スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.10/31(Sat)

ドイツの重巡洋艦は世界イチィィ!

 もちろん、カッコよさが世界イチという意味です。実力の方は、まあ察してください。
 今週、ア○ゾンの中古で発注した本が、今日続々と届きました。北は北海道、南は長崎の古書店から。便利な時代です。
 巡洋艦


 「世界の重巡洋艦パーフェクトガイド」 
 ここ二年ばかり架空艦も含めて欧州艦をよく作っているので、資料として購入。自称敵国艦船研究家の大塚好古氏が書いているだけあって、資料としては一級ですね。
 主砲、対空火器の各国ごとのデータとか参考になります。
 イタリアの「ザラ」級重巡洋艦が、戦艦の補完的役割を期待されて重装甲化したとか。
 日本の重巡洋艦は装甲は厚いが、機関室とかの隔壁があったせいで浸水時にバランスが崩れやすかったとか。
 目からうろこの話も多いです。

 残りは全て、ここのところ活発に接触しているツンドラッヘさんのオススメで購入したダグラス・リーマン作品です。というか、これらの作品が絶版なので、ア○ゾンを使いました。
 

 「奇跡の巡洋艦
 艦船画家として名高い野上隼夫氏の表紙の、アドミラル・ヒッパー級の表紙からして燃えます。
 内容は、「ブルッヒャー」の次に建造された重巡洋艦「プリンツ・ルイトポルト」。その幸運ぶりは、1944年になっても衰えず伝説の艦となっていた。そして、今謎の積み荷と共に英海軍が制海権を握る大西洋へ出撃する…。
 という話です。まだ序盤ですが、なかなか読ませる話でテンションがあがります。
 読むときには、手元にタミヤの「プリンツ・オイゲン」とZ級。登場する艦の模型を眺めながら読む読書は、一番楽しいです。

 「落日の香港
 まだ未読ですが、太平洋戦争開始直後の香港からのイギリス旧式駆逐艦の脱出劇です。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:03 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/31(Sat)

(一部で)待望されていた時代の最先端

 ここのところ風邪で肉体的にはダウンしていたのですが、趣味関係では逆にテンションアップしています。
 まずは、ようやく発売された漫画の感想を。両方とも、ある意味流行の最先端のはず。
 砂漠の獅子

 砂漠の獅子 先日逝去された中里先生が原作を手掛けた漫画です。
 ドイツ軍の軍馬として、様々な派生型が存在したⅣ号戦車。初期の短砲身から、駆逐戦車や自走対空砲、弾薬運搬車、はては魔砲少女(?)まで。
 そのⅣ号戦車を現地で、状況に合わせて改造したら…という話です。1話の88㎜砲搭載型なんかは、まあ誰しも思いつくでしょうが。20㎜×4+40㎜×2で、三次元的な弾幕を張る対空戦車とか、意表を突かれます。
 ハーフ戦車
さらには、ハーフトラックにⅣ号の砲塔を乗っけたりします。…こういう改造、小学生の頃に模型でやりませんでしたか?そう、この作品はそんな感覚を思い出せてくれる作品です。

 シレーナ
 あと、イタリア軍の女性砲兵将校がお気に入り。イタリア軍の女性兵は史実で存在していないせいか、フィクションの世界でも見かけないんですよね。


 ゆびさきミルクティー8.9
 連載が長期中断していたのですが、再開と共に単行本が出ました。
 倒錯したキャラばかりなのですに、少女漫画のような繊細なタッチのせいで読ませる漫画です。でも、主人公の壊れぶりは、並みいる他作品の女装キャラより抜きんでている気がします。
EDIT  |  23:01 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/28(Wed)

六畳一間の猫の恩返し

 「彼と彼女と彼女の忠義」というタイトルのフリーのノベルゲームです。(http://noncolor.com/flame.html)

 猫が少女になって恩返しにくるという、ありがちなテーマですが、会話劇が絶妙で面白いです。声と絵が可愛いのもポイントが高いです。
 恩返しにきてるのに、猫らしくクールだったりシュールなのがよいです。ラストが、ありきたりではありませんし。

 30分位で終わるので、夕飯後の一時にでもどうぞ。
EDIT  |  22:48 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/25(Sun)

