スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2012.01/29(Sun)

パウケ!パウケ!

 先週は3回も飲み会があったので、色々と消耗。
 ですが、最後に知人の方たちと行った「パウケ」というドイツ料理屋は堪能してきました。ちょっと高いですが、アイスバインとドイツビールが旨いです。
 あと、店内にこんなものが。
 パウケ
 そう、「あくしず」の新年会が行われた場所なので、作家の方々の記念コースターが。


 模型の方は、「済遠」がほぼ完成。
 済遠101
 砲塔カバーを撤去した日清戦争時の設定で作りました。まるで陸用の重砲をそのまま並べたような艦首の21㎝連装砲が、かえって重厚なイメージを出してます。

 

 済遠102
 「定遠」「超勇」と。MA誌によると「致遠」も出るらしいので、北洋水師艦隊が揃っていきますな。こう並べると、前攻思想に染まるのも分かる威容です。


 

「セベニコ」は主要な艦上構造物の取り付け終了。
 セベニコ101
 マストやボート等は、Z級やらWL共通パーツから。
 フランス生まれらしい、背の高い艦橋が特徴的です。


 

 セベニコ102
 セベニコ103
 「ナヴィガトリ」級、リバモア級「ベッドフォード」と。
 鹵獲艦なので、イタリア艦らしくない艦の構造が分かるかと。あと、意外にリバモア級と似てます。…こうしてみると、「セベニコ」が艦型が小さい割に重武装です。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:12 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.01/24(Tue)

伝説的な逃げっぷりの…

 忙しい時とそうでも無い時が入り混じる日々です。最近のお気に入りは「あの夏で待っている」と「モーレツ!宇宙海賊」でしょうか。

 さて、模型ですがSモデルの「済遠」を購入。
 済遠01
 この会社は、本気で北洋水師を全てモデル化する気なんじゃ。というのも、この「済遠」は豊島沖海戦でも黄海海戦でも戦場から逃走した、北洋水師の艦の中でも最も人気が無いはずの艦なので。

 キット自体は、組みやすくて好感がもてるいつもの出来。砲塔カバーを外した状態も再現可能なので、今回は外した状態で作ろうかと。
 済遠02
 大きさは、「定遠」と「超勇」の中間程度。長さだけなら、丙型海防艦と変わらないかな?

 海防艦といえば、PTから1/700で「占守」が出るとのことで楽しみです。

 


 セベニコ01
 「セベニコ」は、塗装のタッチアップと発射管の取り付け。発射管は、米艦の物を切った貼ったでそれらしく加工。
 …実艦は、伊艦時代にどんな魚雷を搭載したか不明です。海外サイトには独艦と同じ物を使ったとあるんですが、よく分かりません。


 
 装甲艦

 イタリア版ポケット戦艦は、副砲を13.5㎝連装砲を背負式に配置しようかと検討中。
EDIT  |  23:56 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.01/16(Mon)

仏生まれのユーゴ育ちの伊駆逐艦

イタリア版ポケット戦艦を作る過程で、イタリア艦艇を調べてたら面白い経歴の艦がいて衝動買いしてしまいましたw

 ユーゴスラビアの駆逐艦「ベオグラード」の後身の伊駆逐艦「セベニコ」です。メーカーはデルフィス。
 セベニコ01
 初春級よりも小さな1200トン(基)の駆逐艦です。船体はフランスに発注して作られた艦で、当時フランスがポーランドなどに輸出した駆逐艦同様にトップヘビー傾向に見えます。
 イタリアに編入後は、一時は艦隊駆逐艦隊の第一駆逐隊に属しますが、すぐに主力艦隊からは消えます。同時に鹵獲された「プレムダ」が主力艦隊の護衛に何度もついてるのに対し、対照的です。イギリス製の「プレムダ」と異なり、フランス製の機関が不調だったのかもしれません。

 キットは表面荒れが気になったものの、かっちりた出来ですんなり製作が進んでます。

 また、PTの「響」も製作中で長年放棄してたので再開。
 セベニコ02
 …やっぱり特型は大きいなあ。
EDIT  |  00:22 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.01/16(Mon)

国鉄愛好家に捧ぐラノベ

今期の新作アニメが出そろいました。イチオシは「偽物語」ですが、「おねがい」シリーズ好きとしては「あの夏で待っている」も地味にお気に入りです。

 さて、久しぶりに面白いラノベを見つけたので感想を。

 
RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊 (創芸社クリア文庫)RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊 (創芸社クリア文庫)
(2012/01)
豊田 巧

商品詳細を見る

 RW01.jpg

 新創刊のレーベルから出た「RAIL WARS!」です。もし国鉄が存続していたら…という世界で、国鉄公安隊で研修することになってしまった学生が主人公です。
 私は鉄道関係には暗いのですが、挿絵のバーニア先生の絵が以前から好きなので表紙買いしたのですが。
 …ええ、マジキチ(ほめ言葉)なラノベでした。国鉄に関する描写が細かいし面白いんです。国鉄の研修で、蒸気機関全盛期以降も「投炭訓練」があったり、陸自への体験入隊があったとか初めて知りましたとも。

 カラー挿絵一つとっても、軽合金車両がいないという徹底ぶりだそうで。

 RW02.jpg

 ストーリー自体も、射撃上手で男勝りな少女とぶつかりながらも、次第にチームになっていくという王道ながらも飽きない展開。…何よりも鉄オタじゃない自分が、細かい国鉄関係の設定をWEBで検索して調べて楽しんでいるという事実。…こういうマニアへの入門になりうる小説って、いいなあ
EDIT  |  00:06 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.01/04(Wed)

不気味な箱庭での少女達の螺旋

年末のコミケで、入手した同人ノベルの体験版が面白かったので、簡単な感想を。
 『パンドラ - テルム・ドレサージュの輪の中で - 』
 パンドラ - テルム・ドレサージュの輪の中で -



 
 BGMというより歌と絵のレベルが非常に高いです。悪夢としかいいようのない奇怪な世界に、それがまた良く合う。
 役を演じ、「タブー」以外はすべてが許される箱庭で、偽りの舞いを舞い続ける少女達。
 完成が楽しみです。
EDIT  |  21:18 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.01/04(Wed)

謹賀新年(遅っ

 遅ればせながら、皆さまあけましておめでとうございます。
 コミケから向こう、あっという間に仕事始めが迫ってきて鬱です。

 さて、今年は辰年なので、年賀画像は軍艦旗が龍の清国北洋水師の「定遠」「超勇」。それだけだと寂しいので、去年一番のお気に入りの「比叡」を。
 年賀



 年始は、何をしてたかというと、「ナヴァリン」と露駆逐艦の仕上げを進めたり。
 ナヴァリン



 「ソビエツキー・ソユーズ」もどきと、イタリア版ポケット戦艦を作ってました。
 ソユーズ


 「ソビエツキー・ソユーズ」もどきは、それぽく見えるように作るだけで、残された予想図とは違う所は多々出ると思います。塗装も、現用ロシア艦用の青っぽいグレーか、いっそバルチック艦隊のような黒に黄色い煙突の塗装にするいかも未定。
 イタリア版ポケット戦艦は、タイ王国向けに建造されるも、開戦によりイタリア装甲巡洋艦として完成したという設定。主砲は、カブール級から撤去してボーリングした32㎝砲。他の装備は、リットリオ級のテストヘッドとして新装備を搭載。…ただ、副砲無しで9㎝単装高角砲のみにすると、打撃力が不足するので考え中です。

 それでは、今年もよろしくお願いします。
EDIT  |  21:15 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。