スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.01/29(Fri)

新戦艦高千穂~戦前のラノベ架空戦記

 祖父の遺品の本の一つです。戦前の少年倶楽部に連載された小説です。本自体は、昭和40年代の復刻版ですが。

 北極に眠る、炭鉱・金鉱は豊富な秘境島を領有すべく、日本、A国、B国の艦隊が出撃。主人公の寛少年は、帆船「北斗丸」の少年給仕として参加し、かつて北極に消えたという祖父の手掛かりを探す…。
 という話です。
 
 この話の、もう一つの主役ともいうべき日本の新戦艦「高千穂」ですが。かの「レッドサン・ブラッククロス」に出てくる戦艦「高千穂」のモチーフと言われています。
 高千穂01
 挿絵やスペックを見ると、むしろフランスの計画戦艦「アルザス」急に驚くほど似ているような。日本艦ばなれした、40㎝4連装砲や艦橋が目を引きます。
 また、水上機を16機搭載し、特殊な95式カタパルトで着艦可能というユニークな特徴もあります。垂直装甲が充実してたり、作中の解説にジェーン海軍年鑑が引用されたり、中々に凝ってます。
 それもそのはずで、作者の平田晋作氏は、今で言う軍事評論家に近い方だったようです。なので、連載当時の新型艦、「ダンケルク」級とかを参考にしたのでしょう。

 本自体は、戦前特有の大東亜思想ともいうべき点はありますが、挿絵も豊富だは、戦艦同士の砲撃戦に、主人公とヒロインが乗る航空機の活躍と、楽しいものです。
 そう、この小説には少女パイロットが登場するんです。北極行きを禁じられたら、陸上機で「高千穂」を追いかけ、眼前で不時着。救助させて無理やりついて行くような、豪快なお嬢さんです。
 高千穂03
 戦前のラノベとでもいうべき本だと思います。

 あ、A国の戦艦はコロラド級。B国の戦艦は、ガングート級じゃ弱すぎると思われたのか、ネヴァタ級に似た艦になってました。また、ノーチラス級に似た大型潜水艦がA国艦として出演しとります。
 高千穂02
スポンサーサイト
EDIT  |  21:29 |  本の感想  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2010.01/27(Wed)

映画「U571」に出てた艦の姉妹

 いただいた模型のうち、英潜水艦P555が完成しました。キットはHPモデルのレジンキットです。
 P555.jpg
いや、船体の歪みだけ直すつもりがパーツ数が少ないのであっさりと完成。二次大戦中の英国潜の資料は、白黒写真しか見つからなかったので、海自グレー(2)とかで適当に塗装してみました。

 さて、このP555ですが、元は米国が1942年に貸与したS24というS級中型潜水艦です。このS級は、重巡「加古」を撃沈した位しか知られていないですが、意外な所に出演しています。映画「U571」で、Uボートに偽装する米潜水艦がS級だったりします。ウチの「ウルディアーナ」、もといUⅦC型と並べてみると、まあ似ているかな?
 P55501.jpg

 史実のS24は、小型ゆえに太平洋での使用に適さないとされて、英に貸与されて、P555となり。英国では、対潜訓練の練習艦としてUボート役をやっていたようです。

 こうした経緯を見ると、広大な太平洋の作戦には伊号クラスの大きさでないと、やっぱり無理があるのでしょうね。
 P55502.jpg


 あと、護衛艦「あまぎり」の方も竣工間近。ヘリ甲板下の支柱の配置の資料を捜索しています。案外と、形状や数がよくわかる写真が無いのですよ。
 あまぎり

EDIT  |  23:16 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.01/27(Wed)

メイドさんと80日間世界一周

 
一天四海のマーガレット―80日間世界一周 (集英社スーパーダッシュ文庫)一天四海のマーガレット―80日間世界一周 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/01/22)
北沢 大輔

商品詳細を見る
 
 タイトルと帯に惹かれて、つい購入。
 ジュール・ヴェルヌの名作「80日間世界一周」がモチーフです。
 19世紀末、貧乏貴族の少年が爆弾魔と疑われ話が変にこじれた結果、ホムンクルスのメイドさんと80日で世界一周に出るというもの。戦闘力が高くて、けな気なメイドさんが好きな私としては、メイドさんのマーガッレットがツボでした。
 ただ、旅立ちまでのプロセスは面白かったのですが、肝心の世界旅行が惜しいですね。この巻でインドまであっという間に行ってしまい、過程があっさり目なのが残念。19世紀末の資料が少ないという問題もあるのでしょうが、現地での人間模様とかがもう少しあるとよかったたですね。次巻以降に期待ですね。

