スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.03/24(Tue)

IS~男でも女でもない性~、他

 今週買ったり、読んだ本です。
 IS.jpg


 IS~男でも女でもない性~14
 「ただのラブコミには興味がありません」と公言する妹が、大学の教授に薦められたと言って持ってきた漫画です。
 タイトルにもなっている「IS」という症状の人達を描く連作集で、14巻からでも面白かったです。
 「IS」というのは、様々な病気(作中の例だとクラインフェルター症候群)が原因で男女両方の特徴があったりする人たちです。作中の説明では2000人に1人と、意外に多いです。つだみきよ氏の漫画「革命の日」のヒロインが、一番分かりやすいと思います。(マイナーかな?)
 「革命の日」では、周りに受け入れられていましたが、「IS」では受け入れられかった人達のシビアなストーリーです。それでも暗くなり過ぎないのは、主人公のひたむきな明るさですね。


 SH@PPLE5巻
 双子の男女入れ替わりコメディー、今回は短編です。↑を読んだ後に、こういうのを読むのは自分でもどうかと思いますが、気軽に楽しめる良質のコメディーです。

 
 この広い世界にふたりぼっちⅢ
 北欧神話をベースにした、幻想的な現代ファンタジーです。白き狼と結婚した黒い制服の少女に、殺意と恋心が入り混じった好敵手の少女。静謐な雰囲気の文体と合いまり、私の趣味にしっくり来る作品でした。
 今回、狼と少女は、文字通りふたりぼっちでいることを選択し、完結した感があります。美しさと仄かな狂気を感じさせる結末でした。


 聖剣の刀鍛冶5
 最近のラノベの中で「熱さ」において上位に来ると思われるシリーズの短編です。まだ未読ですが、今回も「熱い」いストーリーもようです。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:46 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。