スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.03/22(Sun)

あくしずVol.12とか

 先週に買った本です。
 あくしず.

 あくしずVol.12  今回は大戦末期の戦闘機特集。
 「紫電改」の読みきり漫画を読んで、昔読んだ「紫電改のタカ」を思い出しました。…小学生の頃は、「紫電改最強」「源田実は凄い」「レイテ沖海戦では、米海軍に大打撃を与えた」とか素直に信じていました(遠い目)
 現在は、量産に成功した「疾風」の存在意義を見直しています。
 さて、あくしずの方は相変らず気持ち良いくらいの暴走をしています。P51ムスタングが日本に鹵獲された事実からNTRを思いつくあたり、さすが。…あの挿絵が良く通ったものです。

 あとは、あくしずから小説ブランドを出すという冒険にも驚きました。第一弾は内田弘樹氏の東部戦線末期戦系のライトノベル?になりそうで、楽しみです。


 アクセルワールド
 八咫氏に勧められたのと、えらい勢いで売れていたので購入。あくしずでも紹介されていますが、中々熱い作品のようなので楽しみです。


 いたいけな主人
 独立国千葉女王陛下、漫画家崩れの女性警護官、中学生メイド、女中頭の混沌とした百合ものです。
 お互いの感情を推測しあう駆け引きが主体なので、そういうものが好きなら面白いかと。

 君に捧げるカノン
 東方の魔莉沙と森近 霖之助、紫の同人誌です。
 
スポンサーサイト
EDIT  |  10:21 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

”あくしず”のラノベはかなり期待です!!
イカロス出版自体がもともと資料が豊富な上、
あくしずで活躍しているイラストレーターも最近は多方面で活躍してますし
今までとは違う路線のノベルが見えると思いワクワクします^^
かーる | 2009.03.22(日) 16:11 | URL | コメント編集

 確かに「あくしず」の小説は、期待できます。作家、イラストレータ共に優秀な方が多いので燃えて萌えるレーベルになりそうです。
 熱く戦う少女という私の大好物が、でてきそうですし。
夜想亭→かーる様 | 2009.03.23(月) 00:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。