スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.07/30(Thu)

つい、タイ王国海軍練習艦「メークロン」を

 超甲巡をすすめるつもりが、タイ王国海軍練習艦「メークロン」を進めてしまいました。
 「メークロン」は、1938年に平時は練習艦、戦時は海防艦として使うために、日本で建造されました。二次大戦後も長く使われ、今も記念艦として大切に残されています。…海洋公民館となっていた海防艦をスクラップにした某所との違いに、頭が下がります。

 S&Sの公式HPや、タイに現存する「メークロン」の写真をみて塗装を進めました。
 多分、実際は帝国海軍艦と同じ軍艦色だと思います。ですが、雰囲気重視で、ニュートラルグレーに白を加えた船体色と、PT社のデッキブルーで塗装しました。
 メークロン01
 メークロン02
 メークロン03


 ただ、このメーカーのレジンは異様に硬い上に湯口が太いので、パーツがことごとく破損し、パテで補修しました。この補修で疲れたので、艦橋の窓枠は昔懐かしのシールとなっています。

 ついでに、イタリア王国海軍のナヴィガトリ級駆逐艦の塗装にも着手。…イタリア王国海軍の駆逐艦も、帝国海軍の駆逐艦同様に、1隻毎の差が大きいので、どの艦にするのか迷います。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:59 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/30(Thu)

重巡「シグナム」の船魂入手(figmaシグナム)

 figmaのシグナムが出たので、地元の祖父で入手。最後の一個でした。前回の「フェイト」もですが、なのはのfigmaは人気があるようです。
 来年1月公開の映画や、A'sのPSPのゲーム等、まだまだ目が放せないようです。

 さて、figmaは初めて買うのですが、「シグナム」は武装が豊富に入っていて、色々遊べそうです。
 ただ、パーツの差込が硬めなので、何度も付け替えていると塗装が剥がれそうです。

 せっかくなので、我が守護騎士艦隊の重巡「シグナム」の船魂ぽく撮ってみました。

 弓状態の「ボーゲンフォルム」が一番派手で、写真映えします。
 シグナム01
 シグナム02



 「シュランゲフォルム」でけええ!
 シグナム03
ただ、ワイヤーで繋がっているので何度も曲げると、ぐにゃぐにゃになりそうです。

 
 「レヴァンティン」のオーソドックスな状態。
 シグナム04

 
 自由度が高い分、カッコいいポーズを作るのが逆に難しそうですね。
EDIT  |  22:57 |  フィギュア  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/29(Wed)

超甲巡着手

 ワンフェスで買った、超甲巡を作り始めました。

 モールドは比較的綺麗なのですが艦上がすっきりとしていて、しまらないので対空火器増強の1944仕様にしようと思います。

 今の所、パーツ洗浄し、気泡と舷窓を埋めたところです。
 エバグリのプラ棒で、舷外電路やバルジの補強材を貼った後に、再度舷窓を開けていく予定です。イージス艦みたいだった艦首もパテで整形中です。
 超01
 超02
 超03


 悩み所は、艦橋周りですね。機銃や探照灯指揮装置の配置とか。ジャンクの「霧島」や「鳥海」の艦上構造物を上手く流用したいものです。とりあえず、似た艦橋の「大和」を参考にした方がいいのでしょうかねえ?

 仮称艦名は「黒姫」。ソロモン夜戦あたりから実戦に参加し、米軍から重巡キラーの「ブラック・プリンセス」と畏怖された…とか妄想しています
EDIT  |  16:53 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.07/26(Sun)

ワンフェスの戦果~超甲巡など

 今回の戦果です。
 戦果
 戦果2

 フラグシップ製 征途の「やまと」最終時
 ミラージュ・オーシャン製 巡洋戦艦「天城」
 ミラージュ・オーシャン製 超甲巡
 レジアマリーナ製 伊王国軽巡「ジュッゼペ・ガリバルディ」
 レジアマリーナ製 伊王国駆逐艦ナヴィガトリ級
 S&S製 タイ王国海軍練習艦「メークロン」

 「やまと」は歪みがあるし、「天城」は艦上構造物の考証が大変なので超甲巡からはじめようかな?
 戦果3

 
EDIT  |  20:31 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/26(Sun)

