スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2013.03/19(Tue)

あくしず28号、萌え戦車道です。

 ついにガルパン11話の放送が始まりました。
 三ヶ月待っただけのかいがある、戦闘の推移と作画と人間模様。劇場クオリティとスタッフが言ってたのも納得です。出し惜しみが無さすぎるので、続編を作るのは不可能に思えるほどです。

 さて、ガルパンの下地とも言える萌えミリタリー街道を突っ走てきたあくしずの最新号が出ました。ガルパンの応援本付で、秋山殿の水着がまぶしいです。

 あくしず01

 ええ、ついでに1/72模型戦車道も買いあさってしまいました。ルノーB1bisとか手に入るとは…。

 あくしずの方は、バルバロッサ作戦特集。ガルパンで活躍のⅣ号戦車や38(t)が、どう運用されたかわかります。
 あくしず02
 ガルパンでは、ロシア戦車相手に駆逐艦のような接近戦をしてた38(t)が、天真爛漫なロリっ娘に。
 あと、別冊のじじ先生の秋山殿のふとももがまぶしすぎました。

 あくしず03
 今回一番のお気にいりは、シュトゥーカさん。急降下爆撃機はお尻から眺めるのが最高ですね、ゲフンゲフン。また、戦艦マラート撃沈ではなく撃破になってるのがさすが。マラートは、ルーデル閣下の攻撃後も砲撃をしてるので。

 ガルパン関連では、応援本でのサンダース、プラウダから見た試合解説の他、西住殿の記事も。
 あくしず06
 そう、「西住戦車長伝」の軍神となった、西住小次郎中尉です。同人誌以外で、ガルパンと関連して詳しく記事があるのは貴重かと。
 ほかにも、黒森峰女学園の各戦車は、アレ以外は全て4面図があるので模型戦車道の参考になるかと。

 WWⅡ以外では、今回フォークランド紛争の記事が。
 あくしず04
 ヴァルカン爆撃機とヴィクターの空中給油とか、機体自体も含めてよく知らなかったので、食入いるように見てしまいました。純粋な軍事学的興味ですよ(棒読み


 模型戦車道は、マチルダⅡの塗装をサンディブラウンをベースにざっと進め、大洗B1bisを中島系のコクピット色で塗り始め。どちらも劇中の雰囲気に近くなって満足です。1/72は置き場所に困らないので、この調子でガルパンの登場車両を作っていきたいです。Ⅲ突F型、手に入らないかなあ。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:08 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.03/14(Thu)

西住殿、マークⅣスペシャル(のようなもの)です!

 東京物語に続き、「靴づれ戦線」も完結しました。
 
靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)
(2013/03/13)
速水 螺旋人

商品詳細を見る

 最後はベルリン戦で〆とは思ってましたが、東京物語に続き「ええっ!」という最後になりそうで、百合で終わってよかったです。民俗学の要素に、わりとえぐい史実の東部戦線のネタが詰め込まれた傑作でした。

 あとは、
 
どうせ私は狐の子どうせ私は狐の子
(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る

 これが日常を一歩踏み外した世界の怪異、かつ少女特有の残酷さも描かれていてはまりました。自分が狐かもしれないという違和感もってしまった小五の少女を、狐の少女が導く話です。


 さて、いよいよ来週はガルパン11話の放映。盛り上がってきて、模型戦車道もはかどります。
 あんこう01
 つんどら少佐からの支援物資のイタレリの1/72のⅣ号戦車と、先日のマチルダを進めてみました。

 Ⅳ号は秋山殿が「マークⅣスペシャル!」と歓喜してた決勝戦仕様ぽい感じに。細かく再現しようとすると、増加装甲やシェルツェンの取り付け方、あんこうマークの向きや数など色々差はあるのですが、今回は省略。
 あんこう02
 というか、砲身基部のパーツを紛失するという大ポカやってたり。なので、あとは工具類つけたら完成とします。

 ポカというと、マチルダもゴムのキャタピラを切ってしまいました…。なので、完成後に見えなくなるスカート内などで履帯を瞬着で固定してます。
 マチルダ01

 そうそう、艦船模型のHPやってる身として、こちらも。
 長門01
 ずっと違和感あったフジミ「長門」の砲身を真鍮砲身に替えました。あと、ギリシャ装甲巡洋艦(1942)は迷彩まではすすめてます。
EDIT  |  23:34 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.03/11(Mon)

模型戦車道にどっぷりと

 さて、もうすぐガルパンの11話の放映日ですね。
 そのため、ガルパン関係の盛り上がりも大きく、秋葉原のボークスなどガルパン一色に。


 で、あてられて色々買ってしまいました。
 シャーマン01


 「東京物語」は、こういう終わり方か…読後しばし呆然としましたが、満理子の爽やかな生き方は素晴らしく、航空審査部抜きでも映像化して欲しいですね。

 さて、エアフィクスの1/76のシャーマンはA2型のため、アニメのサンダース校の無印とは異なる箇所も多いのですが、そこは「細かいことは気にしない」方針で。増加装甲のみプラ板で追加し、ガイアノーツのオリーブグリーンで一気に仕上げました。

 シャーマン02

 シャーマン03

 ガルパンのサンダース校のデカール貼るだけで、ニヤニヤしてしまうのはガルパンという作品の魅力ですね。ウェザリングマスターを使ったことがないので、後で汚していこうかと思ってます。



 …そう、後ろに何かいますよね。
 
 ネットゲーで鳴らした私達は、黒森峰に直撃を浴びせられ学園艦の艦底に潜った。しかし、艦底でくすぶってるような私達じゃあない。
 私達は飛行機の通らぬ戦車道の世の中に敢えて挑戦する、頼りになる神出鬼没の震天特攻A(アリクイ)チーム!
 
 三式02

 三式03

 三式04


 というノリで痛機を作ってしまいました、ええ。ガルパン10話の三式戦車のあっけない最後と、三式少女戦車団という名作同人があるなら、三式少女戦闘機団もあっていいじゃないか!というノリです。
 モノはハセガワの往年の名作の1/72。機体色は。大洗三式中戦車のオマージュで車体色のフィールドグレーで塗ってます。

 

 クレオスからガルパンカラーが出るとのことなので、Ⅳ号D型はそれ待ちで、次はマチルダかな?

EDIT  |  23:59 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。