スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.12/31(Sat)

コミケ&2011年度就役艦

 今年は、コミケ3日目に飲み会で疲弊しきった残存兵力を集中投入しました。
 …のっけから、まさかの寝坊をして焦りましが、意外に早く入場出来て概ね作戦目標を達成しました。
 コミケ
 軍事系が無い分少なめですが、空の境界やスト魔女を中心に色々買いました。
 お会いできた方々、ありがとうございました。

 

 さて、今年の艦船模型ですが。
 2011.jpg
 定遠」を除いても、戦艦7隻を中心に18隻が就役。木甲板シートによる工期短縮をいれても、けっこう作ったなあ。

 今年最後の就役艦は、巡洋艦「超勇」
 超勇01
 砲塔を持たず、掩蔽壕のような構造物に25.4㎝砲を納めた独特のスタイルです。また、帆走を廃しながらも、無線を持たぬため、シンプルな構造のマストも目を引きます。たぶん、信号旗をあげるためだけのマストなんでしょう。
 
 
 超勇02
 小さいと思ってた「定遠」も「超勇」と比べると、戦艦としての存在感があります。

 
 あと、「ナヴァリン」もほぼ完成。
 ナヴァリン
 乱立する煙突と通気筒がラブリーです。
 この艦を作るにあたって色々調べてると、ロシア海軍がかなり早期から日本海軍を意識してることが分かって、ますます深みにはまりそうです。
 最初は、高速戦艦として建造されるも旧式化して、単なる軽装甲艦になった「オスラビヤ」とか次に作りたくなってくるほどに。

 それでは、日記を読んだりHPを見に来て下さった方々、ありがとうございました。皆様、よいお年を。
 
スポンサーサイト
EDIT  |  23:01 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12/26(Mon)

今日は北岬沖海戦…

 1943年の今日、世界で最も美しいとまでいわれた巡洋戦艦「シャルンホルスト」が沈みました。護衛の駆逐艦も無く孤艦で最後まで奮闘した姿は、哀しくも戦艦らしい最後と言えました。
 シャル01

 

 で、「坂の上の雲」の日本海海戦のシーンは、邦画史上最高といえる出来でした。距離指示器を使うシーンもあって、実に眼福。あのクオリティで第三次ソロモン海戦とか再現してもらえないでしょうか…(無茶
 おかげで、すっかり前弩級艦にはまってしまいました。
 おりよく、清国巡洋艦「超勇」もやっと入手できました。
 超02
 箱絵が実に勇ましいです。

 
 超01
 仮組みすると、巡洋艦ながら実に小さい。まあ、25.4㎝砲装備とはいえ砲塔を持たない過渡期の艦ですしね。同型艦が「筑紫」として、日本海軍に編入されています。せっかくの2隻セットなので、1隻は「筑紫」にしたいですが、資料が…。

 あと、ちらっと写ってるハルヒはこちら。
 涼01
 缶コーヒーとのセットながら、出来がいいです。とくにドレス姿のハルヒは表情がよく似ています。
EDIT  |  22:59 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12/25(Sun)

坂の上の雲に間に合わず…

 今日の「坂の上の雲」最終回放送までに「ナヴァリン」を完成させようとしましたが、さすがに無理でした…。

 ナヴァリン01
 キットの素性がいいので、真鍮線で防雷網を追加した程度です。塗装は第二太平洋艦隊に所属して、日本海海戦に参加した頃を想定し、ジャーマングレーをメインに塗装。なので、暗くて細部が分かりにくいやも。

 
 ナヴァリン02
 特徴は、なんといっても特異な煙突配置。真横からは2本煙突に見えたり。乗員からは「工場」の渾名をもらってます。
 奥の「三笠」とは1世代違う、海防戦艦的な性格の戦艦ゆえに可愛らしく見えるほど。…当たり前ですが、「ナヴァリン」が勝てる気が全くしない(汗


