スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.04/29(Wed)

「大淀」竣工、「ベッドフォード」「天津風1945」着工

 アオシマの「大淀1944」は、むさしのフラップスに合わせて組み上げてていたのですが、マストを手直しして完成としました。
 大淀02
 スタイルは悪くないのですが、パーツの合いはいま一つの感はあります。私は基本的に塗ってから組み立てる派なので、艦橋などに隙間が出来てしまいました。


 天津風1945
 また、RSBCに出てくるヒトラー艦長の駆逐艦「ベッドフォード」も製作開始。家にある一代目は出来に不満があるうえ、大破したので再挑戦となります。
 もう一隻は、「天津風1945」です。艦首を損傷しながらも、若干25歳の新任艦長の元、日本を目指して敵中を突破した姿を再現しようかと。ただ、資料が国会図書館でコピーした「25歳の艦長海戦記~駆逐艦「天津風」かく戦えり~」のみなので、細部がよくわかりません。
 外舷電路はあったのか?
 仮説艦橋の形は?(模型の艦橋は適当に仮にでっちあげたもの)

 あと、「鳥海1944」は応急舵をプラ板で作るのみ。これが意外と面倒です。
 鳥海0001
 機銃は今回はじめてFM社の「ナノドレッド」を使用。すごく細かいのですが、強度に不安があるような(汗
スポンサーサイト
EDIT  |  22:38 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/28(Tue)

末期戦兵器、チェーンソー少女、産卵系少女

 例によって、食あたりしそうな位に混沌とした組み合わせの読書です。

 末期戦

 まけた側の良兵器集  こがしゅうと先生の同人誌や雑誌連載分の総集編です。持っている分も多いのですが、作風と掲載兵器のラインナップに惹かれて購入。
 機上作業練習機「白菊」の記事が一番面白かったです。生産数の多さは、稼働率と汎用性の高さから海軍が愛用していたから、というのには納得。もし敗戦が無ければ、天山や流星よりも末永く運用されたんじゃ無いかな?制空権がある所を飛ぶのが前提ですが。
 あとは、九九式狙撃銃の漫画がイイ話でした。

 たま日和
 幼い頃に飼っていたひよこが、女の子のなったという話です。
 元がひよこなので、主人公の事を考えるとせつなくなって卵を産みたくなるのが斬新。というか、産んだ卵が孵化したひよこも女の子になって吹きました。

 さいたまチェーンソー少女
 転校生の少女に彼氏を盗られた少女が、テキサス生まれの爺さんから受け継いだチェーンソー片手に学校に乗り込み殺戮劇を繰り広げる話。
 恋心というには狂気が満ち。殺意というには爽やかすぎる感情の発露が絶妙です。
 チェーンソー

 また、タイトルからして映画「テキサスチェーンソー」のオマージュもあるのでしょうが、チェーンソー格闘技ともいうべき描写が笑えてしまいます。テキサス生まれの爺さんが、南北戦争の頃に北軍と戦うために生み出した武術と言って教えたとか、ね。

 女装少年アンソロジー
 男の娘だから、大丈夫だもん!と言わんばかりに暴走したアンソロです。水兵きき氏を筆頭に良質の短編集になっています。
EDIT  |  23:21 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/22(Wed)

機動内親王、パンター、百合

 今日は、初給与が出た休日なのでお買い物。といっても半分は、お世話になった方々への贈り物ですが。
 
 さて、先週から色々読んでいます。
 機動内親王


 機動内親王澪子様の冒険
 吉田親司先生の那子様シリーズの外伝です。開戦前夜の欧州で那子様の影武者の澪子様が活躍する、架空戦記というよりロードムービーのような作品です。続刊に話は続いていますが、那子様シリーズを読んでいない人にもオススメです。
 小柄で黒ずくめの衣装にモーゼルM712を振り回す澪子様が、凛々しいは可愛いでたまりません。お供も、男装の執事に完全記憶力の看護婦、機械に強い少年と、中々面白い面子です。
 …完全記憶があったら、医療職は覚えることが多いので有利でしょうなあ。

 蒼穹のカルマ2
 空を駆ける女騎士の空戦記に見せかけた、姪っ子にだけデレデレのお姉さんのコメディです。いや、きちんとした戦闘シーンもありますよ?
 しかし、今回も姪っ子へのプレゼントを入手するためにいかに空戦大会の一回戦で負けるか苦悩したりとか、姉バカ全開です。