ワンフェス行って来ました。

 本日は、マイミクの蒼月さんと共同戦線を張って、ワンフェスに行って来ました。
 
 ワンフェスは初参加だったのですが、コミケとの差を感じました。今回から会場が幕張という事もあるのでしょうが、誘導や待機列の作り方が下手ですね。
 待機列に着くまで、延々と回り道をさせられました。

 開場してからは、真っ先に艦船レジンキットの購入を開始。コミケ3日目に使うだけの戦力を開始10分で消耗してしまいました(苦笑

 その後は、写真撮影したり、蒼月さんと戦果確認したりして、割とまったりと過ごしていました。

 艦船系では、ピットの新作の「サウスダコタ」や1/350の陸軍車両の展示が目を引きました。
 サウスダコタ
 陸軍兵器

 あとは、タカラの情景セットが欲しくなりました。
 タカラ情景 
 タカラ全景

 
 フィギュアは一個も買いませんでしたが、色々見て回りました。
 展示してあった、ぼーめさんの鬼娘やラムがイイ感じでした。
 ボーメ鬼娘
 ボーメラム

 
 アルターのブースも行きましたが、やっぱり出来がいいですねえ。
 アルター1
 アルター2
 アルター3
 アルターナリカ

 
 あと、四万十川の河童展の規模が大きくてビックリ。
 河童2
 河童1

 
 使用した金額を考慮しなければ、良いイベントでした。

EDIT  |  20:30 |  フィギュア  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/19(Sun)

カタログ×2、新刊ラッシュ

 今週は、ワンフェスとコミケのカタログに、好きな作家さんの新刊ラッシュで財政がピンチです。
 ワンフェスカタログ


 ワンフェスは来週の予定も絡みますが、レジンキットの艦船を入手したいので頑張りたいところです。
 コミケは、3日目は確定として、1、2日も欲しい同人誌、同人ゲームが少数あるので悩みどころです。

 
 「女皇の帝国外伝 機動内親王澪子様の冒険2」
 前巻が一本の映画のような疾走感のある話だったので楽しみです。
 まだ序盤を読んでいるのですが、白旗に使われた物に吹きました。

 「アイゼンフリューゲル」  ニトロの精鋭、虚淵 玄と中央東口の組み合わせとあらば買わない訳にはいきません。
 どうやら、渋い空戦物の要素もありそうで楽しみです。

 「ケモノガリ」  「あやかしびと」等のシナリオライターの東出祐一郎氏の新作です。
 人間狩りという異常な状況に放り込まれた、高校生の集団。その中の平凡な少年が目覚めた才能とは、「殺人」だった。
 大藪春彦の初期作品のようなノリを期待しています。

 他にも、「人形宮廷楽団」を何故か2巻から購入。

 また、さっき某黄色い潜水艦に作品を置いてきた帰りに「鋼鉄のアナバシス」入手。架空戦記コーナーにありました。
EDIT  |  12:57 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.07/16(Thu)

誕生日&EVA破二回目

 今日で26歳になったようです。
 エヴァのTV版を見ていた頃は、シンジやアスカと同じ中学生だったのに、気が付けばミサトさんや加持さん世代に近づいている…。

 それでも、今いる世界では技量未熟な新人時代がまだまだ続きそうなわけで。
 強く生きなきゃね。

 昨日は高校の同期と一緒に、EVA破を見てきました。二回目となると、細部を見れたりBGMをきちんと聞く余裕があっていいですねえ。あと、誰かと見ると感想を語り合えますし。
 ちなみに、妹も友人と今日見てきたので、家に帰ってからもEVA談話です。

 あと、帰りに久しぶりに横山先生の「八八艦隊物語」の最終巻を読んでいたのですが、「破」を見たばかりだと擬人化されのつつあるリアルに脳内に映像が出てきます。
 特に、フィリピン沖海戦で「武蔵」が殿となって、米英連合艦隊に立ちふさがるシーン。
 「武蔵」が
 「『大和』がこれ以上、戦わなくてすむなら…」
 と、無数に被弾しながら戦ったり。

 沖縄特攻で、「大和」が
 「裏コード! ザ・ビースト!」
 の叫びと共に最後の咆哮をあげ、米戦艦を撃沈したり。

 ふと思ったのですが、架空戦記では主役になりがちな「大和」級戦艦ですが、倒す側の主点に徹底して立つと、逆に「大和」級の強さが映えそうな。怪獣映画みたいなノリで。
EDIT  |  22:12 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.07/15(Wed)

