スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.02/11(Mon)

独重巡「フェリクス‘シグナム’シェルツ」、艤装中

 さて、今年の初めから着工した独鹵獲重巡「フェリクス‘シグナム’シェルツ」が、ここまで出来ました。

 シグナム建造中2

 RSBCのパナマ侵攻に、数行だけ出てくる元米ボルチモア級重巡が元ネタです。艦型図は本より詳細な記述すらないので、勝手に想像しながら仮組みを繰り返して、ここまで作りました。…こういう作業は、立ち絵や設定が少ないキャラで同人誌を作る作業に似ているのかなあ、とふと思ってしまいます。

 で、製作ですが艦体の迷彩は、リットリオ級のローマを参考に塗装。時代考証より、見た目重視です。イタリア艦は写真も比較的多く、カッコいいので架空艦の迷彩には、もってこいなのです。
 艦上構造物は、当初はプリンツ・オイゲンの物から航空機格納庫を切断除去して使用する予定でした。が、あまりにもドイツ艦ぽいうえに、煙路の配置に無理があると判断。

 結局、ボルチモアの艦橋の上にオイゲンの航海艦橋を載せました。ドイツが鹵獲したT34の砲塔に、コマンダーキューポラを載せたのに似ていますが、戦闘能力は絶対んいボルチモア級に劣る改装ですなあ。
 後部は、当初使用予定だったオイゲンの後部艦橋を削って装着。
 今は、マストと対空火器の配置を考え中。

 後ろに移っている、高速戦闘支援艦「シャマル」もいい加減に竣工させなくては。
 こちらは電子兵装を、あれこれ考え中…と言いながら半ば建造中断していますから。(苦笑
スポンサーサイト
EDIT  |  22:20 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。