船団を守りMSを撃破する…戦艦の真髄

 先週買った漫画は二冊なのですが、そのうちの「機動戦士ガンダム バニシングマシン3」に戦艦の真髄を見ました。
 バニシングマシン

  登場シーンで、三式弾のような散弾?でゴックを薙ぎ払うは。
 バニシングマシン02
 輸送船団を襲う、ゴックと潜水母艦の群れに割って入り魚雷を船体で受け止めるは。
 さらに、船団を逃がすために単艦でゴックの群れと対峙して大破。
 最後は、船団護衛を全うし引き返してきたイージス艦の曳航で帰還。
 バニシングマシン03
 
 戦艦とは、こういうものですよね。強大な防御力と火力で、敵の猛攻から味方を守る。本来の用兵思想と違っても、こういう姿は好きです。

 この影響を受けて、征途版「やまと」の製作がすすむか…というと、そうでもなく。なんか塗装がダルいような。
 やまと

 今まで試していなかったエナメルウオッシングをしようか、と思っています。
 とりあえず、旧作の「プリンツ・オイゲン」で試してみました。
 オイゲン

 

 「ジュゼッペ・ガリバルディ」の方は、真鍮線による砲身再生とエッチングパーツの取り付けをしています。
 ガリバ01

EDIT  |  21:50 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.10/24(Sat)

今期アニメ雑感

 今期のアニメを色々流し見していますが、ネタアニメが多いですなあ。
 「そらのおとしもの」の超音速パンツ。
 「キディ・ガーランド」のムスカ大行進、やらないかetc。
 「生徒会の一存」のストライク・ウイッチーズ。

 一方で、次週が気になる熱い展開の物が少ないような。
 「聖剣の刀鍛冶」は4話で化けてきましたね、ヒロインのセシルが原作通りの「なのはさんとタメはれる」ような性格になってきました。
 4話後半の、躊躇なき土手座からの展開が熱い。
 騎士として、守るためには殺す覚悟を固め。
 魔剣アリアと、戦友宣言。
 うん、ワクワクしてきました。

 また、今は映画版が面白かったので「エウレカ」、特別編が面白かったので「まほろまてぃく」を見始めました。両方とも放映時にほとんど見ていなかったんですよ。
EDIT  |  20:44 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/23(Fri)

とある技研の重巡目録

 明日が仕事で、今日は休みです。なので、色々進めることに。
 今日、10月23日は、レイテ沖海戦のパラワン水道での悲劇から65年です。というわけでありませんが、表のHPに「鳥海」を追加したので、手持ちの重巡を集めてみました。

 重巡目録1
 重巡目録2

 最初は巡洋艦全てにするつもりでしたが、意外と数があるので重巡に限定しました。軽巡の方は、「ジュゼッペ・ガリバルディ」完成時にやろうかと。
 こうして見ると日本艦の重武装ぶりと、予備浮力の少なさが見えてきます。

 さて、せっかくなので表に掲載する予定の無い艦の紹介を。
 重巡「羽黒」
 羽黒01
 羽黒02
 これは、今は無い某模型店で制作代行してもらったハセガワの新キットです。相応の値段がしましたが、デティールアップの一つの目安になります。
 すなわち、手すりをはじめとするエッチングパーツの非使用でも、一部マストの真鍮化などで十分映える。舷窓閉鎖は丸いプラ板を使わずに単純に閉鎖。防水布などのホワイトを使う場所は、適度に色調を落とすことで自然な感じになる。応急舵はあった方がいい、等々。
 羽黒04
 私の不注意で砲塔上のアンテナが無くなっていたりしますが、威容は衰えていません。

 青葉
 タミヤ「プリンツ・オイゲン」、ハセガワ旧「青葉」
 「プリンツ・オイゲン」は7年前のWL出戻り第一作。「青葉」は中学の時の建艦期の最後の1隻です。
 どちらも、今だと手の加えどころがあるので作りなおしてあげたいところです。

 
EDIT  |  14:42 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(10) | Top↑

2009.10/21(Wed)

ミリクラ27~イタリア空軍のP38、ドイツ版空母天城

 ミリクラの新刊を読みました。
 分かりやすくて、少々暴走しているドイツ駆逐戦車特集も面白かったのですが。
 それ以上に、イタリアに捕獲されたP38の話が面白すぎました。
 ある日、編隊から落伍したB17に、後方から近づく機体が。敵機かと思いけば、P38。しかも英語で「援護する」というので安心したら、いきなり銃撃されて墜落。
 唯一助かったクルーが知ったのは、イタリアの基地に不時着したP38があるとのこと。しかも、ムッソリーニーが許可して国際法違反の偽装行動しているとか。
 怒り心頭のクルーは、ガンシップ型のB17で出撃。落伍した機体を装って、ニセP38をあの手この手で誘い出して撃墜して、パイロットを見事捕虜に。