チェンジH

 少年画報社から、TSアンソロ「チェンジH」が出ました。
 チェンジ

 TS物で、アンソロージーが出るとは…。
 百合や萌え系ミリタリーと同じ位に、ニッチなジャンルだと思うのですが。作家陣も豪華だし、続巻も出す気満々です。
 内容は、好きな人にはオススメの物が8割位かな?個人的には、表紙の甘詰留太の漫画が面白かったです。
 男→女のパターンばかりなのが、ちと残念ですが。
 あ、ちなみに年齢制限が無いのが不思議な気がしました(笑
EDIT  |  08:30 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/12(Sun)

津軽、神風

 実は、先週「痕」の再リニューアル版を買ってたり(汗
 「痕」は伝奇系PCゲームのはしりとして、思い出深い作品なので、つい。また、萌え系ミリタリーの元祖たる隆山世界とも関係が深いので思いいれは大きいです。
 ただ、千鶴さんの声が「うたわれるもの」のあの人と同じせいで、フェークを持っている姿を連想してしまいます。
 「あなたを殺します」の台詞は似合いすぎですね。

 さて、模型の方は中古で格安購入した「神風」と、新製品の「津軽」を平行して進めています。
 津軽1
 津軽2


 敷設艦「津軽」は、1944年仕様で外舷電路と汚水管の追加以外はストレート組みになりそうです。

 「神風」は、大戦最末期仕様。発射管を全部降ろし、爆雷兵装を強化した状態です。対空兵装は25ミリ連装3基、電探は逆探位しか装備してないようですなあ。
 こんな心許ない装備で、仏印での護衛任務をしていたのですから、凄いものです。

 
EDIT  |  21:34 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/12(Sun)

祝!1万ヒット達成

 おかげさまで、表のHPもブログも1万ヒット達成しました。
 表のHPのカウンターは、7000位行った時に、誤ってリセットしてしまったので、実際は1万7000ヒット位でしょうか。
 HPを開設してから1年半。実生活の方では色々ありましたが、HPの方では良いことばかりでした。交流の始まった方もいますし。

 ご覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。
EDIT  |  21:31 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/12(Sun)

ぶらこん!、百花繚乱2

 最近は、同人格ゲーの「ヴァンガードプリンセス」のためだけにPCでPS2のコントローラーをし使用できるようにしました。
 いや、それだけ面白いのですよ。元々、格ゲーは強くないのでEASYモードでやっていますが、技が出やすいので、それなりに戦えています。
 ゆい、はるか、サキをクリア。次は個人的に「ズドン巫女」と命名したあやねを使うつもりです。

 さて、今週買った本の感想です。
 ぶらこん!


 ぶらこん!?
 一話読みきり形式の近親漫画です。個性的な姉や妹が攻めまくる話や、普通に恋愛している話までバラエテイ豊かです。
 個人的には、
 ヤンデレな姉の話と、
 ぶらこん2
 女装癖のある弟に悩む姉の話が好きです。
 ぶらこん3


 百花繚乱2  すずきあきら氏とNiθ氏がダッグを組んだアクション小説。今回から、直江兼継が美少女化したキャラが加わっています。天然系でイイ味を出しています。

 あと、後書きでの伊吹秀明氏との「大艦巨乳主義」談話に吹きました
EDIT  |  10:06 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/07(Tue)

7月開始のアニメ

 アニメは30分程度しか時間を割かないので、疲れていても楽しめますね。
 というわけで、7月開始のアニメの感想を幾つか。

 CANNAN
 クオリティ的には、今期イチオシかと。
 タイプムーンの主砲たる奈須きのこと竹内箒が絡んだ作品ですが、難解な魔術などは出てきません。とはいえ、初回ではストーリーはよく分かりません。
 とりあえず、ボーイシュな少女のカナンという殺し屋がメインで仄かな百合臭のする作品です。

 うみねこのなく頃に
 キャラが皆、原作よりもスマートで若々しくなっていました(笑
 原作の雰囲気は良く再現していると思いますが、ミステリー風味という性質上、何話かまとめて見た方が話が分かりやすいかと。