 オマケで作ってるロシア駆逐艦「zwieriew」。
 
ナヴァリン03
 以前に知り合いの方に頂いたものです。外国サイトでは違う綴りで身元特定に手間どりましたが、1905年に独で作られたロシア駆逐艦のようです。
 日本海海戦後にバルト艦隊に配属された艦ですが、第二太平洋艦隊所属の駆逐艦ぽく見えるように、半ば創作で塗装してます。

 さて、この特徴的な艦容の「ナヴァリン」が出ることを期待しながら最終回に臨みたいと思います。…出ないだろうなあ
EDIT  |  17:50 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12/19(Mon)

恐るべし、坂の上の雲

 日曜の「坂の上の雲」を見てから、前ド級艦ブームがきて止まらず。そのせいで、模型屋に行ったらフジミの新作の「飛竜」に目もくれず、ロシア艦をつかんで出てきてました(汗

 物は、コンブリックの「ナヴァリン」。
 ナヴァリン01
 バルチック艦隊こと、第二太平洋艦隊に所属していた旧式戦艦です。黒色火薬使用の主砲や、お化け煙突のような配置の四本煙突が特徴。日本海海戦では第二戦隊の猛射と、駆逐隊の夜間雷撃で沈んでます。

 

 このキット、レジンキットとは思えぬしっかりした出来でビックリしました。船体は歪みも気泡も無く、主砲も綺麗。
 ナヴァリン02

 

 建造年代的には、「定遠」に近く、「三笠」ち比べると性能・大きさともに大差が。
 ナヴァリン03
 色々調べると、ロシアにとって日本の英国製の新鋭戦艦からなる第一戦隊は大きな脅威だったのが分かってきます。ロシアも日本と同じで近代化の途上で、軍艦の建造に四苦八苦しながら日露戦争を迎え、玉石混合だったんだなあ、と。

 あと、「あくしず23」とベンジャミンもとい黒柾先生の百合単行本の「いちばん近くて、とおいふたり」買いました。
 あくしず
 「あくしず」のレビューは、また次回に。
EDIT  |  23:25 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12/18(Sun)

今日は

 往年の名作のセンチメンタルグラフィティの七瀬優の誕生日でした。
 あれから、何作もギャルゲーはやりましたが、未だに印象深く残っています。

 さて、NHKの「坂の上の雲」も佳境。細かく見ると色々あるんでしょうが、日本海海戦の序盤の水柱に叩かれながら回答する「三笠」以下の連合艦隊に燃えました。…これだから、軍艦オタクはやめられません。
 見てから、日露戦争時のロシア艦にも興味が出てきました。レジンキットで色々出てるので、惹かれてしまいます。特にボロディノ級は、日本海海戦では散々でしたが、残った艦はその後にそれなりに活躍してるようで気になります。
EDIT  |  23:34 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12/11(Sun)

海防艦ズ完成

 NHKの戦争証言シリーズで、第二水雷戦隊のネズミ輸送の話をしていたので視聴。駆逐艦乗りの方の誇りと矜持が伺える証言は、「車曳き」としてのド根性を見る思いでした。内容は、まあNHKだなあとしか。「ルンガ沖夜戦の話とか、他の3水戦や6水戦はスルーかよ!」と言ってはダメなんでしょうなあ(苦笑

 坂の上の雲は来週が日本海海戦の話なので期待。

 こうして艦船分(?)を補給した成果で、色々完成。
 長門01
 「長門」は結局開戦時仕様に。例によって偵察機は後回しという。
  

 
 定遠01
 「定遠」はエッチング以外は完成。このサイズで手摺はいつもつけないのですが、どうしましょう…。
 塗装は推定ですが、清への回航時あたりをイメージしました。砲身は付属の真鍮砲身を黒く塗ってアクセントに。
 定遠02
 また、以前に作った日露戦争時の「鎮遠」と並べると時代に伴う変遷が見れて面白いです。

 
 海防艦
 3艦とも主砲は旋回可能。このへんの艦の個艦ごとの武装強化はよく分かりません。
 丙型に比べると、択捉級や鵜来級が大きくみえる不思議。
EDIT  |  22:36 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。