スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.06/10(Wed)

境界線上のホライゾンⅡ上…もはや増加装甲

 6月から、勤務先が微妙に変化しています。通勤時間が伸びた代わりに、東部戦線から西部戦線に移った程度には余裕がある所なので、疲労は軽くなりました。
 通勤時間中は、iphoneでネットばかり見ているので読書時間は減少中です。

 さて、今週買った本をば。
 ホライゾン3


 境界線上のホライゾンⅡ上
 前巻で、展開、本の厚さ、共にクライマックス並みだったホライゾンですが。今回、さらに厚くなりました(苦笑
 計ったら、40ミリ以上。比較の為の「夏のあらし!」が紙に見えます。
 ホライゾン31

 それでも、40ミリといえば我らが日本の最終兵器、五式中戦車の正面装甲よりは薄いんですよね。最終巻までいったら、ティーゲルやパンテルの正面装甲並みの厚さになるんじゃ…。
 また、中のアンケート葉書を取ろうとしたら、ピンポイントな挿絵のページで吹きました。
 ホライゾン32

 あいかわらず、まろい。
 今回は、イスパニアの話のようです。

 異国迷路のクロワーゼ
 2巻が新刊で出ていて雰囲気が良かったので、とりあえず1巻購入。
 19世紀のフランスに奉公に来た、日本少女の話です。
 作者が桜庭一樹の「GOSICK」シリーズの挿絵の方なので、日本の着物、フランスのゴシックな衣装といった華やかな衣装を描くのが上手いですねえ。
 話の方も、慣れない環境で奮闘するちっちゃな湯音が健気で良いです。2巻も、そのうち買います。
スポンサーサイト
EDIT  |  10:30 |  本の感想  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

Comment

ホライゾンこれでまだ上巻なんですよね・・・
病院帰りに寄った本屋では2列で置いてましたけどそれでもったった6冊(汗;

ちなみに九七式クラスの15mmの鉄板、昔の仕事でいじったことあるのですが、
1平方メートルでは重機が必要な重さで
手で持てるのはせいぜい2~3mmクラス
(それでも100kとかありましたが)
シャーマンなどの80mmクラスを毎日生産していた戦時中はまさに狂気かと・・・
かーる | 2009.06.13(土) 01:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。