スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.07/31(Sat)

利根竣工&日伊第八戦隊の奇妙な符号

 暑い自室でスターウオーズEP3,4を見ながら作業していたら、利根が完成していました。最近の展示会で、見事に電飾されたスター・デストロイヤーを見ていたので触発されて○年ぶりに鑑賞。EP5あたりは、母のお腹の中にいるときに見て(?)いたらしいので、ある意味一番馴染み深いシリーズだったり。
 …EP4のデストロイヤー見て、光ってる部分が少ないなあと感じてしまったあたり、あの模型艦隊に毒されてますね。

 さて、利根は大きな舷側の補強材を撤去したり、ダビッド等をとりつけずにスマートさを出した以外は素組みです。
 利根201
 利根203
 利根202
 水偵は、雰囲気で零観と零式三座を混ぜて搭載。

 以前の金剛もだけれど、フジミの精鋭キットは塗装が済めば迷わずに組み立てられます。比叡や赤城も期待できそうですが、予算不足で当面見送り。

 サマール沖海戦で、護衛空母群に突撃した艦船もだいぶ揃ってきて楽しくなってきました。
 サマール沖



 さて、利根が第八戦隊所属なのは周知ですが、伊の軽巡ジュゼッペ・ガリバルディも向こうの第八戦隊所属なのは知らないと思います。
 しかし、この日伊の第八戦隊は奇妙な符号があるんですよね。
 利根ジュッゼペ

 1:共に新鋭・重装甲の軽巡二隻で編成(利根級は公式には二等巡洋艦なので)
 2:共に主力艦隊の直衛。伊第八戦隊はヴェネト級が出撃するときは必ずと言っていいほどいます。
 3:その主力を守りきれないことしばしば。タラント空襲、ミッドウエー沖、マタパン沖、ローマ爆沈時etc…。

 大戦後こそ、解体か大改装されてミサイル巡か、と別れましたが、奇妙に似ているんです。これも何かの縁なのか。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:39 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.07/31(Sat)

利根竣工間際+満州江防艦隊

 フリードリヒ・デァ・グロッセを着工すべく、フジミ利根を進めています。
 利根101
 搭載機や電探を搭載し、タッチアップをすれば完成しそうです。

 前まで作っていたヒッパーに比べ、半分の工数・時間です。迷彩が無い日本艦で塗装が楽というのもありますが、キットの出来の良さに助けられています。
 パーツの洗浄やすり合わせが不要だは、考証も行き届いているので資料を探す必要は無いは…。(欧州艦やレジンキットの作りすぎ?)

 ただ、零式三座水偵はもっさりしているので、WL共通パーツに切り替え。しかし、レイテ沖では水偵は積んでないでしょうが、昭和19年時には何を何機積んでいたかよく分からないです。

 利根102
 主砲は旋回・仰俯角可能。
 前甲板に集中した主砲が一斉に火を噴く様を、「騎士に炎を噴く龍」といった佐藤御大を思い出します。

 満州国
 フェアリー企画の満州江防艦隊はパーツ紛失しそうなので、ちょっと進行。
 右の廣慶は満州の臨時海軍防備隊が使用した、日本海軍の徴傭船。恐らく、日本最後の外輪戦闘艦だったはずですがよく分かりません。
 左の養民は、日本製の満州国艦艇。こちらの方が、まだ資料がありそうです。

 特二式
 先日買った、特二式の大きさが分かる写真。一円玉や、1/700の水偵と比べると驚異的な細かさが分かるかと。
EDIT  |  17:51 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.07/25(Sun)

WF作戦終了~H級など入手

 今日はワンフェスを堪能してきました。デジカメを忘れたのは痛恨でしたが、色々濃い話も出来たし、戦果も大。

 一番の戦果は、RSBCでおなじみの独戦艦「フリードリッヒ・デァ・グロッセ」。
 フリードリヒ01
 バリまみれだったので、ざっと切り離して仮組み。
 …いままで作った1/700の艦船の中で最大の大きさです。うちの艦船保管庫は大和級まで入るのですが、今回はムリでした。
 フーリドリヒ02
 ご覧の通り。ティルピッツはおろか、大和よりデカいです。なので、本棚の張り出しという艤装スペースに使っている場所にしか置けないです。これは作れということ?(マテ
 フリードリヒ04
 ゆくゆくは、フジミの超大和級を尾張にして、RSBC3巻を再現したいですね~。

 また、今回は安売りのフィギュアも購入。
 猫耳~ず
 猫耳1個分隊。これで、10年は戦えます。
 猫みみ~ずというトレーディング・フィギュアで、以前に買い損ねていたのもの。