 …新谷かおる先生の漫画ではなく、実話とは驚きです。

 あと、個人的に一番好きな戦闘の多号作戦の記事なんかも面白かったです。いや、好きとか単純に言ってはいけない凄惨な輸送作戦なんですが。

 また、巻末で紹介されていた「傭兵空母 天城」を面白そうなので購入。空母天城(元巡戦のアレです)が、ドイツに渡り改装されて…という話です。少女航空誘導員のワリキューレ達がいたり、色々面白いですが、ノリで書いているような。
 ただ、ハセガワの「赤城」をドイツ仕様に改造するのは面白そうです。数年内にリニューアルされて旧作になるはずなので、架空艦のベースにちょうどいい気がするんですよね。
 …いっそ某アニメTV版の帰国子女にあやかって、「蒼龍」をドイツ仕様にするのもありでしょうか?
EDIT  |  20:56 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/19(Mon)

ブラック・ラグーン9

 3巻半に渡るラブレス編の最終巻。やや長すぎると思っていたのですが、この巻で化けました。ロックが、佐藤大輔作品の新城大尉やら真田少将とタイマン張れるくらい黒くなるは。ファビオラが単なるチビメイドじゃなくなるは。最後は、若様がすべて持っていくは。
 ブラグラ
 ブラグラ3


 あと、祖国に見捨てられたソ連空挺軍部隊のバラライカさんの慟哭が、胸にきますね。

 と、ここまで良い事を書きましたが銃火器マニア、というより45口径マニアの私にとって疑問点が。
 45口径というのは、単なる銃の口径のサイズではなく、コルト・ガバメントシリーズの事を指すします、とかいうほど病気の私にとって、作中でいくつかのシーンでハンマーが落ちた状態で45口径を構えているのが気になるんですよね。この状態だと、絶対に弾は出ません。作品の考証には、専門家の床井雅美氏がいるので初歩的なミスはするとは思えないのですが…。
 ブラグラ2


 あ、写真の45口径は、気が付いたら10年も愛銃になっているWA社のコルト・ミリタリーモデルというエアソフトガンです。

EDIT  |  21:05 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.10/17(Sat)

乙嫁語り…乙女で嫁なんですね

 今週は、「乙嫁語り」に撃沈されてました。
 乙嫁

 狩猟が得意で、年上で、でも乙女のお嫁さん。属性を混ぜすぎなのに、破綻するどころか悶えるほど魅力的です。
 また、衣装の描き込みも素晴らしいし、相変わらず「生活」を描くのも上手い。文句無しにオススメです。

 「ノブレス・オブリージュ ~茅森楠葉の覚悟~」も、マリ見てに剣劇を混ぜたような内容で面白かったです。
EDIT  |  23:16 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/17(Sat)

近況報告、「やまと」再開

 来年度以降は、去年までいたところで埼玉都民に戻ることが決定しました。ここのところ、休日を使って活動していたので嬉しいかぎりです。
 なので、テンションがあがり伊軽巡「ジュゼッペ・ガリバルディ」と同時に「やまと」(征途版)も再開しました。
 やまと
 再開、といより開き直りですね。元の「征途」にでてくる「やまと」からしてあちこち無理があるのに、キットも粗が多いわけで。まともにリアリティを考えて作ろうとすると、一から作るのと大差なくなります。なので、初期のアオシマのキットを仕上げる感じで、艤装品をシャープにする程度にとどめる事にしました。
 

 といっても、段差が多すぎる環境は、パテで修正。
 今回から投入のタミヤのポリパテを、黄色い潜水艦での模型展の参加賞の台紙で練ってみました。
 パテ
  …コレ、もう少し小さくていっぱい入っている方がいいような。


 「ジュゼッペ・ガリバルディ」の方は、カタパルトなんかのエッチングに着手。何気にカタパルトにエッチングを組み立てるのは初めてですが、トラス構造はエッチングの方が雰囲気あると実感。
 ただし、取り付け位置が説明書だとよく分からないので、写真みて考え中。
 ジュゼッペ
 ジュゼペ02


 
EDIT  |  22:42 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.10/14(Wed)

