スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.02/25(Thu)

恐怖の3分割、再び

 さて、今日中古で買ったフェアリー企画のタイ海防艦「スリ・アユタヤ」ですが、箱を開けてビックリ。なんと、船体が三分割。別に破損しているわけではなく、レジンの歪みを防止するための仕様のようで。
 先日、船体の歪みを直す途中で三分割してしまった「ガスコーニュ」の修復が終わったら、また船体のつなぎですか…。
 いや、仮組みしたら、こじんまりとしているのに戦艦のように堂々とした艦容が気に入ったので、このまま時間が出来たら作ってしまいそうですが。排水量の似た、帝国海軍の夕雲級と比べてもホントに小さいのが、逆に愛嬌です。
 タイ海防艦2

 4月の某展示会のテーマが、「模型でみる小国」のようなのでピッタリだし(ぼそ
スポンサーサイト
EDIT  |  21:07 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

2010.02/25(Thu)

六軒島潜入に失敗した休日

 今日はオフの日なので、所用で都内に出たついでに上野~秋葉原を散策していました。
 「うみねこのなく頃に」の舞台の六軒島の館のモデルになった場所が、旧岩崎邸と聞いていたので行ってきたのですが。旧古河庭園の間違いだったと、移動中に判明。
 まあ、不忍池近くの旧岩崎邸も、明治初期の和洋折衷の趣のある館なので、見ていて面白かったのですが。こういう一昔前の重厚な作りの館とか、船は中にいると不思議と癒されるんですよね。
 旧岩崎
 旧岩崎2


 あと、久方ぶりに秋葉原に行ったら大散財。ストレスが溜まると、買い物をしてしまうのは相変わらずです(汗
 タイ海防艦

 いまさら買った、EVAの同人のRE‐TAKEは面白かったので、2巻以降を探さなければ…。

 模型の方も、当初はサマール沖海戦時の駆逐艦「ジョンストン」を作るためにタミヤのクッシングだけ買うつもりが、「響」と偶然みつけたタイ海防艦「スリ・アユタヤ」とか買ってるし…。
EDIT  |  20:46 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/21(Sun)

ツイッター始めました。

 ここの所、心身ともに余裕が無く模型制作は進みません。PCの前で長時間座って日記を書く内容も時間も無い事が多く、ふと思い立ってツイッターを始めてみました。
 まだ右も左も分からず、「ネットの海は広大」と某少佐のようなセリフを吐く状態です。しかし、この軽便さは良いですね。

 http://twitter.com/yasoutei
EDIT  |  22:56 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/14(Sun)

the rising sun ~戦前客船サスペンス…

 さて、今日は浮いた話どころか、夕方まで諸般の事情で拘束されていたわけですが。その帰りに某祖父に寄ったわけです。
 「蒼海のヴァルキュリア」がワゴンセールになっているのに侘しさを感じつつ。中古コーナーを見ていたら気になるものが。
 フリージア
 「the rising sun」というPCゲームで、見ると1937年の英豪華客船「フリージア・マリア」が舞台のサスペンス。見たことある絵柄だと思ったら、「ブンダバー!」という濃い戦記(?)漫画を描いていた吉田創氏が原画。考証にも、某蒼海の世紀シリーズに協力している方の名が。
 値段も安かったので、つい購入してしまいました。
 …雰囲気や設定は良いのですよ。マニュアルにあった「フリージア・マリア」の、WW1頃の客船を改装して高速化&二等客席の拡大とかの経緯。
 フリージア02
 郵便室や、プロムナード等の当時の客船の細部まで調べた背景。大戦前のきな臭い雰囲気と、ちらつく軍の影。

 とはいえ、2008年発売のはずなのに、20世紀末頃のコマンド入力式に近い古臭いシステム周りが全てをぶちこわしています。おかげで、まともにクリアするのも困難。設計は良いのに、技術力のせいで物にならなかった兵器の典型に似た感じですな。
EDIT  |  19:48 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.02/13(Sat)

バレンタインは添い寝

 バレンタインっていうのは、英国の戦車のことですよね?
 お約束ともいえるボケはさておき、明日はバレンタインですが、浮いた話があるはずもなく。それどころか、所用でスーツで出撃です。
 そんなわけで、気が付いたら「いっしょにすりーぴんぐ」を買っていました。…色々と末期的ですなあ。
バレンタイン

 ちょろっと見た感じでは、破壊力は「ラブプラス」の方が上ですね。睡眠時間にあわせて再生しっぱなしにすることで、添い寝してもらっているような感覚を味わえるというコンセプトは良いのですが、ランダム要素が無いのが不満かと。

 あ、脇に写っているのはメカ娘の「バレンタイン」さんです。
EDIT  |  22:49 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2010.02/11(Thu)

なのは&ハルヒ見てきました

 日曜に「なのは」。今日は「ハルヒ」&「なのは」の映画を見てきました。
 いやあ~、映画って良いですね。と、思わず往年の名セリフを持ち出したくなるくらいに良かったです。