 おーじ
 おーじ氏が原画のフィギュア。安かったのと、右の履いてない娘が、レールガンの美琴さんに見えたもので。ようじょ万歳。

 また、1/285の特二式。
 特21
 特22
 砲身が開口してたり、細部までの作り込みが凄く感動してつい買ってしまいました。

 
 江防01

 フェアリーの満州国艦艇。タイ海軍の日本製艦艇を作ったので、次は満州国ということで。あくしずの枢軸の絆の影響もあるかも。ろくに資料が無いので、作るなら資料収集からですね。
 

<<前の日記へ 夜想亭の日記一覧
EDIT  |  22:12 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.07/19(Mon)

SFとか死線上の百合とか

 旅行の帰りに秋葉原に寄って、久しぶりに買い物してから帰ってたり。
 模型は、PTのシュペーとか工房飛龍の独軽巡カールスルーエ(中古)とか心ひかれたのですが、ワンフェスに行くかもしれないので自重。

 代わりに本をいくつか。

 
ff1  ―フェアリー・ファイル― (富士見ファンタジア文庫)ff1 ―フェアリー・ファイル― (富士見ファンタジア文庫)
(2010/07/17)
冴木 忍

商品詳細を見る

 冴木先生の新作なので。

 
天穹の英傑伝 ザ・マシンナリー・ライダー (朝日ノベルズ)天穹の英傑伝 ザ・マシンナリー・ライダー (朝日ノベルズ)
(2010/07/20)
吉田 親司

商品詳細を見る

 好きな作家さんと好きなイラストレーターの方のコラボなので、買うしか。
 まだ読み始めですが、異星生命体のお姉さんVS少年の構図と航空戦艦の組み合わせは燃えますなあ。

 
死神アリス 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)死神アリス 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/07/17)
いづみや おとは

商品詳細を見る

 空の境界の同人誌を描かれていた作家さんの単行本なので。
 暗殺現場で出あった、暗殺者の少女と普通の少女の死線上の百合。

 あと、コミケとワンフェスのカタログを確保。予定が未定の側面があるけど、両方とも行けるといいなあ
EDIT  |  23:07 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.07/19(Mon)

利根再開

 連休は、高校時代の同期と潮来・銚子方面へ旅行に行ってました。海産中心に良いものを食べて、命の洗濯ができました。

 さて、今日は課題を片付けつつフジミの利根を少し進行。
 利根01
 利根02


 フジミの旧キットでしか利根級を作った事が無いので、艦橋周りの支柱が組み合わせ方に感激。
 征途版やまとは、手を加えようかと思いましたが、断念。あのブロックみたいな艦橋は…。
EDIT  |  23:01 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.07/13(Tue)

イタリア艦隊がアニメ化とは!!!

 スト魔女2の二話の予告を見て驚愕しました。
 http://s-witch.cute.or.jp/pc/story/next02.html

 ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦が出てるじゃないですか!カドルナ級と思しき軽巡の姿まで。1938年のナポリ沖観艦式を参考にしたのでしょうが、イタリア艦隊好きとして興奮がとまりません。
 二式大艇のシーンで本物の火星エンジンの音を使ったのに飽き足らず、やってくてます。

 勢いで妄想がとまりません。
 

 戦艦「大和」戦闘指揮所内。
 「射撃指揮所に、ネウロイの攻撃直撃!」
 「被害知らせ」
 「指揮所内、全滅。砲術長も、村田射手も…」
 「そうか…」
 長官席の腰かけた艦隊司令長官は、艦橋内を見渡した。普段は快活な草履ばきの艦長を含めて呆然としている。
 (無理もないか…。先ほどロマーニャ艦隊が撤退を表明した今、あの超大型ネウロイに対抗する術はもう無いのだから。…いや。)
 上空で光り輝く魔法陣が小さく見えた。ウイッチと呼ばれる少女たちが、まだ戦っているのだ。
 (あんな娘達が必死で戦っているのに、このざまは何だ!)
 そんな思考を突如打ち破ったのは、見張員の絶叫だった。
 「ロマーニャ艦隊が前に出ます!」
 そちらを見ると、傷つきながらも優雅さを失わぬ戦艦ヴィットリオ・ヴェネトが白波を立てながら突進していた。

 戦艦ヴィットリオ・ヴェネト司令部艦橋内。
 艦長のマランツアーノ大佐は、床に転がる艦隊司令を見ながら、先ほどの通信を思い出していた。
 ロマーニャの軍人なら知らぬ者はいないウイッチのルッキーニ少尉からの通信は短かった。
 「このままだと芳香が死んじゃう!助けて」
 かねてから彼は、年端もいかぬ少女たちが戦うのに抵抗感をもっていた。だからこそ、その通信を握りつぶして旗艦から撤退しようとした司令を殴り飛ばしたのだった。
 「可愛い女の子からのお願いを断るなんて、ロマーニャの男がすたると思わないかね、諸君?」
 艦橋内の部下たちが、さも当然といわんばかりに笑いながら頷く。
 「全艦に打電。艦隊司令負傷につき、これより旗艦艦長が指揮を執る。撤退方向は、敵ネウロイ。少女たちとロマーニャの未来に向かって全速で撤退せよ!」