 余談ですが、元ネタの「80日間世界一周」は古い映画を見たことがあるのですが、日本の扱いが酷くて笑った覚えがあります。この辺が「一天四海のマーガレット」では、どうなるかは楽しみです。
 
 また、19世紀つながりで、途中で止まってる「漆黒のシャルノス」を久しぶりにやってみたくなりました。話は面白いのですが、マップが難しくて止まってるんですよね。
EDIT  |  22:39 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/23(Sat)

なのはvivid、日英海戦ものとか

 今日からいよいよ、なのは劇場版公開ですね。どうやら好評のようで、見に行くのが楽しみです。日頃の生活が「頭冷やそうか」と、スターライトブレイカーを喰らっているような日々なので、なおのこと楽しみです。

 PSP版ゲームの方も、何気に面白く「なのは」熱が再燃しとります。リインフォース燃え(萌えも可)に目覚めました。
 なのはVIVID

 そんなわけで、今週の購入物でイチオシは、「なのはvivid1」ですね。タイトル通り、ヴィヴィオが主人公。スポーツのような格闘物ということですが、とらいあんぐるハートの頃からの熱いノリは健在。
 あと、成長した姿に変身する魔法少女という、原点回帰のコンセプトは萌えますなあ。

 碧海の玉座1  
 横山先生の新刊。日英米の海軍力が太平洋で拮抗するという設定です。
 加賀級2隻を保有する日本とか、レキシントン級2隻を保有する米、40㎝に換装したフッド級保有の英。なかなか面白い海軍力になっているので楽しみです。特に、レキシントン級巡洋戦艦を米がどう運用するのか。
 また、地味な話ですが、タイ海軍に日本が海防艦6隻、掃海艇4隻を納入する話があり。史実よりも増強されたタイ軍に活躍の舞台は…無いだろうなあ。

 セーラー服と重戦車4
 巻を重ねるごとに面白くなりますね。ヘッツアー1両で赤軍中100両に挑むパイパー嬢の熱い話と、浴場に突撃する漢達の熱くも馬鹿なノリが両立するとは。

 黄昏×乙女×アムネジア2
 黒髪セーラー服の先輩幽霊って良いですよね。

 シャドウ・ホームステイ (一迅社文庫 み 2-2)
 作者買いしました。影やら刀に変形可能な、生まれたばかりの少女型生命体と同居する話。徐々に自我が成長する過程が上手いですね。
EDIT  |  22:54 |  本の感想  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2010.01/21(Thu)

土手の伊勢屋、なのはPSP、フジミ利根

 今日は休みでしたが、朝から畳の貼り替えに伴う大掃除。最近の家での忙しさは、映画「サマーウオーズ」を彷彿とさせます。…可愛い先輩とか、カズマとかは無論いませんが(泣

 さて、それが終ってから、職場の方と浅草の「土手の伊勢屋」というところで天丼を食べてきました。(http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13003745/)
 いやあ、久しぶりに上手い天麩羅を食べました。特に、アナゴが大きいのに、柔らかくて淡白で美味しいのです。量も十分というか、食いすぎて苦しくなるくらいで。

 で、帰りに一人で秋葉原へ。
 すれ違う人を見ると、妙に大きな箱を持った人がちらほら。そう、なのはPSP版の限定版です。外見から中身が分かるのは、アルターのはやてや、1/350「赤城」以来のような。
 私は、通常版を買いましたが。
 なのは01

 帰りの電車で遊んだ触感だと、なのはファンなら楽しいかも。
 アニメを彷彿とさせるOP、ED。A'sのBGMがかかる戦闘シーン。
 一方で、ポリゴンやクロスレンジ戦闘が味気ないかも。…状況によると、遠距離砲撃だけでかたがつきますし。

 キャラ別だと。
 なのはさん最強。特に遠距離砲撃が怖い。さながら、「大和」級戦艦。
 シグナム、使いやすく攻撃力もなかなか。ストーリーモードもクリアしましたが、きちんとフェイトとの絡みもありました。
 シャマル、やっぱり弱いような。遠距離攻撃も使いずらく、なのはさん相手だと全く敵いませんでした。もともと、補給艦のような立ち位置ですからなあ。
 ザフィーラ、とにかく硬い。そして、遠距離攻撃が無い?敵に回すと面倒で、自機だと使いずらいです。
 はやて、遠距離砲撃最高。速射性が高いので、遠距離から相手に隙を与えずに撃破可能。米のデ・モイン級巡洋艦を思い出しました。

