スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.12/31(Thu)

2009年度配備艦

 今年を振り返ると激動の年でした。
 生活環境の目まぐるしい変化もありましたし、趣味の方でも色々。
 模型が好きな作家さんの本に載るは、レジンキットに大量に手を出すは、コミケ以外のイベントに色々顔を出すは。

 今年製作した艦船を並べてみたのですが、
 出雲09配備艦FC
戦艦5隻、二等戦艦1隻、超甲巡1隻、重巡1隻、軽巡2隻、敷設艦1隻、駆逐艦5隻、護衛水雷艇1隻、スループ1隻の計18隻。他に魚雷艇6隻。
 あれ?おかしいなあ、模型ばかり作っていた覚えはないのですが。駆逐艦のような小艦艇をメインに製作するのが従来だったのに、今年は戦艦を5隻も作っていたのか。

 さて、来年はどうなるのでしょうかね。今建造中の「やまと」「サウスダコタ」「あまぎり」は早期に完成させたいところですが。
 サウス

スポンサーサイト
EDIT  |  22:00 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12/31(Thu)

蛇の目の国のモニター

 さて、30日は大掃除の合間に所用で出かけまして。
 その際に、軽く強行軍で寄り道しました。

 模型店の某翼に寄ったのですが。店に入ったら、店長が電話中。
 「今日は、もう閉めようかと思っているから。あ、お客さんがきた」
 …あのう、外はまだ明るいのですが(汗

 さておき、橘丸かりおでじゃねいろ丸でも買おうかと物色していたら、「ナニコレ珍百艦」とでもいうべき妙な物を発見。
 ペットショップの「英海軍モニター アバークロンビー級」です。
 アバークロンビー
 1915年竣工のイギリスのモニターです。36センチ砲という、かなりの巨砲を搭載しています。説明書を見ると、一隻はWW1中に独装甲巡洋艦と撃ち合って沈んでいるようです。

 で、何が変かというと巨大すぎるバルジ。最初は「随分とバリが大きいキットだなあ」と思いましたよ。

 モールド自体は繊細で真鍮砲身付属だし、まず入手不可能な品。しかもここは全品半額。つい買ってしまいました。
 
 この艦というより、WW1の英国艦自体の知識が無いのですが、組み立て自体は難しくなさそうなので休み中に作ろうかな?
 …それにしても、今年はマイナー艦ばかり縁があるものです。
EDIT  |  00:10 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(9) | Top↑

2009.12/30(Wed)

陸軍航空士官学校 発動機教本

 さて、昨日は仕事+忘年会で死にかけ。
 今日は、朝から大掃除です。逝去した祖父の遺品整理なのですが、大量の蔵書は父の号令一下、処分となりました。
 空自時代は、仕事上、色々読んでいて勉強していたようで頭が下がります。また、補給関係の仕事についていた時期の、自分でまとめた資料なんかもまめなんですよね。FXとしてF15が検討されていた時期なので、F86からF4の調達数とか目をひきました。

 で、さすがにしのびないので一冊もらいうけました。
 陸軍航空士官学校の教科書のうち、厚みのあった発動機の教本です。
 陸1

 当然のことながら、専門用語が多くて難解なのですが興味深い記述が多いです。
 昭和18年の発行なのですが、キ84、「疾風」に関する記述がすでにあります。
 陸2
 当然なのかもしれませんが、教育機関では軍に配備予定の最新機材の教育が、迅速に行われるのですね。

 あとは、「飛燕」の配備が進んでいたせいか、DB501エンジンや「ボッシュ」噴射装置の記述の力が入ってます。
 陸3


 また、海外のエンジンに関する記述や論説が多いですね。陸軍は頭が固く、外国語を敵性語として全て排除という見方は当てはまらないようです。
 陸4
 ジェットエンジンの説明もあります。

