スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.05/31(Sun)

ヒトラー艦長の乗艦完成

 土曜の夜は宴会で、疲労が残ってはいるのですが模型を進めました。

 まずは、「レッドサン・ブラッククロス」に出てくる、ヒトラー艦長の乗艦、DD435「ベッドフォード」を仕上げました。以前に一度作ったのが大破したのを機の再挑戦です。
 といっても、PT社「コ-ルドウエル」を少しいじっただけです。支柱の追加と、20㎜機銃をタミヤの「ミズーリ」の物に交換した程度。
 あとで、ファンディ湾海戦ごっこがしたいので、砲塔、発射管は未接着。
 ベッドフォード1
 ファンデイ


 次は、「天津風1945」。仮艦首を装着して、本土へ向かった時の姿。仮艦橋の形が手元の写真だとよくわからないので、大きさ把握のための仮艦橋(仮)というややこしい状態です。
 仮艦橋はプラ板で製作予定ですが、次にあげる艦の方を優先しそう。

 「ヴィットリオ・ヴェネト」
 ヴェネト

 レジン特有のパーツ洗浄を、市販の台所洗剤にて行いました。
 船体のみ、プライマーを塗りましたが惚れ惚れとする勇姿です。キットとしても歪みもないし、モールドも繊細。
 次は、船体の迷彩と平行しての、船上構造物の組み立て。支柱の類は真鍮線への置き換えをしないと、ダメでしょうね。すでに折れている物もありますから。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:05 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

どうも、ヒトラー艦長の乗艦完成おめでとうございます。
京紗です。

>今回は素直に「ヴィットリオ・ヴェネト」にするつもりです。ポストジェトランド型戦艦のそろい踏みを、一度やってみたいもので。
前の書き込みをした後にイタリア風迷彩を施されたヴィータ嬢を眺めて「この艦と史実どおりのヴィットリオ・ヴェネトが並べば絵になるなあ」と思っておりました。双方とも高初速砲に近距離戦闘向けの防御力を持つ艦ですし。ヴィータ嬢は装甲板の質に定評のあるイギリス製ですし、主砲は軽量な長砲身を作ることではフランスと並んで長けているドイツ製ですので最高の相性だと思います。欲を言えば「クレマンソー」用の機関を乗せて速力31ノット強を狙いたいところですが、それは高望みでしょう。史実ではドイツ軍が発電施設にしてしまった代物ですし<仏戦艦の機関

>プリエーゼ式の水中防御といい、防御の問題の多い
プリエーゼ式は実験と異なる結果に終わった上に舷側装甲は複合装甲で弱り目に祟り目で運用者の悲哀が目に浮かびます。ただ、複合装甲はドイツ辺りの320mm装甲板と張り替えたら良い線行くのでは無いかと思っております。航続性能も凌波性もKG5とさほど変わりませんが高初速15インチ砲9門と30ノットの俊足艦ですからね。

>天津風1945
仮艦首状態の天津風の写真は本当に爆撃機に襲われている時のものしか私も見ておりません。艦首も無骨な2枚板を張り合わせたもので20ノット強が出せるとは流石は高温缶だと思っております。
京紗 | 2009.06.03(水) 02:32 | URL | コメント編集

 京紗さん、こんにちは。
 毎回の参考になる書き込み、ありがとうございます。
 ヴィータ嬢は、KGV級の弱点の故障多発でやや弱体の36㎝砲の改善がテーマの艦です。元がコンパクトな艦なので、対空火力・副砲共に不足ですが、強力な日英戦艦との砲撃戦に特化したという設定です。
 機関の換装は考えましたが、鹵獲時の損傷が大きすぎると改装するか疑問だったので、スクリュー・シャフトの強化を行なった程度という設定にしました。
 ですが、フランス艦の高出力機関は魅力的ですね。

 >プリエーゼ式の水中防御
 バルジの方が浮力、防御ともに優れていたようですね。ただ、船体がスマートになって高速力の源になった気はします。
 独伊の技術力が合わさると面白そうです。技術はあっても、設計思想が旧態依然の独と、真逆の伊ですからね。

 >天津風1945
 爆撃機に襲われている時の写真は、やはりご存知でしたか。
 航海艦橋の上に防空指揮所があったようなので、何とか再現したい所です。あの悲愴な姿は心打たれますので。
夜想亭→京紗さん | 2009.06.03(水) 11:07 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。