スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2012.03/24(Sat)

スト魔女熱再燃に伴う海軍ネタ色々

 スト魔女映画を見てから、TV版を見返したりニコ動で関連動画あさったりと、すっかりスト魔女熱が再燃してます。
 

 まずは、これ。スト魔女の各キャラを痛機に置き換えたかと思えば、さにあらず。運動エネルギーに基づく空戦論が展開され、WW2後半の空戦においては高度性能と速度が重要で、格闘戦がなぜ廃れたか伺えます。そう、零戦がWW2後半で旧式化した話がでますが、それで終わらない。
 「零戦の零は終わりのゼロじゃない。はじまりのゼロだ」という名言が涙がでそうに。
 まだ、シリーズ半ばですが、予告が熱いです。
 


 次は、スト魔女のアフリカ戦線SS。
 (http://lilystrikewitches.rejec.net/frame.php?c=char)
 2作連作で、アフリカ戦線に転属したバルクホルンの話。魔女を支える男性兵士の活躍と、ウイッチ同士の百合がバランスよく描かれた傑作です。
 一例をだすと、あの「メンフィス・ベル」が活躍してます。作中のリベリオン爆撃隊は、ウィッチの護衛無しで出撃して多大な犠牲なもとで戦線を支えてるという…。

 最後は海外の「大和」を特集した番組。
 


 番組の内容自体は、従来の説をなぞっただけで海外が作ったにしては頑張ったなあレベル。
 では、なにが凄いって、再現劇に日本製のタイ海防艦「トンブリ」を使ってるんです。この動画の10分位にでる艦橋や、主砲が「トンブリ」。「大和」と同時代の日本艦なので、再現にはもってこいですよねえ…。
 タイには、日本製の練習艦「メークロン」も現存していて、こちらは当時の水雷艇や海防艦などにそっくり。これを使って、駆逐艦ものとかの映画を作ったら雰囲気出ると思うんですが。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:03 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/18(Sun)

スト魔女映画見てきました

 ここのところの意気消沈が継続しているので、士気向上のためにスト魔女の映画をみてききました。
 スト魔女02

 物販が壊滅していてパンフしか買えませんでしたが、映画の内容は最高でした。ストライクウィッチーズにファンが要求するもののほとんどが詰め込まれ、ストレスの無い仕上がりでした。…ちょっと出番の少ないキャラもいましたが。

 ミリオタ的にもニヤリとするネタ多数。ラストのあの艦に関しては、ミリクラに掲載のホリエカニコ先生の漫画ばりのノリの艦橋を想像してしまいました。有賀艦長や森下参謀長がノリノリで「ドイツ旅行だ!ひゃっほう」と叫び、伊藤長官が頭を抱えてるみたいな(苦笑
 …うん、それも含めてあの世界の扶桑海軍はWW2になったら、リベリオン本土を艦砲射撃できそうで怖い。あの「はっはっはっ」という高笑いつきで。


 また、早売りにあくしず24を入手。
 
MC ☆ あくしず 2012年 05月号 [雑誌]MC ☆ あくしず 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/03/21)
不明

商品詳細を見る


 FXにようやく決まったF35の特集です。

 そして何よりも。
 スト魔女01
こ のピンナップが最高。百合分、艦船分が補充できるスト魔女らしい一枚で、かつ映画版をよく表現してます
EDIT  |  22:35 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/11(Sun)

1950~60年代の海自の対艦戦思想?

 ここのところ、進退に関する悩みで士気低下中。さらに、「トロンプ」は塗装がマスキングテープごと剥げますし…。

 なので、気分転換に海自の輸送艦「ねむろ」や護衛艦「あきづき」、フジミ「白露」なんかをいじってました。
 あきづき

 1950~60年代の海自の対艦戦の想定、ってどんなもんなんでしょう?「あきづき」級なんかが搭載している長魚雷発射管は対潜魚雷用が主でしょうが、対艦戦にも使えたはず。ですが、水雷戦をやるさいの戦術とかあったんでしょうか?ソ連艦隊は大型軽巡とか保有してたので、5インチ主砲では心もとないでしょうし。

 もともと、この時代は核兵器を対艦戦で用いることが本気で想定されてた時代でしょうし、どんな陣形で運用してたのかも気になります。米海軍は、核兵器に備えて異様に半径の広い輪型陣を組んでたんでしたっけ。

 …うーむ。この対艦ミサイル実用化前の過渡期に海戦が行われていたらどうなっていたのか気になります。台湾海峡では、中共海軍と台湾側が魚雷艇や松級や陽炎級駆逐艦での戦闘を行ってますが。

 
Battleship Girl -鋼鉄少女- 3巻 (ガムコミックスプラス)Battleship Girl -鋼鉄少女- 3巻 (ガムコミックスプラス)
(2012/03/10)
皇宇 (ZECO)、惟丞 他

商品詳細を見る

 そうそう、この漫画の主人公の「雪風」の後身の「丹陽」は台湾海峡で戦闘を経験してるのです。
 漫画の方は、MI作戦で「飛龍」先生が死ぬなど、シリアスかつ史実にある程度沿った展開で続きが気になってきました。
 …これ、主人公以外のキャラの元ネタの艦は皆史実で沈んでるんですよねえ…。「大和」が沈むまでは確実にやるでしょうが、台湾海峡での「丹陽」としての戦いまで描かないかなあ。
EDIT  |  23:44 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。