 天秤は花と遊ぶ
 女子校に転入してきた元気っ娘が出合ったのは、血を吸わないと生きていけない、琴乃緒 愁という子だった話。
 この愁は今は性別が無く、成人までに男女どちらから多く血を吸ったかで性別が決まる体質。おまけに好きな人の血が美味しくなる体質で。
 主人公の少女が好きになってしまい、血を吸った後に
 「もう一口、いいか?」
 と顔を赤らめながら言うあたり、百合ですね。

 セーラー服と重戦車3
 段々と作品の方向性が決まり、面白くなってきました。
 今回は、主人公達のチームが大敗した後に再生する話です。ここで、装填手の少年に活を入れるパイパーちゃんの、凛々しいまっぱがハイライトかと。蒼海の世紀もですが、野上先生は凛々しいまっぱを描くのが上手いですね。
 パイパー

 戦車の方も、北朝鮮のような学校のT34やJS1をはじめ、オーストラリヤの国産戦車センチネルとか面白い戦車が出てきています。
EDIT  |  19:18 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/19(Sun)

戦艦「クレイオー」UP

 「大和し麗し」を運営されているHIDEBOさんに合成画像を戴き、モチベーションが上がり一気に書いて本家にUPしました。
 クレイオーHIDEBO
 クレイオー白き姫君

 
 それにしても、こうやって模型のページを作るために色々調べるのは楽しいし勉強になります。今回は、「金剛」級の魔改造ぶりがよく分かりました。イタリアの戦艦「コンテ・デ・カブール」なんかよりも実践的な改造されているんですね。
 あと、日本海軍の遠距離砲戦ドクトリンが透けて見えました。同世代の米英戦艦よりも、仰角向上による射程増加が半端無いです。

 ウチの霧島改造の「クレイオー」は米国での改装なので、日本の「金剛」級とは差異を出してみました。

 最後になりましたが、素晴らしい合成画像を下さったHIDEBOさん、ありがとうございました。
EDIT  |  19:14 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/18(Sat)

何故か妹モノばかり

 さすがに慣れない環境は疲れるものです。それでも電車内での読書は進みました。
 
 鍛冶5

 Baby Princess
  突如、19人姉妹と暮らす事になった少年の話です。かの名作シスプリのDNAを引き継ぐ作品です。
 話は、主人公は19人姉妹の家族と認められていく温かい話なのですが。名前と顔が中々一致しません(苦笑
 お気に入りのミステリアス姉さんの霙さん、ロングヘアなのに男勝りなヒカル位は覚えられるのですが、後は駆逐艦の名にもある吹雪や夕凪くらいしか。
 そう、19人姉妹の名は日本の駆逐艦と同じで気象事象からとっているのです。いっそ、全て日本の駆逐艦と同じ名なら暗記済みなので楽なのですが(爆


 俺の妹がこんなに可愛いはずがない3
 実在のニュースサイトが出てくる事もあり、大人気のシリーズ。今回は、見た目今風、中身オタクの妹の小説が本になる話です。そこで出てくる出版者の言うことが、一度でも小説を書こうと思った人が読むとリアルに身につまませられる話でした。
 内容自体は、読みやすく後味もよく楽しめました。

 聖剣の刀鍛冶5  今回は、日常を綴る短編と思っていたら…火傷するほど熱い話でした。戦場で背を預けられる男女とか、相棒は私好みです。
EDIT  |  23:05 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/15(Wed)

戦艦「フランドール」就役

 先日完成した、ヴィシーフランス海軍戦艦「フランドール」のページを本家にUPしました。
 http://shamal.biroudo.jp/

 毎回、自分の設定(妄想ともいう)を分かりやすく解説しようとするのに悩みますね。今回のお嬢様は、サイズも大きいので撮影にも苦労しましたし。
 さらに、元ネタの「アルザス」級も資料が少ない。40㎝砲搭載案がどの程度進んでいたのか分からなかったです。はたしてフランスに40㎝砲の製造能力があったのか…。
 というわけでもありませんが、ウチの「フランドール」はアメリカで建造されたという設定です。

 まだ本家にUPしていない艦は多いので、何とかしないといけませんね
EDIT  |  21:48 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/12(Sun)

作戦終了~第15回むさしのフラップス

 本日、作戦行動中の艦隊支援のために、重巡「フェリクス・シュルツ/シグナム」、新鋭軽巡「大淀」の2艦からなる巡洋艦部隊を派遣。作戦は成功を収め、全艦無事に帰還せり。

 というわけで、むさしのフラップス最終日に突貫で完成させたアオシマの「大淀」と守護騎士艦隊の重巡「シグナム」を持って行きました。
 むさしのフラップ派遣艦隊

 

