スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.06/07(Sun)

フィンランド戦映画『Tali-Ihanatala 1944』

 昨日見つけた映画ですが、見終わりました。



 フィンランドで作成された、夏戦争(継続戦争)の映画だけあって、出来は凄く良いです。
 群像劇の体裁をとっているので全体の流れが分かりやすく、夏戦争の事をよく知らなくても楽しめると思います。

 今回は、名著「流血の夏」を片手に見たのですが、再現度の高さに唸らされました。針葉樹の森林地帯に、草原が広がるフィンランドでの戦いが記録写真が動いているかのように再現されています。

 本物と思しき、動くⅢ突G型。リアルな照準機視点。至近距離でのT34/85との戦車戦。(これは、やや近すぎる気もしますが)
 パンツアーファウストでの、対戦車戦は至近距離なので、本当に怖そうです。
 他にも、T55からの改造というKV1は良く出来ているし、ISU152とかT26とかT34/76とか本物と思しき車両が多数。
 何よりも、霧靄の中から無数に出てくるソ連兵の怖さがいい感じです。

 何よりも、感情的に「戦争は悲劇!」という視点ではなく、冷静に戦況の推移を描く姿勢が素晴らしいと思うのです。
スポンサーサイト
EDIT  |  09:58 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。