 と、まあ現状の感想はこんなところかと。

 あと、フジミの「利根」があったので、つい買ってしまいました。超絶デティールは相変わらず。組みやすそうだし、手を出してしまいたくなります。
 利根
EDIT  |  20:13 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2010.01/17(Sun)

「タシケント」起工、デカール軟化剤に挑戦

昨日からセンター試験ですね。
 我が家も妹が受けに行っていて、あわただしいです。
 私も昔受けたわけですが、浪人中に受けた時は会場がニュースに出る東大でした。おまけにTVが入る講堂だったので、全国放送で自分が流れていました。…今から思い返せば、そこで運を使い果たした気がしますが(苦笑

 さて、模型の方は「サウスダコタ」が完成したので、次は駆逐艦を作ってみようと思います。
 先日いたただいた、イタリアで建造されたソ連駆逐艦「タシケント」のレジンキットです。黒海方面で活動し、その大型さから「青い巡洋艦」と呼ばれました。
 タシケント01


 キットの出来は、初期のアオシマの艦船模型と同等のレベルかと(汗
 また、資料もWIKI以外ではロシア語のサイトしかないので苦労しそうです。 
 とはいえ、船体はイタリア艦らしい、船首楼が大きくて艦尾が細い、美しい艦容です。イタリア軽巡「ジュセッペ・ガリバリディ」と比べると、デザインの類似性が分かります。
 タシケント02


 レジンキットなので、まずは台所洗剤での洗浄。
 小パーツは、しばらく洗剤に漬けておき、船体の工作を進めます。
 気泡のパテ埋めの後は、ダルめの舷窓を0.4㎜のピンバイスでさらいます。艦橋前面の四角い窓は、彫るのが難しいので、0.6~8㎜のピンバイスで丸く開けてごまそうかと。
タシケント03

 
 あと、今日は「あさぎり」級の「あまぎり」のヘリ甲板のデカールにもトライするつもりです。マイミクさんのすすめで、GSR製の軟化剤を購入しました。何気に、軟化剤は使ったことがないので、まずはなにかで練習した方がいいでしょうなあ。
 あさぎり301




 
EDIT  |  09:55 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2010.01/15(Fri)

雷撃深度一九・五

 某所のレビューを読んで気になって、今更購入。
 …潜水艦ものの小説としては面白いですね、これ。
 海上護衛戦の指揮をとっていた、老将がしかける頭脳戦が熱い。
 出演する「インディアナポリス」や「伊58」とかの模型を引っ張り出しながら、一気に読んでしまいました。
 雷撃深度
 重巡VS潜水艦という構図が不自然に思えない面白さです。


 詳しくツッこむとボロはあるのですが、潜水艦や軍艦の雰囲気は良くでていると思います。
 逆に、某「真夏のオリオン」は雰囲気の再現に失敗して、軍事考証の変なところが強調されてしまったんでしょうなあ。
EDIT  |  22:26 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.01/13(Wed)

レナウン買ってしまいました

 デカール軟化剤と、タシュケント用の防水扉のエッチングだけ買うつもりが。「サウス・ダコタ」がさほど苦労せずに完成したので、「レナウン」をつい買ってしまいました(汗
 レナウンf

 いや、トランペッターの製品は再入荷しない事があるとう言い訳もあるのですが。「ジャンパール」とか見かけないですし。

 ざっと見たところ、主砲砲身とかダルいですが、出来は良さそうです。金剛と比べてもスマートな船体は魅力的です。

 英国艦特有の波型迷彩を上手く塗る自信が無いので、しばらくは着手しないと思いますが。
EDIT  |  23:53 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

2010.01/12(Tue)

「サウス・ダコタ」完成~巨竜の宴

 連休中、焼却場まで直接ゴミ出しするのに動員された割りには建艦が進みました。…というかですね、購入から二週間で戦艦が完成するとは思いませんでしたよ。以前に「リシュリュー」を作った時もGW中に完成してるし、案外とトランペッターの模型とは相性がいいのかも。
 サウスダコタ01f
 サウスダコタ02f
 40㎜機銃、錨、水上機(ソロモン沖で自艦の砲撃で炎上したアレです)は、タミヤのミズーリーの物と交換。20㎜単装機銃は、目立つところのみ交換。キット付属の物はどれも印象が良くないので、これだけで様変わりします。
 第三砲塔上に、四角い覆いをプラ板で追加。
 
 1944年の想定にしたので、航海艦橋の覆いを撤去。少々無愛想な感じになりましたが、写真でよくみかけるイメージにはなりました。
 艦橋のレーダーも、格子状のSKレーダーに変更。
 サウスダコタ03


