スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.12/21(Sun)

砲煙の巨竜

 さて「砲煙の巨竜」ですが、一言で感想を言うと『超甲巡(作中では超大型重巡洋艦ですが)、凶悪だなあ』
 なにせ、30秒毎に斉射を放てる上に、米海軍のような重量弾装備。当初の目的である「重巡殺し」だけでなく、戦艦すら喰える可能性のある高速艦になってますから。

 つまり、史実の計画艦の超甲巡を少しいじった艦になっているようです。
1:6連装魚雷発射管の装備
2:カタパルトは艦尾に。その結果、艦容がさらにスマートに。ただ、艦載艇の収納スペースが少なくなっているような。
3:前述の特殊砲弾(二式徹甲弾)。

 さらに、指揮官の大家少将の冷徹で、人を食ったようなキャラが味をだしています。

 また、米海軍の魚雷問題がきちんと取り上げられています。昭和18年頃まで、潜水艦用、水上艦艇用、航空用を問わず不発だらけなんですよね。史実の第三次ソロモン海戦でも、米海軍の魚雷による被害は無かったと記憶していますし。

 なんにせよ、続きが楽しみです。米海軍がアラスカ級ではなくモンタナ級に手を出すようですし。
スポンサーサイト
EDIT  |  10:37 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。