 また、同盟国独伊だけでなく、英、米、仏、スペインのエンジンも詳しく解説されています。開戦後に開発されたエンジンの情報も載っているのはびっくり。
 陸5
 いや、士官搭乗員の教育というのは想像以上にハイレベルだったのですね。それだけに、育成に手間がかかるはずなのに、訓練中の事故死や特攻などの無謀な作戦で使いつぶされると補充がきかないのも頷けます。
EDIT  |  23:12 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12/28(Mon)

サウスダコタ購入

 「金剛」完成に伴い、PT社の「ノース・カロライナ」を引っ張り出してきたのですが。
 …まともに組めないです。
 船底板が、全く合わずはまらないは。船体自体が歪んでいるので、プラ板を船底にしようとしても剥がれるは。そうこういじっていると、先に接着した甲板がはがれるは。
 ノース01
 ノース02
 コレ、プラの収縮の計算を間違えているんじゃ(汗

 そんなわけで、今日の帰りにかっとなってPT社「サウスダコタ」を購入。
 サウスダコタ
 こちらは、まだ組めそうです。
 最近出た「逆撃の巨竜」に出てくる、鹵獲戦艦「尾張」にするか、コンスタントに組むかは決めかねていますが。
EDIT  |  22:23 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.12/27(Sun)

金剛完成

 どうも年末は実家の方でやることが多いようで、コミケ行きも怪しくなってきました。年末年始の休みも短いし、テンションは下がる一方です。12月からストレスがたまる生活なので、どこかで気晴らしがしたいところなのですが。

 さて、そんな中で何故かフジミの「金剛」が完成。いえ、葬儀関連で生活が不規則で眠れない日が続きまして。気晴らしに作ってたら完成してしまったのです。
 金剛003
 途中、自らの塗装のイマイチぶりに凹んでいたりしたのですが、組みがったくるとスタイルの良さに惚れてきました。フジミの旧キットのイメージしか無いせいもあるのでしょうが、艦上構造物の密度感がたまりません。あと、日本戦艦特有の隙間が多いパコダマストのカッコよさを再認識。

 
 金剛001
 金剛002
「一斉射撃用意!目標、米空母」
 という感じで。こういう低アングルからの構図が映えるんですよね。あと、キットの箱絵にもあるような主砲を上下させた一斉射撃は、槍衾のようで実に見ごたえがあるかと。

 金剛クレイオー01
「霧島」を改装した「クレイオー」と。

 金剛黒姫
 
 超甲巡「黒姫」と。
 サイズの似た両艦ですが、こうして見ると、「金剛」は遠距離砲戦を意識した小型の戦艦で、超甲巡は巡洋艦との中~近距離砲戦を意識した特大サイズの巡洋艦だというのが分かります。艦橋の背の高さがまるで違いますから。

 すでにあちこちにレビューがありますが、フジミ「金剛」の出来は革命的ですね。温故知新といいますか、見慣れたはずの「金剛」の魅力を再認識させてくれます。

 同じコンセプトのフジミ「長門」の出荷が始まったようで、そちらも気になってきました。ただ、模型屋に行く暇がない…ORZ。
EDIT  |  00:00 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.12/23(Wed)

今週の読書

 今日、所用で出かけたついでに本を大量に購入していました。
 ランス01


 プリズマ・イリヤ ツヴァイ 
 イリヤが魔法少女になるFATEのスピンオフ第二弾。
 前シリーズは、友人宅でつい一気読みする面白さでした。
 本作も、魔法少女の物の王道を踏まえつつ魔術戦闘しているのが良い所。あと、二期になると前作のライバルが嫁化するのもお約束でツボ。全体的に百合っぽいです。

 逆撃の巨竜
 米戦艦「サウスダコタ」を日本海軍が捕獲・使用する話。
 主砲を長門級の40センチに換装することで、ソロモンで活発に活動してます。
 なかなかカッコイイので、PTの新作かハセガワの「サウスダコタ」を改造しての製作にトライしたいです。


 おまもりひまり6
 通常版が来月発売なので、つい限定版を購入。特典のアニメのプロモを見ると、来月からのTVアニメの出来が不安に…。
 漫画の方は、12家が出来たりして面白くなってきたのですが。