 塗装は、全体的に明るめにアレンジしました。おかげで、写真映えはする感じになりました。数をこなしたせいで、米艦の迷彩に関するカンが身についてきた気がします。

 せっかくなので、第三次ソロモン海戦ぽいジオラマを組んでみました。
 巨竜の宴1
 駆逐艦「綾波」の攻撃で炎上した米駆逐艦を、「ワシントン」「サウス・ダコタ」が回避。直後に、日本の主隊と激突した状況です。
 「サウス・ダコタ」は、「ワシントン」とは反対に右に回避したせいで、炎上した艦により照らされる格好になっています。

 
 日本艦隊の攻撃前に停電していた「サウス・ダコタ」は、「金剛」級戦艦の猛攻を受けます。
 巨竜の宴2


 「ワシントン」は、アオシマのジャンクのような艦。「霧島」は無いので、年末に作った「金剛」。「高雄」も「鳥海」で代用とか、突っ込み所満載ですが、雰囲気だけは味わえます。
 あとは、手持ちの「大和」や超甲巡と対決させれば、内田さんの巨竜シリーズの再現ができそうです。1/700は、こういう楽しみ方が出来るのは醍醐味ですよね。

EDIT  |  22:58 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2010.01/11(Mon)

戦略物資(ソ連艦他)来たる

 本日、最近ブログの方でお世話になっているツンドラッヘさんから戦略物資が宅配されてきました。
 ツ支援1

 想像以上に色々な物が入っていてビックリしました。
 レジンキットがソ連駆逐艦「タシュケント」、工房飛竜のリバモア級(後述)、ロシア水雷艇「ZVIERIEV」、英潜P555。さらには本やムッソリーニのタンブラーまで。いやあ、嬉しいサプライズでした。

 一番目を引くのが「タシュケント」。ソ連がイタリアに発注して建造した大型駆逐艦で、愛称は「青い巡洋艦」。
 タシュケント01F
 独の1936年型駆逐艦や、日本の「冬月」と比べてもデカいです。度々、黒海で輸送任務に使われた事も頷けます。
 「サウスダコタ」の製作が終了しつつあるので、早速着手しようと思います。

 タシュケント02
 とはいえ、このサメックのキットはモールドが甘いので苦労しそうです。特に艦橋の四角い窓がケガキ線しかないです。レジンは硬くてもろいので、四角くくり抜くのは難しそう。なので、塗装でお茶を濁すか、ピンバイスで丸窓にしてしまうか…。あと、小部品はジャンクを捜索して交換ですね。

 また、当初はマハン級と思っていた工房飛竜のキット。どうも変だと思ってみたら、リバモア級のようです。
 マハン工房
 PTの物と比べると分かります。随分と年季の入ったキットなので、これはこれで面白いです。第三次ソロモン海戦で撃破された艦にでもしてみようか検討中です。
EDIT  |  21:42 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.01/09(Sat)

冬の新作アニメ

 ぼちぼち1月スタートのアニメの放映が始まりましたね。

 「ソ・ラ・ノ・オ・ト」
 独特の世界観が美しいですね。「灰羽連盟」、「十二国記」、「精霊の守り人」のように、独自の世界の再現に力を入れた作品は好きなので期待しています。
 ラッパ主が主人公ということで、日清戦争の木口小兵を連想したのは自分だけかもしれませんが。

 「おまもりひまり」
 PVが作画崩壊していたので不安だったのですが、意外に無難な出来でした。原作好きとしては、ヤンデレの気があるくえすがしっかり出ているのが嬉しいですね。にしても、小清水の声で古風なしゃべり方は「狼と香辛料」と被ってしまいますなあ。

 「れでぃ・ばと」
 なんか「かのこん」に似たテイストですね。キャラデザといい、お色気加減といい。


 あとは、「ダンス イン ヴァンパイアバンド」「おおかみかくし」をとりあえず見ます。
 
EDIT  |  22:43 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/07(Thu)

「サウスダコタ」「あさぎり」型進行中

 「タイタニック」や「ビスマルク」の海底探索で有名なバーバラ博士の鉄底海峡の探索本を読んでいるのですが、米側の話が多くて意外に面白いです。
 特に第三次ソロモン海戦時の「サウスダコタ」に、、マスコットとして犬が乗っていて、あの乱戦も生き延びているエピソードには和みます。…いや、その一方で死臭が二年以上も残っていたとかの凄惨な話もあるのですが。

 さて、そんなわけで「サウスダコタ」を進めています。
 トランペッターのキットは、窓がスコ抜けです。なので、そのままだと反対側が見えてしまいます。
 なので、今回は濃い目のフラットブラックを塗って窓を埋めています。手抜きですが、案外に良い感じになります。
 サウス501