 なのは



 涼宮ハルヒの消失

 ハルヒは、TVシリーズを見た程度で原作は未読だったのですが。今日の映画を見たら、既刊を買ってました。あと、今まで「長門」と聞いたら条件反射で「御国の誉」の戦艦を連想していたのが、長門有希に変わりました。
 いやあ、それくらい感情を発露させた長門の破壊力が高かった。あと、朝倉さんのヤンデレぷりが個人的にツボ。
 それにしても、学生では無くなった今見て正解でもあり、残念にもなる映画でした。くだらない事でも、思い返せば学生時代の事は宝物になるという台詞には共感することしきり。
 あと、選択したからこそ今の自分の現状があるのだと、図らずも自省してしまいました。

 魔法少女リリカルなのは
 内容は全部知っているのに、涙腺がゆるみました。
 フェイトが、すべてを始めるために再起して最終決戦に臨むシーン。
 なのはと、フェイトが友人になるシーン。
 この二つは、何回でも泣けます。
 戦闘シーンも、これまでで最高でした。空戦の機動戦闘の興奮と、戦艦同士の砲撃戦のカタルシスが混ざったような。
 二回みてポスターをコンプしましたが、もう一度見ても良いですね。


 それにしても、ここ5日間は久しぶりに同年代や同好の士と会話する機会があって良い気分転換になりました。12月からこっち、敬語で話するばかりとうか、帝国陸軍のような環境にいるもので。
 さて、また明日から頑張ろう。
EDIT  |  21:34 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/09(Tue)

ガスコーニュ入手せり

 さて、日曜は高校の同期と「なのは」を見に行ってきたわけですが。その日はワンフェスの開催日でもありました。
 ワンフェスはフィギュアの祭典と思われがちですが、希少なレジンキットの宝庫でもあります。なので、マイミクの蒼月さんにお願いして入手してもらった艦を今日受け取りました。
 ガスコーニュ01

 フランスが誇る未成戦艦「ガスコーニュ」です。中身は船体と対空火器程度で、別途にPT社「リシュリュー」が必要ですが、すでに入手ずみだったり(笑
 早速、自宅で完成済みの方の「リシュリュー」のパーツを載せてみました。
 ガスコーニュ02
 ガスコーニュ03

 船体は「リシュリュー」と一緒で、砲配置のみが違うのですが、コンパクトにまとまっていて、中々にカッコいいですなあ。
 …艦橋までのっているのは、撮影直前にひっかけて破損したからです(泣

 現在、手持ちの戦艦の中では何気に一番組みやすそうなので、早々に着手するかと。欧州艦を作るときに困る対空火器ですが、キットに仏軍57㎜連装機銃が12基も入っているので何とかなりそうです。
 あとは、設定をどうするかですね。

 1:ヴィシー・フランス海軍仕様…電探などを独軍のものに。塗装はダズル迷彩にしてもいいかも。いや、好きなんですよ、あの迷彩。

 2:自由フランス海軍仕様…装備や塗装を英軍仕様に。

 3:世界戦艦大和列伝仕様…46サンチ砲搭載の「ロスピエール」です。

 4:とある超重量弾仕様…米海軍の50口径40サンチ砲仕様。

 いろいろ考えられますが、主砲の38サンチ4連装砲は譲れないですね。ただ、コンパチで一時的に変えて楽しむのはありかな?

 あ、あと「なのは」の感想はまた後日。木曜に「ハルヒ」と一緒にもう一度見ることですし。
EDIT  |  23:28 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

2010.02/05(Fri)

いちごRED~もはや別冊あくしず

 
チャンピオン RED ( レッド ) いちご 2010年 03月号 [雑誌]チャンピオン RED ( レッド ) いちご 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/05)
不明

商品詳細を見る

セーラー服と重戦車のドラマCDが目当てで、いちご18号を買いました。ドラマCDは、これから聞きますが、キャストが凄いですね。
 セラ
 パンター:実車
 タイガー:実車
 知ってはいましたが、吹きましたがな。

 連載の方も、三式中戦車が活躍するシーンがイイです。
 チヌ
 登場シーンは、ザ・コクピットのオマージュですね。毎回、セラ重を読むと、AFVの模型が作りたくなっていけません。

 あと、「メイドINじゃぱん」のミリネタの暴走も素敵です。
 メイド

 竹やりでF6F撃墜って…。

 他の漫画も、警察から過激さについてクレームがあったという話もあるわりに暴走しているものが多いですな~。
EDIT  |  22:15 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/02(Tue)

プラウザでKANON

 

 あるサイト(http://rmake.jp/games/3048/play)で公開されているものです。関東に雪が降ったので、ノリで紹介してみました。
 KANONの序盤を、そのままプレイ可能。
 KANONは、はじめてプレイしたPCゲームなので思い出深いんですよね。
 思えば、高校の頃は友人たち共々どっぷりとはまっていたものです。「うぐう」や「はちみつくまさん」、「そんなこと言う人嫌いです」が標準語と化していたような。
 雪が降った寒い日に外でバニラアイス食べたり、屋上へつながる踊り場で昼食とか、今思えば、青春時代に何をやっていたのか(苦笑

EDIT  |  21:38 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。