 かなめも
 今期で一番百合度が強い作品だと思います。ただ、独特なキャラデザが受け入れられるかが鍵ですね。

 青い花
 鎌倉の雰囲気を良く再現した、百合作品です。ゆるゆるとしながらも、しっかりと恋愛感情が描かれた良作かと。

 ファイト一発!充電ちゃん
 とてもよいお色気アニメですね。

 化物語
 まだ途中までしか見ていませんが、製作会社のシャフトのクセが強すぎる気がします。

 あとは、「宙のまにまに」なんかに期待しています。
 
EDIT  |  23:17 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/05(Sun)

フリー少女格闘ゲーム、ヴァンガードプリンセス

 今日は、高校の同級生の新居に集まったわけですが。
 そこで、「ヴァンガードプリンセス」(http://suge9.blog58.fc2.com/)という同人格闘ゲームをプレイしまいた。
 とても、一人で作ったとは思えないクオリティですね、コレ。
 キャラデザがいいし、良く動くし。
 何より、キャラクターが全て女性だし。

 ただ欠点として、無料ソフトを利用して作っているのですが、コレが欠陥もあるものでして。ジョイステックの操作が上手くいかない事があるんですね。

 ウチのノートだと、左右の入力を受けつけず…(泣
 キーボードだと動くのですが、慣れてないのでキツイです。
EDIT  |  21:50 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07/01(Wed)

「破」ネタバレ満載版

 エヴァの劇場版「破」を見てきました。
 平日に仕事を休め、かつ予定が何もない貴重な日でしたので。

 何というか衝撃が大きくて収拾がつかない文章ですが、逆に今しか書けないと思うので。

 序盤から、くねくね動く仮設五号機と「幸せは歩いてこない♪」と歌いながら操縦するノリノリのマリに引き込まれました。
 新キャラのマリは、実に生き生きとエヴァを操縦していますね。
 「痛いだろうけど、私も痛いから頑張って」とかエヴァをある程度いたわる言動も印象的でした。

 アスカはTV版にあった、病的な所が鳴りを潜め、孤独な14歳の少女になった気がします。中盤のシンジ、アスカ、レイの三角関係にもつれこんだ時の「お弁当合戦」とか、寂しさを自覚してシンジのベッドに潜り込んだりとか、実に可愛くなってます。あと縞パンだし、次回予告で眼帯付けてたし、「どくそせん」のバウアー中尉かと思いました。

 レイはTV版で自爆攻撃の後に「3人目」になるなど、割と不遇だったのが改善されていました。シンジの弁当をもらって、お礼にゲンドウとシンジを「食事会」に招いて、若いさせようと頑張ったり。
 アスカはシンジに「エヴァ」に乗らない幸せもあると説き、そのために自分は犠牲になる覚悟だったり。
 特に、終盤で、シンジが棄てたウオークマンをコクピットに持ち込んでの自爆攻撃は泣けます。

 それで終わるかと思いけば、マリに戦いの現実を見せられて覚悟を決めたシンジが救いの手を差し伸べるくだりで、涙腺に来てしまいました。「つばさをください」の有名な歌の演出が、秀逸。

 次回作の「Q」がいつ公開か不明ですが、それまで再度劇場に行ったり、DVDを買ったりしそうです。

 あらすじを知りたい方や、復習したい方向けの動画です。↓
 
EDIT  |  14:18 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.07/01(Wed)

「破」ネタバレ無し版、軍ネタ

 今日は予定も無く、休みだったのでエヴァ劇場版「破」を見てきました。
 平日の朝イチ、開演1時間前なのに並んでいる人がいるのは、さすがですね。おまけに施設のシャッターが開くと同時に、ダッシュする人と競歩する人が。コミケでの開幕競歩で訓練されたかの差ですかね(笑

 内容自体は、出てきた兵器の識別する暇の無いほど濃密で面白いものでした。吹っ飛ばされたイージス艦がアーレイ・バーク級かこうごう級かも分からない位に。

 あと、新キャラのマリは不沈空母「イラストリアス」の名を冠しただけはあります。ええ、幾度も被弾しながらも生き残った「イラストリアス」を彷彿とさせる活躍でした。

 また、
 「ヤツは音速を超えてきたのか!」
 という音速雷撃隊ネタのツッコミを劇場で思わず、言いそうになりました。
EDIT  |  14:18 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。