 再び戦艦「大和」戦闘指揮所内。
 駆逐艦の艦長が長かった「大和」の艦長の目から見て、ロマーニャ艦隊の行動はなっていなかった。まともに単縦陣も組めていないし、砲撃も稚拙だ。
 しかし。
 目の前でネウロイのビームの直撃を受けて、また駆逐艦(おそらくソルダディ級)が四散した。だが、後続の軽巡は、何事も無かったかのように、メインマストに戦闘旗をたなびかせ突進する。
 「連中ならウチの水雷戦隊でもやってけるな」
 「まったくだ。」
 それまで沈黙していた艦隊司令長官が、立ち上がった。
 「艦長、本艦も海軍軍人のあるべき姿を見せるべきではないかね?」
 「その通りですな。まだ後部指揮所は生きとりますし。」
 「射撃指揮は?」
 「本艦でも最古参の特務少佐が何とかしてくれるでしょう。」
 巨竜が、空で舞う少女たちのために再び咆哮を始めた瞬間だった。


 こんな感じの、イタリア艦隊と「大和」の共闘が全くの絵空事じゃないとは。
 とりあえず、水曜まで「ヴィットリオ・ヴェネト」と「大和」の模型を並べて待機ですね。
EDIT  |  00:18 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.07/10(Sat)

ヒッパー&スリ・アユタヤ就役

 さて、今日は半日休みだったので、色々ふっ切って模型を作りました。
 とはいえ、クーラーが無い私の部屋は暑い。なので、30分作業して居間に退避。涼んだら作業再開という、硫黄島の洞窟陣地構築のような状況に。同時に、「おとぼく2」も進めていました。

 まずは完成直前までいっていた独重巡「アドミラル・ヒッパー」とタイ海防戦艦「スリ・アユタヤ」を仕上げました。
 ヒッパー01
 ヒッパー04

 
 両艦ともに主砲は旋回可能にしました。
 ヒッパー02


 「アドミラル・ヒッパー」は、1942年のバレンツ海戦仕様に小改造。機銃やレーダーを追加してます。
 タミヤの「プリンツ・オイゲン」に比べると、乾舷の高さが気になりますが、修正困難な段階まで作っていたのでそのままにしています。
 ヒッパー03



 さて、作りかけの「利根」を進めるとして、その次はどうしようかなあ。この状況だと、今から手をつけないと今年中に戦艦クラスは完成できなさそうだし。天城級巡戦か、ガスコーニュか。
EDIT  |  23:58 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2010.07/10(Sat)

姉もいいが、器の大きいロリも良い

 平日は帰って寝るだけの生活ですが、生きています。電車内で読むのは漫画ばかりなのは、いかんと思う日々です。
 というわけで、漫画ばかりですが感想をば。

 
鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)
(2010/07/04)
五十嵐 藍

商品詳細を見る

 ダメオタ系の弟が、ドSでエロいお姉さんに弄られまくる四コマ。
 散々に遊ばれているんですが、弟に彼女が出来た疑惑に狼狽したりするアネキが何気に可愛いです。

 
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6 (ドラゴンコミックスエイジ さ 1-1-6)学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6 (ドラゴンコミックスエイジ さ 1-1-6)
(2010/07/09)
佐藤 ショウジ

商品詳細を見る
 
 まさかの続巻。でも、微妙に積み残したまま以下続巻。
 まあ、御大だから…。
 設定資料集が巻末にあって、平井耕太が原案では「役にたつデブ」とか「南雲」と呼ばれていたのには吹きました。南雲って、水雷戦隊でも指揮させるつもりだったのか…。

 
紅kure-nai 第5巻 オリジナルアニメDVD付き 予約限定版 (ジャンプコミックス)紅kure-nai 第5巻 オリジナルアニメDVD付き 予約限定版 (ジャンプコミックス)
(2010/07)
片山 憲太郎山本 ヤマト

商品詳細を見る

 元の小説は大好きなのですが、TVアニメが月姫のTVアニメ並みに…なせいで離れていたのですが、新作OVAに釣られて5巻を買ったら面白すぎて全て買ってしまいました。
 7歳とは思えぬ器の大きさを持つ紫を、原作寄りに表現しているのが素晴らしい。脇役達もエッジが利いてるし。

 
イエローゲート! 1 (MFコミックス アライブシリーズ)イエローゲート! 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/06/23)
森みさき

商品詳細を見る

 最近の三国志等の女性化の流れに乗じたのか、水戸黄門を女性化。何が凄いって、印籠の代わりにパンツを見せるんです。アホでしょう(褒め言葉
 
EDIT  |  23:54 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。