそれほど暇だった訳ではなく。4月からの生活に向けて、見学やら書類作成のために出向いたり疲れました。
 
 さて、「フランドール」ですが船体の工事は目処が立ちました。「ミズーリ」の船体が左右分割式なのを幸いに、強引にリシュリューの甲板をねじこみ接着。
 個人的にアイオワ級の艦首は病的に細いと思うので、この位の大きさの艦首の方がバランスは良い気がします。
 フランドール3
 フランドール4


 次に整形と艦上構造物のレイアウト決め。
 艦橋はリシュリューの物の基部を加工するだけで良さそうですが、煙突が問題かも。
 アルザスにならい、リシュリューのMACを二番煙突にしようかと思うのですが。この配置って、一番煙突の煙が二番煙突上の測距儀に流れ込んでくるような。しかし、一番煙突と二番煙突の高さを極端に変えるとバランスが悪いんですよね…。
EDIT  |  22:32 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.02/12(Thu)

フランドール起工

 正月に妄想していた仏アルザス級もどきの「フランドール」ですが、資材がそろったので、さっそく船体の工事に着手。
 T社の薄刃ノコはいいですね。プラの船体が楽々切れます。

 フランドール1

 で、リシュリューの艦首とミズーリの艦体を組み合わせようと思うのですが、やっぱりミズーリの艦首は細いですね。写真のようにそのままでは、不自然になりそうですね。もう少しどちらかを切るか、パテで整形するか…。
 フランドール2
 フランドール3

  艦首甲板もリシュリューとミズーリの物を両方とも切って、繋ごうかと思っていたのですが。艦首甲板はリシュリュー、中央構造物の基礎と艦尾をミズーリにするように調整した方が自然かも。

 他にも、欲を出してこんな艦を下準備中です。
 伊護衛駆逐艦「オルサ」と日本海軍二等戦艦「鎮遠」
 オルサ
 松級駆逐艦にオリオン級大型巡視艦「シリウス」
シリウス

EDIT  |  22:34 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.02/12(Thu)

色々と散財

 4月からは定期で秋葉原に行けなくなる…という言い訳で色々購入。
 640MBの外付けHDDを買いに行ったのですが。

 模型関連も色々と購入。
 ペンシル2

 まずは一年間探してきたD社「ペンシルヴァニア」をようやく購入。近代化改装された籠マストクラスのインジェクションとして欲しかったのですよ。
 ちなみにこの娘はスリガオ夜戦では、レーダー故障で主砲を撃ってないようです。この頃の籠マストクラスは、近代化改装のレベルによって艦ごとのレーダーの性能が大きく違うみたいなので、一度調べてみたいところです。

 あとは、架空艦「フランドール」のパーツとして「リシュリュー」と、加工用にT社の薄刃ノコを購入。
 さらにクレオスの塗料を探したのですが、最初は何で水性塗料しかないのかと思ったのですよ。よく見たら、価格変更に伴いケースが変わっていました。小学生の頃から、あの形に慣れ親しんできたので少し寂しいですね。
EDIT  |  22:29 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.02/10(Tue)

熱き心を持つ少女達

 模型の方は、4隻ほど並行して下準備中。
 では、ここの所読んだ本の感想を。
 聖剣


 聖剣の刀鍛冶2~4  
 丁寧にアニメ化されたならば、リリカルなのはシリーズに匹敵する熱い作品になるかと。
 主人公のセシリーの成長具合と漢らしい熱さが、たまりません。
 何度も敗北し、自信を打ち砕かれ身も心も傷つきながらも、その都度復活。
 言う事を聞かない相手は、言葉よりも正面から勝負を挑みますし。某「白い悪魔」の「お話聞かせて」を彷彿とさせます。
 「私は頭が悪い!」という啖呵とともに戦場に立つ姿は、騎士そのもの。

 彼女の相棒たる魔剣も、天然系のお姉さんのような人の形になれるのですが。予想に反し、「レイジングハートかヴァルデッシュですか、貴女は?」と言わんばかりの熱い人ですし。

 もう一人の主人公の刀鍛冶の少年がいるのですが、綿密に日本刀の工房を取材した成果があって、刀の製造過程が生き生きと描かれています。

 
 熱い漢の少女達を見たいならオススメです。


 雪蟷螂
 この作者の本は一作目から読んでいるのですが、恋愛物としては一番かと。
 雪深い山脈に住む一族。そこの女達は苛烈で、愛する男をも喰らうほど。その一族の王たる少女が和平のために輿入れをするが…というもの。
 殺したいほど愛してるというフレーズが似合う作品でした。ヤンデレもそうですが、他の事が目に入らないほど相手の事を思うという観点では、愛も憎しみも紙一重だなあ、と。
 
EDIT  |  22:33 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.02/08(Sun)

陸軍の砲艇~国会図書館にて

 とりあえず短期的ではりますが、ようやく時間が出来るので模型や本、ゲームを再開するつもりです。模型は、一週間ほど洗剤&クレンザーの溶液に漬け込んでいたレジンキットの伊護衛駆逐艦あたりからかな?
 ゲームはライアーソフトの漆黒のシャルノスを。19世紀末の英国に似た世界を舞台にした伝奇です。


 さて、先週は故あって国会図書館にいたわけですが。
 まあ、この国会図書館というのは今まではアニメRODで見た程度だったのですが静かで、あらゆる本・出版物がありとても良い場所ですな。
 
 そんな中、気になったが陸軍の100トン級曳船型砲艇。
 小学生の頃、日本陸軍の船舶兵は空母、潜水艦、駆逐艦を持っていたという記事を読んだ事がありまして。空母はあきつ丸、熊野丸等で、潜水艦はまるゆとその後知ったわけですが。駆逐艦というのが正体不明だったのです。
 その元ネタが、どうもこの100トン級曳船型砲艇らしいですな。
 どうやら南方や中国沿岸での警備に作られたようで。武装は13㍉連装機銃や、7.7㍉単装機銃程度の弱武装ですが陸軍が運用する戦闘用艦艇としては破格の大きさです。
 しかも面白いことに戦後、海上保安庁の巡視艇になった艇もあるのです。

 読んだのは、「写真と図による残存帝国艦艇」木俣滋郎 (図書出版)
 他にも、大発や内火艇が戦後、個人クルーザーや海上バス代わりに以外に多数が使われていたとか興味深い記事が多かったです。
 …探せば、ひっそりと旧軍時代の小型艇は生き残っているのかもしれません
EDIT  |  23:31 |  本の感想  | TB(0)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。