「蒼海のヴァルキュリア」体験版公開

 潜水艦ADVの新作、「蒼海のヴァルキュリア」の体験版が公開されました。
 「蒼海のヴァルキュリア」応援中!
 若干の不具合があるようですが、こんなに早く体験版が公開されるとは嬉しい限りです。今日は「ラブプラス」はあいさつ程度にして、こちらをやろうかと。いやあ、楽しみです。

追記)
んで、早速プレイして、特別編のガチぶりに吹きました。「萌える潜水艦学校」というか、戦時中のプロパガンダ映画の萌え版というか。
EDIT  |  19:52 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/12(Mon)

豪駆逐艦「ヴァンパイア」完成

 「ラブプラス」にて凛子が彼女になって、ニヤニヤが止まりません。評判通りの破壊力ですな。
 凛子01
 とはいえ、ゲームばかりなのは不健全(?)なので模型も進めました。

 オーストラリア連邦海軍駆逐艦「ヴァンパイア」は、対空兵装とデカールを付けて完成させました。
 ヴァンパイア01
 ヴァンパイア02

 付属のデカールはすぐに剥がれてしまったので、O級のものを流用。その際に、艦番号を資料に基づきDからIに変更。
 兵装は地中海での写真や、同級艦から推察して、後部発射管を撤去して銃座を追加。20ミリ単装2基が並んでいたようですが、スペースの関係で1基のみ搭載。あとは、高角砲、探照灯の移設にポムポム砲の追加です。

 こうして見ると、旧式化により駆逐艦というより、護衛艦に任務をシフトさせていたのが分かります。しかし、趨勢に合わせて強化された対空兵装も圧倒的な日本海軍航空隊の前には無力だったのが、大戦後半の日本海軍の旧式駆逐艦の最後と重なってしまいます。
 ちなみに、「ヴァンパイア」という事で、今回は吸血姫美夕をBGM代わりに流しながら制作してました。別に「ヴァンパイア」つながりなら、怪物王女でも、とある魔術の禁書目録でも、月姫でもよかったのですが、気分です。


 あと、伊軽巡「ジュゼッペ・ガリバルディ」も少し進行。
 ジュゼッペ001

 対空標識塗装前に、艦首甲板のモールドは削り取っているので、その回復です。錨鎖なんかは厚塗りの塗料でモールドが埋まるし、マスキングの際に邪魔になるので、イタリア艦を作る際に、私には必須です。錨鎖は、極細のチェーンを使用して、オーバースケールながらも雰囲気を出しています。
 艦上構造物の塗装も、下から順に進行中。
 「完成品は歩いてこない♪ だから、歩いて行くんだね♪」を地で行く状況です。
EDIT  |  23:37 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.10/11(Sun)

少女版エリア88in二次大戦

 ドラゴンエイジを久方ぶりに購入しました。いつのまにかに12.7ミリ弾すら防げそうな位に厚くなっていたので、自宅近くで購入。
 目当ては、松田未来氏の新作「天空少女騎士団」。
 作者自らが、萌え版エリア88と言ってるように、少女達が操る多様な機体がスイス近辺の架空国家で活躍する漫画です。
 天空少女騎士団2


 小国ゆえに、男性は傭兵や出稼ぎ。ゆえに、昔から女性が戦乙女とかして国を守ってきたのです。かつては騎馬に乗っていたのが、1930年代だと戦闘機に、という塩梅。実に燃えます。


 ですが、これまでも研3改のようなマイナー機を主役にすえた氏です。今回も、主役メカは川崎キ28。九七戦との競作に破れた液冷機です。入浴中の姫様が乗り込んでいる機体ですが、こうして見ると意外にスマート。
 天空少女騎士団1
 

 他にも、フォッカーDⅩⅩⅠ、グラジエーター、F3F、フィアットCR32、ポリカトフI16、モランソルニエMS406。
 天空少女騎士団3

 プラモで存在が疑わしいマイナー機体が勢ぞろい。イラスト見ただけで、機種判別できるのは相当な猛者でしょう。

 ですが、各機体に個性的な少女達が乗り込み、個性的なカラーリングで判別は容易。というか、カラーリングに野上武志氏、島田フミカネ氏、速水螺旋人氏、EXCEL氏、といった萌えミリ界の錚々たるメンツが。
 萌えミリ界は担い手が少ない分、連携が高くて良作が出やすい環境なんでしょうな。
 
EDIT  |  22:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2009.10/11(Sun)

