スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.03/13(Fri)

第零艦隊、タンクデザントの哀愁、百合

 ここのところ読んだ本の感想です。
 
 第零艦隊 破戒録
 戦前の日本に海上保安庁みたいな組織があったら…というシリーズの新章です。
 段々と英国との戦いが多くなってきました。二次世界大戦というのは文字通り世界を又にかけた戦争で、バタフライ効果が馬鹿に出来ないというのを実感する展開になってきました。
 そして、何よりも「辻無双」(笑)。ここまで暴走する辻も珍しいですな。史実の辻参謀はあまり良い感情を抱けないのですが、ここまで突き抜けると天晴れです。


 Russian tank crews story Object-6
 たまたま委託ショップで見かけて購入。
 T34の少女乗員が主人公の作品で、前作は未購入なのですが。
 タンクデザントの悲惨さが伝わってくる作品でした。主人公と親しくなった少女がタンクデザントとして、戦車の後部に乗ります。そして、実にソ連軍らしい罠のかかり方をして、独軍野砲の集中射を受けます。主人公のT34は、主人公の技量もあり何とか死地を切り抜けますが、生身の歩兵が榴弾の嵐に耐えられる訳も無く…。

 Forbidden Lovers
 空の境界6章本。式×鮮花の百合です。
 賛否両論ある劇場版6章が好きな、すなわち鮮花と百合が好きな私好みの本でした。
 
スポンサーサイト
EDIT  |  22:51 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。