 水平線は何マイル?
 大艦巨乳主義作家の伊吹氏が、尻にこだわった作品です。というのは、半分だけウソです。
 PCゲーム原作の、電気のみを動力とした軽飛行機を飛ばそうとする少年・少女の青春ものです。こういう、皆でロケットや飛行機を飛ばす話は好きなんですよ。

 大逆転!ドーバー大海戦
 昔の架空戦記ですが、中古で激安だったのでつい購入。
 読むのは、小学生の頃以来です。今読むと、欧州の軍事事情を割りときちんと調べているのに気付かされます。
 日本海軍の主力が欧州に飛ばされたら、という過程はいつ読んでも魅力的です。長門級が英戦艦を圧倒する姿がイイのです。
 …ちなみに3巻が二冊あるのは目の錯覚ではなく、購入時に疲れいたせいです(苦笑
EDIT  |  22:31 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12/23(Wed)

新年のあいさつを控えさせていただきます

 先日、祖父が急逝したため、新年のあいさつを控えさせていただきます。
 土曜の夜から昨日まで、葬儀関係でてんやわんやしていました。大正うまれでしたからある程度の覚悟はありましたが、急な流れで感情の整理もままなりませんでした。

 祖父宅の留守をまかされた時に、戦史関係の蔵書を読んでいたらきめこまかく赤線や書き込みがあるんですよ。中でも、九七式戦闘機というか、訓練に使用された九七式練習戦闘機が出た時は必ず赤線が引いてあって、よほど気に入ってたかと思うと。
 陸軍航空士官学校を出て、実戦に出る間もなく終戦。戦後の空自時代は搭乗員では無かったので、自分で操縦した九七式練習戦闘機、九九高練は思い出深かったのでしょう。…せめて、模型で作ってあげたいところ。

 祖父がいなければ、自分がいなかったし、ミリオタにもなっていなかったはずです。
 最後に心から冥福を祈りたいと思います。
 
EDIT  |  21:39 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.12/18(Fri)

HP開設二周年企画、蒼海のブラック・プリンセス~とある超甲巡の地中海レポート~

 早いもので、18日で表のHPを開設してから二年です。往年のゲーム「センチメンタル・グラフィティ」の好きなキャラの七瀬優の誕生日にちなんで、この日になったのですが。
 せっかくなので、何か出来ないかと模型を使った船魂モノのSSを書いてみました。
 蒼海11

 http://shamal.biroudo.jp/bulusea.html
 18日は仕事で死にそうな気配なので、ややフライング気味に公開。

 …それにしても、この一年でレジン・キットをここまで作るとは思いませんでした。
 あと、3周年のときは、もう少し手の込んだ事をしたいところです。
EDIT  |  00:01 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2009.12/14(Mon)

昨日の購入物

 昨日は、秋葉原で高校時代の同級生と戦略物資の受け渡しをしてきました。
 まあ、ようは半ば定例化している本などの貸し借りですが。ここのところ疲れていて参っていたので、良い気分転換になりました。

 ついでに黄色い潜水艦に寄ったのですが、PT社のサウスダコタがもう出ているのにビックリしました。レナウンの時の延期ぶりが嘘のようです。
 あと、中古コーナーにはサメックの仏戦艦「ダンケルク」のレジンキットが。激しく迷ったのですが、「金剛」「やまと」が建造中。「天城」級巡戦、PT「ノース・カロライナ」が積んでいたりする中、時間がかかり場所もとる戦艦をこれ以上増やせないと断念。コミケも近いですし。

 とはいえ、久しぶりに模型屋に寄って何も買わないわけもなく。
 空7
 PT「あさぎり」は、ジオブリダーズでの「うみぎり」と神楽の交戦シーンで気になっていたもので。あと、手持ちに現役の護衛艦が欲しくなったというのも。