彼女と帰ってきました

 先週は色々忙しくて、模型も新アニメ見る暇もありませんでした。
 ですが、今日で半分位方がついた形です。なので、今日の帰りに秋葉原で買い物して帰りました。
 …休日の秋葉原は、本当に人が多くて疲れますね。ティーゲルシャンツェ、もとい某とらも配置が変わって何があるか分からず苦労したり。まあ、とらは大宮に出来るので、そちらに期待ですかね。

 さて、そんなわけで今日は彼女と家に帰りました。
 
 もちろん、リアルなわけは無く、DSの「ラブプラス」を偶然見つけて買っただけなのですが。
 ラブプラス

 世間での評判が高いので気になっていたのです。開始したばかりなので、まだ「ときメモ」みたいなパラメータあげに従事しています。さて、どこから覚醒するのかな?
EDIT  |  22:15 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/03(Sat)

ナポリ沖観艦式1938~イタリア海軍蕩れ

  ヒトラーを迎えての1938年のナポリ沖観艦式の記録映像です。  
 

 最近、わりとエンドレスで見てます。
 見せ方が上手いのと、イタリア艦のスマートさのせいで見蕩れてしまいます。我らが帝国海軍の観艦式は、映像の不鮮明さもですが、小さくしか映っていない場合が多いので映画映えがいまいちだと思うのです。
 至近距離から、駆逐艦・水雷艇が見れたり、潜水艦が一斉に浮上する後半は圧巻です。

 …今年の私は、本当にイタリア海軍萌え、もとい「化物語」風にいえばイタリア海軍蕩れが深くなってます。
EDIT  |  23:30 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10/03(Sat)

百合尽くし

 ここのところ読んだ本、漫画です。

 アンシーズ

 アンシーズ―刀侠戦姫血風録
 新人さんの作品ですが、「やられた」という感じです。熱いし、設定も凝ってるし、キャラもイイ。
 説明しにくいのですが、「男」を武器に変えて変身して戦う話です。つまり、女性化して戦い、負けると「男」が消える…すなわち女性になってしまうのです。なので、舞台は男子校なのに百合風味になるは。
 アンシーズ2

 初っ端で負けた三下ぽいキャラが、魅力的な侠気(と狂気)あふれるヒロインになるは。
 最近始まったアニメの「けんぷファー」を一話で切った人にこそ読んで欲しいです。

 双心のサヤ
 メイドさんがの中身が、戦闘力の高い姫と入れ替わるというキャッチフレーズのみで購入。…戦闘力の高いメイドさんが好きなんです、はい。

 ささめきごと5

 ささめきこと5
 今期期待の百合アニメの原作です。アニメは、「ROD」や「かんなぎ」の倉田氏が脚本なので期待しています。 
 漫画の方は、恋愛物のお約束ともいえるすれ違いのせいで、最近は鬱展開のような。

 384,403㎞
 えちい展開もありのティアラ文庫に、玄鉄絢が挿絵の百合小説が出たとうことで購入。少々だめなヒロインとか、女たらしな先輩とか、玄鉄絢氏の「少女セクト」に近い話で、玄鉄絢好きな人にオススメです。
 
EDIT  |  23:26 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.10/01(Thu)

ロケットの夏から雷電の夏へ

 さる方面筋で存在を知り、久しぶりにテックジャイアンを買いました。…最後に買ったのは、fate誌応援本がついた時だから何年ぶりでしょうか。

 で、目当てはテックジャイアン誌で1月号から始まるデジタルコンテンツの「STARDUST SQUADRON」。
 夏

 SFノベルゲームの名作「ロケットの夏」のライターの方が参加されるだけでも嬉しいのに、設定が私好みすぎます。
 日本列島北方の航空基地に現れた異星人少女によるボーイミーツガール。新米パイロットの主人公の乗機は雷電。
 有名な零戦や震電などではなく、戦記モノでもメインを張る事が少ない雷電ですよ。私が知る限り、スト魔女の同人誌や滝沢聖峰氏の漫画位でしか、メインになった所は見た事がありません。
 
 ですが、よく考えたらコクピットが広いのでヒロインと一緒に乗れるのか…。とか。
 「ロケットの夏」でB29から宇宙船を発進させたから、今回は連山からロケットを発進(無論、桜花の技術転用で)して、異星人ヒロインを宙に返すのかなあ?…とか。
 いや、むしろ異星人ヒロインのアドバイスで秋水が進化するのか…とか。

 たった一ページの予告から妄想が止まりません。とりあえず、掲載されるテックジャアイアン誌は全て購入決定です。
EDIT  |  21:25 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。