スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.08/29(Mon)

大発会(総火演オフ)終了

 土曜に船の科学館を見学し、次の日に総火演に行くというツイッターのフォロワーさん達とのオフ会「大発会」に行ってきました。
 …なぜ「大発会」かというと、大発で撤退するがごとく、整然と会場から撤退しようという意味で。私も含めて最貧戦が好きという病気の症状です。
 総火演当日には12人を越える方々が集まり、かつ様々な方が見えられて、コミケ以上のお祭りになっていた感が。いやあ、楽しかったです。

 土曜の船の科学館は10時半には突入するも、展示の前で話し込むので羊蹄丸、宗谷まで見学すると16時過ぎに。閉館前に堪能できました。…ちなみに、平たい部分がある商船を見るたびに、「これは良い空母になる」と言っていた空母マフィアは私ですw

 ただ、気になったのは「宗谷」の老朽化。錆がとにかく酷い。一度錆びた後に塗料で応急補修した後から錆が浮いたのか、とにかくボロボロ。
 宗谷
 


 その後は、三島で一泊。ミリタリ好きが多いだけあって、会話が濃い濃い。

 朝は4時半に起床し、寝ぼけ眼で演習場へ。
 待っていたのは。
 火力01
 「ゆ っ く り」
 この国の国防は万全ですね。ほむほむが来たら、装備品を喜んで渡す危険もありますが。

 

 また、陸自のK9部隊がいるとは知りませんでした。
 火力02
 癒されますね。わんこにもポニテにも。

 演習自体は、見るのに専念したので写真無し。他の方々の方が、優秀な撮影機材持ってますし。

 演習後の装備のお披露目では、面白いものが。
 火力03
 陸自のレイバー。警察のイングラムより武骨ですね。(病気

 最後になりましたが、今回のオフ会でお世話になった方々、ありがとうございました。


スポンサーサイト
EDIT  |  22:36 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/22(Mon)

近況報告~総火演行きます

 みなさん、コミケお疲れ様でした(遅
 今回は、ミリ系、萌え系をバランスよく控え目に購入。
 …控え目?
 コミケ90


 今回のイチオシは、水心堂のベルリン戦を生き抜く少女兵の同人誌でした。
 少女

 写真と見間違うほどの精密な描き込みで描かれる、女子補助高射砲部隊からティーガーに転戦する少女達は圧巻。末期戦好きにはたまりません。
 少女2



 また、模型は某模型掲示板の戦艦「ヒンデンブルク」完成に触発されて、「フリードリヒ・デァ・グロッセ」をちょこっと進行。木甲板シートは上手く張れましたが、副砲基部とかを一から作るのが大変です。どっかからか流用できないかなあ?
 フリードリヒ



 あと、今週末は閉館間際の船の科学館を見学後に、富士の総合火力演習を見に行くオフ会に行ってきます。
EDIT  |  23:08 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/07(Sun)

特設巡洋艦愛国丸完成

 気が付けば、もう今週はコミケですね。ようやく三日目には参戦可能な見通しが立ったものの、カタログをまだチェックしてなかったり。チェック漏れが出なければいいんですが。

 さて、キットの組み立てやすさに助けられ、PTの「愛国丸」が完成しました。
 愛国01
 愛国02
 主砲を14cm砲に換装した1942年のインド洋作戦時の仕様です。搭載機は零式三座水偵だったかは不明。あと、力尽きてデカール貼ってません。

 
 愛国03
 リバティシップを臨検する「愛国丸」。アフリカ航路へ投入予定の新鋭貨客船だけあって、大きさや優雅さは比較になりません。
 主砲は、旋回可能にしてみました。

 
 愛国04
 艦橋正面の一等客向けの公室の窓の凝った作りがお気に入り。

 
 愛国05
 パーツの合いがいいので、簡単にフルハル化できます。スクリューシャフトの覆いまで再現されてます。

 組みやすいうえに、今までのWLで最高の出来の商船モデルだと思います。14cm砲や搭載機は非常に細かい出来ですし。既に発売が決まってる報国丸は、いずれ商船時代の仕様でも出ると期待してます。護国丸は、資料の無さと地味な戦歴からして難しそうですが。
EDIT  |  19:24 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/01(Mon)

愛国丸、これはイイ

 ピットの新製品の特設巡洋艦「愛国丸」をちょこっと進行。
 
 中国製ですが、トランペッターとは関係ないようで、出来が素晴らしいです。
 箱絵が高荷先生でカッコいいし、パーツの合いもいい。
 あと、塗装には配慮したパーツ構成でマスキングが最少で済みます。
 愛国丸01
 愛国丸02
 愛国丸03

 ここまでの仮組みで、接着剤を使ってないし、パーツのすり合わせも行ってません。まるでフジミの新作を組んでるみたいな感じ。 ハルパーツの合いも抜群で、簡単にWLからフルハルモデルになります。また、スクリューシャフトの流線形のカバーを再現しており、よく調べてます。
 これなら、早期に完成できそうです。

EDIT  |  19:49 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。