 ハセガワ「龍田」は、架空艦のベースです。ウチのHPのノーデンフェルト皇国の、旧式軽巡改装の防空艦にしようかと。

 空の境界七章は借り物です。ついに最終章ですね。内容自体は劇場で見ているのですが、これで繰り返し見て感慨にふけれます。
EDIT  |  22:56 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12/10(Thu)

コミケカタログ入手…

 とらの穴で冬コミのカタログを買ってきました。相変わらず重いですな。
 
 んで、今年は創作同人ゲーム、百合、ミリタリのために二日目から参戦しようと思っているのですが。前日まで仕事&忘年会…。体力が限界の中、東方の人垣を突破しろとORZ。
 

 「体力というものは限界があります。しかし、真に無尽蔵なのは精神力であります。」と、戦中の某メガネ首相の演説ではないですが、コミケ特有の高揚した士気だけが頼りですね。
 あ、ちなみにこの自決に失敗した某メガネ首相は、我が家では滅茶苦茶嫌われてます。
EDIT  |  20:32 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.12/07(Mon)

コラボ企画「艨艟達の交響曲」本格始動

 日曜は二日酔いに起因する体調不良で一日臥せっていましたORZ
 今月から、また新しい環境なので頑張らねば。


 さて、ウチの表のHPも参加させてもらっている、艦船模型サイトによるコラボ企画「艨艟達の交響曲」(http://yycollaboration.web.fc2.com/)の第一楽章が公開開始しました。
 共産主義が席巻する世界に様々な並行世界から艦隊が転移してくる、という話です。特撮仕立ての艦船模型に、中々面白い話がからんでいるので、ぜひ一度ご覧になって下さい。
EDIT  |  21:25 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12/04(Fri)

蒼海のヴァルキュリア発売!

 というわけで、予約していたソフトを取ってきました。
 ヴァル001
 大戦末期、少女兵だらけの潜水艦が密命を帯びて出港。しかし、途中で鹵獲されて(えろげ的に)大変な目に合うも、祖国への帰還を諦めないという魅力的で熱い話です。艦長が、軍人らしい冷静なタイプの女性なのもツボです。
 スト魔女の中の人が軍事考証に協力しているので、リアリティは保障済みです。

 …というか、特典の冊子がガチなUⅦC型潜水艦の解説です。乗員の配置図とか、あまり目にしないので面白いです。
 ヴァル02
 あ、きちんと縞パン・クロスレビューとか、エヴァのパロイラストとかの遊びも豊富です。
 ヴァル03


 縞はいいもんです。もう、イタリア海軍の対空標識とか日本空母の着艦標識とか、ノルマンディーの連合軍機の白黒標識とかが、あくしずの影響で縞パン擬人化兵器に変換される位(爆
 
 久しぶりに期待していたゲームなので変なテンションですが、これから睡眠時間が許す限りプレイする事にします。
EDIT  |  21:53 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12/03(Thu)

金剛~上構製作中

 塗装と組み立てを少し進行。
 艦橋や煙突周りは修正がいらないほど作り込まれていますね。高角砲や機銃座が左右非対称だったり、作っていて気がつく特徴もあります。
 金剛03
 金剛04

 …と、同時に今回は軍艦色が濃すぎたと実感。サイズが似ている超甲巡「黒姫」と比べると、明らかに暗いです。とはいえ、塗り直しが出来るようなキットではないので、このまま進行します。


 あと、余談ですがヒストリーチャンネルの「偵察写真で見る戦場」のレイテ編を見返したのですが、出来が酷すぎます。欧州戦線の物は、対戦した両軍の兵士の証言を出し、良く調べていたのですが…。
 太平洋戦線の話になると、米軍サイドからの視点しかないです。おまけに、調べが杜撰かつ米軍よりなので酷いんです。特に、米軍パイロットの証言を無条件で信じているのが極め付け。
 サマール沖の件で、F4Fの銃撃で「大和」は逃走したとか言いだした時には、もはや笑ってしまいました。

 さて、明日は「蒼海のヴァルキュリア」の発売日。こっちは考証が確かなので安心して楽しめるはず。
EDIT  |  22:39 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。