 
 昨日に比べ、AFVが充実していました。
 フラップ13
 フラップ15
 フラップ20

 特に気になったのが、ドイツの計画重戦車E100
 フラップ14


 また、米防空軍の歴史を辿る展示をはじめ、航空機の展示も充実
 フラップ18
 フラップ22
 フラップ21
 フラップ17


 WLでは、精密な出来の「レキシントン」と米駆「コールドウエル」がありました。
 フラップ11
 フラップ12

  
 
 
 そして、一番圧倒されたのが「インペリアル・アタック・クルーザー」
 宇宙戦艦01

 艦船模型のパーツを独創的に使った精密な出来も凄いのですが、
 宇宙戦艦02
 光ります!これ、1個1個がLEDライトなんです。そのまま、本家の映画に使えそうです。

 今回は蒼月さんをはじめ、沢山の製作者の方々と話が出来て、とても充実した時間が過ごせました。
 皆様、本当にありがとうございました。




 
EDIT  |  19:53 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/11(Sat)

初出撃~第15回むさしのフラップス

 本日、我が方面艦隊水上打撃任務部隊は初出撃を敢行せり。編成は旗艦たる戦艦「フランドール」、戦艦「ペンシルヴァニア」、大型巡視艦「オリオン」、二等戦艦「鎮遠」、PT魚雷艇2隻。損傷により「鎮遠」が後退するも、他は現地で意気軒昂。明日、帰還支援に艦艇増援の用意あり。

 というわけで、今日は浦和で開かれた模型展示会に参加してきました。夏日の厳しい陽射しの中、模型を女の子を運ぶが如く丁寧に持っていくのは大変でした。あ、フネは女性名詞なので、ある意味女の子ですが。

 現地では、マイミクの蒼月さんをはじめ、開催者の方達との話で盛り上がり楽しいひと時を過ごせました。

 話していて、あまり写真を撮っていないのですが、一部紹介。

 
 蒼月さんの戦艦「加賀」の隣に停泊する、ウチの戦艦「フランドール」
 フラップ01

 
 蒼月さんの戦艦「加賀」と駆逐艦「涼月」
 フラップ02
 フラップ03


 ソードフィッシュやら散香。
 フラップ04
 フラップ06

 
 
 レビ16照準機とMG42の実物。ここで見られるとは思っていませんでした。
 フラップ07
 フラップ08

 
 フラップ09

 ロシアが誇る試作機「ベルークト」。ニトロプラスのゲーム「ハローワールド」や、STG「エースコンバット」でお馴染みです。


 明日の午後にでも、模型回収のためにも再度行く予定です。



<<前の日記へ 夜想亭の日記一覧へ
EDIT  |  22:01 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/09(Thu)

おまもりひまり5巻…アニメ化&おまけ

 ここのところ、通勤途中に菜の花畑やウグイスの鳴き声を楽しめる夜想亭です。いや、そう思わないと朝から坂を登るのはキツイです。

 さて、おまもりひまり5巻が発売されました。あちこちで噂になっていたように、アニメ化決定の告知がでました。この寸止めラブコメが、どうアニメ化されるか楽しみです。
 ひまり5


 内容は、一時的にロリ化したひまりと、エロ吸血鬼となって帰ってきた明夏羽の対決が面白かったです。

 また、おまけについてきた「状況開始!」の読みきりコミックがイイ味だしています。
 ひまり55

 この「状況開始!」は、だいぶ前に工画堂から発売されたPCノベルゲーム。仮想世界での、陸自のような学校での学生生活の話で。文字通り、戦争が始まるまで、かつ恋愛が始まるまでを描いた作品であったため、ミリオタの私としては不満の残る作品でした。
 それを、製品発売前に少ない資料を基に、的良みらん氏が漫画したのが本作。不正に実弾射撃をする特科を、90式戦車で制圧するチビの機甲科の先輩とか。何故か学祭でメイド喫茶とか、良い感じでのアレンジが加わっていて楽しめます。
EDIT  |  20:12 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/08(Wed)

