スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.02/19(Thu)

竹、オルサ完成

 丁型駆逐艦竹と伊王国海軍護衛駆逐艦オルサが完成しました。
 オルサ竹1


 竹はオルモック夜戦仕様。とりあえず1隻はサックリ作ろうというコンセプトで、ストレート組みに近いです。武装・艤装品は学研の松級駆逐艦を参考にいじりましたが。
 以前に作った輸送艦やPT魚雷艇と組み合わせて、ジオラマ風にしてみたり。
 オルモック夜戦2
 オルモック夜戦3

 
 伊王国海軍護衛駆逐艦オルサは、レジンプライマーを塗った上に迷彩塗装をしたのですが、全体的に厚ぼったくなってしまったのが反省点ですね。
 オルサ01
 オルサ02
 オルサ03

 1943年仕様とし、ブレダ20ミリ機銃を増備し迷彩しました。艦首の対空標識はこの時期にあったか不明ですが、あった方がイタリア艦らしいと思うのです。
 レーダーが無いのは、この時期のイタリア海軍小艦艇では標準のようです。ただ、ソーナーの類は最初から装備し、対潜、対艦、機雷敷設、掃海とオールマイティに近い使い方ができます。また、イタリア艦にしては珍しく航続距離が長く、凌波性も良好でした。同級4隻中2隻は、1960年代まで現役でした。
 軍艦らしからぬ流線型を多用した優美な艦容は、イタリア造船技術の一端が伺え、気に入りました。


 また、鎮遠も一端建造を止めるところまできました。 (マストを真鍮線で作るのですが、初挑戦ゆえに後回しにしたいので)
 三笠鎮遠

 「三笠」と並べると、二等戦艦に類別されたのが分かる大きさです。日清戦争時の最強艦が、日露戦争の頃には滑稽艦呼ばわりされる凋落ぶり。この時代の10年の間の技術革新は凄いのですね。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:11 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●はじめまして

こんばんは。初めてコメントします。

私は「穏やかに日々創想」(fc2)と
「裏らかに日々創想」(livedoor)の2つのブログで
色々な分野に何でもありの記事を書いています。
そのうち「裏らかに」の方で戦艦の企画を始めていて
定遠・鎮遠の話題を取り上げてみたのですが
適当な画像が見付からず不満足な結果になりました。

そこで突然図々しいお願いで申し訳ないのですが
三笠と鎮遠の模型を並べた画像をお借りしたいと考えて
今回こちらのコメント欄にお邪魔しました。
もちろんお名前やサイト名も添えて掲載しますので
どうか許可していただけるようにお願いします。
永岡ともよし | 2009.04.03(金) 23:41 | URL | コメント編集

 永岡ともよし 様、はじめまして。
 さて、画像の件ですが、使用の方は構いませんよ。ただ、HPの解説にも書きましたが、舷窓の表現が間違っているなど、二等戦艦時代の「鎮遠」を正確に表現したものはない事を了解して下さい。

 ブログの方を拝見しましたが、色々な事を記事にされているようですね。「独島」と「ひゅうが」の冷静な記事は面白かったです。
 それでは、またHPやブログの方に気軽に訪れて下さい。
夜想亭→永岡ともよし 様 | 2009.04.04(土) 10:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。