スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.04/24(Sun)

比叡1944竣工間近、フリードリヒ進行するか…?

 久しぶりにのんびりできた休みだったので、色々進めました。

 まずは「比叡」1944年仕様
 比叡06
 比叡07
 艦橋などの支柱がプラにしては細すぎるため、ランナーから切り出しただけで折れるのを真鍮線に交換したり。
 金剛と並べると、艦橋の差異もさることながら、マストの高さや構造の差もあることが分かります。
 あとは、電探や機銃の増備をすれば竣工できそうです。


 つづいて「しまかぜ」
 しまかぜ01
 しまかぜ02
 DDGだけあって、DDの「うみぎり」とくらべるとデカいです。旗艦機能もあるし、「対空誘導弾搭載型嚮導駆逐艦」とかに分類するとちょうどいいと思うんですが。

 そして、「フリードリヒ・デァ・グロッセ」
 フリードリヒ
 ダルい甲板のモールドが一因で停滞していたので、今回木甲板シートに置き換えることに。最初は、現物合わせで切っていたのですが、型紙を作ってから切れば良いことに後で気づきましたorz
はたして、完成させられるやら…。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:31 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/23(Sat)

比叡1944進行してます

 先週の日曜は、むさしのフラップスさんの展示会にお邪魔してきました。毎年行ってるのですが、航空機を中心にレベルが高い模型が多いですね。
 …今回はデジカメを忘れて、iphoneでしか撮影できなかったので、よい写真を撮れなかったのが残念。未成巡戦「マッケンゼン」とか面白かったのですが。
 ウチは、「ガスコーニュ」とか「高雄」を持って行ってみました

 さて、その会場にも未成のまま運んだりした「比叡」1944年仕様ですが、順調にすすんでます。
 比叡03
 比叡04
 比叡05

 艦橋はいじらず、高角砲や九四式高射装置を増備してみました。甲板シートのおかげで、塗装に手がかかってないのは大きいです。
 汎用の甲板シートも買ってみたので、停滞中の「フリードリヒ・デァ・グロッセ」に使えないか試行中。
EDIT  |  17:53 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/11(Mon)

タカオさん&リバティシップ完成、比叡1944着手

 4月になって、時間が少し出来たので模型が進みました。
 まずは、残工事をちまちま進めてた高雄とリバティシップが完成。
 高雄301
 高雄302
 高雄303

 高雄は、フジミのハイクオリティがいかんなく発揮された傑作です。艦橋の精密さと、一体成型による組み立てやすさは抜群。
 主砲も用意していたヤマシタホビーの砲塔を使用しなくても、充分。
 

 また、「蒼き鋼のアルペジオ」を読んでたら、金剛級が作りたくなってフジミの「比叡」を着工してしまったり。比叡は、アルペジオにまだ出てきてないのですが、あの独特な艦橋に惹かれてしまいました。
 比叡02
 今回はじめて木甲板シートなるものを使ったのですが、いいですねコレ。今まで苦労していた塗り分けや、木の表現が短時間で綺麗にしあがります。
 ソロモン海で沈まずに、「霧島」の仇を討つべく甦ったという設定で作ってます。あの独特の艦橋が好きなんで、艦橋はほぼそのままで、副砲全撤去して対空火器増備した姿にしようと思います。
  
 
 比叡01

 さらに、ここのところの被災地での海自艦艇の活躍に胸打たれ、海自艦を作りたくなったの「しまかぜ」も着工。日本独特の艦容をもつ最後の世代の艦なので、好きなんです。
EDIT  |  22:29 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2011.04/02(Sat)

アルペジオ3、超弩級少女

 久しぶりに、ここのところ買った本や漫画の紹介を。
 アルペジオ01

 ついに、「蒼き鋼のアルペジオ3」が出ました。
 今回、キリシマ・ハルナ戦が決着しました。普通の作品なら成立しない、戦艦と潜水艦との戦いを実に派手に描いています。
 今回の表紙のハルナが、コートの下が意外なまでに可愛くてギャップ萌えでした。
 また、チョイ役ですが、新キャラのマヤ。
 アルペジオ03
 …霧の艦隊の重巡って、みんなどこか抜けた残念可愛い子ばかりな気がしてきました。でも、そこがいい。たぶん、今年中に「摩耶」を作ってしまいそう。
 あと、イオナ達の基地に向かったタカオが受けた謎の攻撃。以前に撃沈されたヒュウガが仲間になっているのか。あるいは、金剛級で唯一出てきてない比叡のメンタルモデルか。続きが気になる~。


 そして、今はまっているのが「超弩級少女」。
 全長49m46cmの少女が、普通の少年に恋しながら怪物と戦う話なのですが。
 とにかく熱い。さらに、展開が飽きない。
 このノリはどこかで見かけたなあ、と思っていたら、某長編EVA同人や、あずまんが漂流教室などを同人で描いていた人。そりゃあ、面白いわけです。
 さらに、主人公の妹がドSのゴスロリ日本刀使いの巫女さん。
 アルペジオ02


 巫女好きな人からすれば邪道でしょうが、ヒラヒラした服やヤンデレ好きの私にしてみれば、ツボなキャラですw
 
EDIT  |  22:57 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。