鳥海1944製作中

 限定版(1944)と、通常版(1942)の二個イチで作っていた、鳥海が形になってきました。
 鳥海01
 鳥海03

 高雄クラスは、リニューアル前のアオシマのキットしか作った事が無かったので、この鎧武者のような艦橋が精緻に組みあがる様は感動できますね。
 鳥海02

 
 資料は、「軍艦メカ3重巡」(光人社)。たぶん、10年以上前から家にあるのですが、今回初めてフル活用。というか、丁寧に読みました。

 舷窓はパテで塞ぎ、全てフラットにした上で外舷電路等を取り付けました。艦橋は、資料を基にはしましたが、通常版を少しいじるだけで良いだけでした。

 それしても、鳥海の最期は調べるほど良くわかりませんね。
 高雄クラスは、弾薬庫周囲に12度に傾斜した127㎜の装甲。上甲板にも47㎜の「装甲甲板」があると、今回「軍艦メカ3日本の重巡」で読んだもので。まともな装甲が皆無の仏の条約型重巡や、実は60㎜程度の装甲しかない独の装甲艦(ポケット戦艦)と比べると重装甲に見えます。
 こういった、それなりの重装甲の重巡が、護衛空母機の爆弾による魚雷誘爆位で致命傷になるのか。異説による、大和の電探射撃による誤射が本当だとすると、恐るべき精度になるようですし。


 …とはいえ、イタリアの重装甲を謳われたザラ級の呆気ない最期のように、巡洋艦レベルの艦では装甲の厚みは大同小異なのかもしれません。
EDIT  |  20:01 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/04(Sat)

今期の新アニメ

 さて、そろそろ今期の新アニメが色々始まりました。
 なので、1話を見た感想をつらつらと。

 Phantom -PHANTOM OF INFERNO-
 ニトロのデビュー作を、「NOIR」「MADLAX」「エル・カザド」の三部作の真下監督がアニメ化というので、両者ともの好きな私は期待していました。
 蓋をあけると、かなり真下監督作品の色が濃いですね。リアリティよりも、構図の栄えを優先するアクションシーンとか。キャラデザも原作とは変わった人が多いですし。
 しかし、面白いことには変わりないです。どうやら、ドライも参加しての日本編までアニメ化しそうですし。
 あとは、原作に出てきたマニアックな銃描写が、どう表現されるかですね。
 ハードボーラーとか、44オートマグとか。特に、装填不良多発の44オートマグを単発ずつ撃つマニアックな戦い方がアニメでも再現されないかなあ。

 クイーンズブレイ ド
 今期の大穴かと。OVAでもないのに、はっちゃけすぎでした。○汁で服が溶けるとか、失禁とか。
 2話では、巫女さんが出てくるようなので、どうなるか楽しみです。

 アスラクライン
 原作1巻のみ既読。自分にだけ見えると思っていた幼馴染みの幽霊が、実は世界をゆるがす秘密を持っていたという話です。テンポもよく、ラノベが好きな人なら楽しめると思います。

 けいおん!
 廃部寸前の軽音楽部に、天然娘が入る話です。OP、EDの振り付けが、京アニらしい凝ったものでした。
EDIT  |  22:29 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/04(Sat)

カポエイラだから恥ずかしくないもん!他

 出勤早々に、電車が強風で遅れて遅刻した夜想亭です。これからは、天気予報を見て遅れそうな時は30分以上早起きせにゃいかんようです。(泣

 さて、今週も本は色々買いました。ただ、電車の中で読みにくい本なのと、iphoneでweb見ている事が多いので、それほ読めていません。
 トルネード!


 トルネード!
 伊吹秀明氏の新作で、挿絵が四季童子氏ということで買いましたが当たりでした。以前に「大艦巨乳主義」を唱えた伊吹氏ですが、今回は「カポエイラだから恥ずかしくないもん!」とでもいうべき本になっています。
 すなわち、足技メインの格闘技「カポエイラ」で戦うお嬢様がヒロインなわけで。逆立ちして回転する様から「トルネード」、「純白の天使」と畏怖されています。
 カポエイラ

 挿絵の8割に、白かったり縞々だったりする物が描かれています。
 伊吹氏らしい薀蓄豊富な文体での、格闘戦も面白いですよ。

 創立!?三つ星生徒会2
 女神様と一体化すると、性別が不安定になってしまう弱小生徒会長のラブコメです。合併のせいで生徒会が3つあったり、女神様との一体化のせいで性別を誤解されて三角、四角の複雑な関係になったり混沌としたコメディですが、今回は意外に青春活劇していました。

 MUNEMOSYNE~ムネモシュネの娘たち~2008
 昨年放映されたアニメの小説版です。スタッフの方が描く番外編だけに、良くも悪くもアニメと雰囲気が似ています。
 短編集なので過激で、後味の悪いハードボイルドが幾つも堪能できる反面、どれも短すぎると感じてしまいました。アニメもですが、長編で使えるネタを短編にしてカットしてしまったような印象を受けてしまうんですよね。

 夏のあらし!5
 今回はあらしの子供時代が出てきましたが、予想に違わぬじゃじゃ馬ぶりでした(笑
 また、絵柄が段々と昭和調になってきたような気がします。
EDIT  |  10:43 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。