 今回は、艦橋の組みたててと両用砲の搭載まで。 
 ハセガワの物よりバランスがいいです。
 サウス502F
 サウス503
 あとは、対空機銃の取り付けですが、ダル目のキットの物の搭載は気がひけるんですよね。かといって、バランスの良いタミヤのミズーリーの物の在庫は不足気味。特に20㎜が半分位しかない…。頼みの某黄色い潜水艦のジャンクにも無かったし。


 あと、「あさぎり」型も進行。
 あまぎり01F
 あまぎり02
 ヘリ甲板の着艦標識は、デカールだとすぐに剥がれると思うので、何とか筆塗りで再現しようかと。
EDIT  |  21:27 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/03(Sun)

「サウスダコタ」、意外にスマートですな

 さて、今日も大掃除の続き。机とか食器戸棚を処分する事になり、庭に運びだしました。業者にかたしてもらうか、解体してゴミ置き場に出すか、家族で検討中。

 模型の方は、「サウスダコタ」を集中的に進めました。
 とりあえず司令塔まで組みあがってきました。
 サウス301

 ハセガワの「アラバマ」は昔組んだことがあるのですが、意外にスマートです。
 ハセガワの「アラバマ」の船体と比べると、ご覧の通り。
 サウス302
 艦首形状がまるで違いますね。

 …こう書くと良キットのようですが、それはトランペッター。甲板と船体の合いは今イチで、船首付近には隙間が出来てパテ埋めしてます。
 また、艦上構造物も接着前にヤスリでエッジを出さないと上手くはまりません。
 
 とはいえ、同社の「ノースカロライナ」と比べれば、はるかにマシですが。
 サウス304
 ただ、「サウスダコタ」と比べるとスマートな船体の「ノースカロライナ」もいつかは形にしたいですなあ。

 砲身は、以前に「ノースカロライナ」用に購入した真鍮砲身を使用。高価な割に、現物で長さを調整する必要があります。でも、砲口が開いているのはさすが。これで、「金剛」と並べられるかな?
 サウス303

 さて、明日から職場という名の戦場かあ…。
EDIT  |  22:19 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.01/02(Sat)

「サウスダコタ」「あさぎり」型

 1日は用事が無かったので、高校の同期と秋葉原で会ってきました。万世のすきやきが死ぬほど美味しかったです、はい。
 同人誌の方もある程度回収。1日のせいか、あまり混雑していなかったです。

 さて、英モニター艦の方は、バルジをどこまで小型化するか迷っているので停滞。
 代わりに「サウスダコタ」と「あさぎり」型を進めています。  
 サウスダコタ朝霧
 某「尾張」への改造は、店頭で見かけなくなってきた事や、意外に「大和」型の艦橋が大きくて移植が困難なので、今回は見送りました。
 で、素直に組み始めたのですが、トランペッター製だけに合いは今ひとつでヤスリとパテで修正。
 さらに、洗剤で洗ってから塗装を始めたのですが、離型剤が残っていたらしく何度か塗料がはじかれました。洗剤にランナーごと沈めて放置してから組み始めた方が良かったようですね。
 「サススダコタ」の迷彩は、大戦中はほぼメジャー21。ネービーブルーとデッキブルーです。ですが、昨年「ペンシルヴァニア」を作った時にそのあまりの暗さに違和感を覚えたので、今回は明るめにしました。最初は、ネービーブルーをあれこれ調色したのですが、今ひとつ。なので、PTカラーのオーシャングレーを使ってみました。

 南太平洋の強い陽光の効果と、退色もあればこんな感じに見えることもあるかなあ~、と。


 「あさぎり」型も、当初はニュートラルグレーを調色するつもりでしたが、やはり断念。PTカラーです。…PTカラーは、塗るたびに違う色になることもあるので好きじゃないのですが。
 あと、どの艦にするかは迷ってます。当初は、「征途」にも出てきて、最近新刊が出た「朝霧の巫女」にちなんで「あさぎり」にするつもりだったのですが、今は練習艦なんですよね。できれば、現役艦にしたいところ。
EDIT  |  22:08 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.01/02(Sat)

寒中見舞い申し上げます

本年も宜しくお願いします。
 忌中につき年頭の挨拶を失礼させていただきます。

 つい最近まで知らなかったのですが、こういった寒中見舞いは、本来は7日またりまで避けるのですね。ハガキの方はそれでいいとして、ブログなんかでは更新の都合とか考えると難しいところです。

 今年も色々忙しい年になりそうですが、仕事も趣味もスキルアップさせたいものです。
EDIT  |  22:06 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。