スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2012.07/26(Thu)

「山城」はじめました

 猛暑にダレ気味ですが、フジミの新作の「山城 昭和19年」を進めてます。
 山城01


 きっかけは、「菊花連合艦隊」
 
日本海軍菊花聯合艦隊 (POE BACKS) (ポーバックス CBジュニアコミックス)日本海軍菊花聯合艦隊 (POE BACKS) (ポーバックス CBジュニアコミックス)
(2011/08/24)


商品詳細を見る

 1巻が出た時は単なる擬人化萌え漫画かと思っていたんですが、…そんな過去の自分には鉄拳制裁。日本海軍の各艦を実に深く調べて描かれた熱い作品でした。
 WW2を通して描かれる各艦の生きざまが男女様々に擬人化…というより艦魂として語られ、2巻はレイテ沖海戦で散りゆく各艦が丁寧に描かれてます。
 なかでも、「山城」姉さんの散りざまが見事で、今回の「山城」製作の動機になってます。
 菊花02

 最後に、一人残された「三笠」の現代でのシーンが出てくるころには涙腺が崩壊していました。
 最近思うのは、女性でミリタリーに興味を持つ方、それも知識が豊富な方が増えたなあと思います。

 で、フジミの「山城」ですが。
 山城05
 箱絵は機銃足りなしいし主砲射撃指揮所がトップにあって、キットと違うなあ、と思ったんですが。

 山城06
 航空母艦って。ここまでの誤植は珍しい(汗


 キットの方は、各支柱の再現も細かく素晴らしいです。艦橋は測距儀支柱と三脚がそれぞれ各階を貫く構造ゆえ、ちょっと苦労。
 山城02


 各砲は可動しますが、砲塔の旋回に干渉するので主砲測距儀は削ってます。
 山城04



 あ、「スターリングラード」も少しずつ進めてます。
 スターリン01


 最近、学研の「世界の戦艦」を入手して、戦後計画の24型戦艦とシルエットが酷似してると知り、この巡洋艦への興味が深まりました。
 スターリン02
 スターリン03
スポンサーサイト
EDIT  |  19:40 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.07/17(Tue)

第二術科学校&初の艦艇見学

 日曜に友人達とツアーで横須賀の第二術科学校、「たかなみ」、「三笠」等の見学に行ってきました。

 第二術科学校は、元々海軍の機関学校があったところで、その時代の資料を集めた資料室がありました。
 ミルヒ
 ドイツ空軍から1944年に贈られたもののようです。他にも「長門」の機関室にあった配管図の現物もありました。

 なにげに、人生初の現役艦艇の見学は「たかなみ」でした。
 たかなみ
 戦闘通路も含め、甲板も船体も同じ色に塗られているのを実感したのが模型的な収穫でしょうか。
 やっぱり、ホンモノはカッコいいですな(並の感想ですが

 あとは、岸壁から「あすか」「ひゅうが」が見れたのも収穫。
 あすか



 また、米海軍基地にいた謎の解体中?の艦や、コーストガードのカッター(艦番号723?)も見れたり。
 


 模型の方は暑さで停滞しそうですが、「スターリングラード」はここまで進行。
 スターリン


 ここまで砲塔を背負い式に配置した艦はそう無いので、迫力がありますなあ。


 そして、またひとつ歳をとりました。ギャルゲーのヒロインが年上から年下になったのはいつでしょうか…(遠い目


EDIT  |  00:04 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。