スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.06/18(Thu)

あくしずVol.13

 昨日は、来年の進路模索のために都内に出撃。帰りに閉店間際の秋葉原で強行軍で買い物をしました。
 …そこで汗をかいたせいか、今日は仕事中に腹部に艦載機の波状攻撃を喰らったかのような痛みを覚え大変でしたが。

 さて、今日は戦果のうち、「あくしずVol.13」の感想をば。
 あくしず131


 今回は、海自の護衛艦特集です。私は、現用艦に関する知識が少ないので分かりやすい解説は助かります。おかげで、護衛艦VLSの1セルには4発のスタンダードが入るとか初めて知りました。

 そして、一番目立つのは最新・最大の護衛艦「ひゅうが」ですね。
 あくしず132

 ヘリ母艦だけに、擬人化すると母性愛あふれる体型です。元の「ひゅうが」のWL模型もハセガワあたりがキット化するのが待たれる所ですが、こちらのフィギュアもあっても良さそうです。

 また、最新の潜水艦「そうりゅう」は、予想通りの水の抵抗の少ないスク水のロリっ娘でした。建造中の「うんりゅう」との絡みが実にけしからんですね。
 あくしず133


 他にも、年齢制限かからないのが不思議なオマハビーチで被弾する上陸舟艇娘さんとかもいて、暴走ぶりが楽しめます。

 戦車学校は、イタリア本土戦特集でⅢ突の勇姿が拝めます。突撃砲に突撃せると、どうなるかという切ない話ですが。
 あうしず134



 近日発売予定の「鋼鉄のアナバシス」の体験版も面白く、発売が待ち遠しいですね。

 久々にPSの「パンツァー・フロントbis」を起動させたくなりました。…いえ、大昔に自分で作ったオリジナルマップがあるのですよ。二次大戦末期の独本土で、超高速の駆逐戦車「オリオール」で戦う少女駆逐戦車中隊のマップが。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:23 |  本の感想  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

なんていうか、相変わらず何の本?って感じの雑誌ですね。

関係ないけど、前にここに書いた「ささめきこと」は三巻の終わりあたりからアツいことが判明。気が向いたら二巻以降もいかが?(笑)

鬼うた。は何か思ってた感じと違った。
あれならMarronの作品に出てくるお姉ちゃんのがよっぽど病んでるが(笑)
K24 | 2009.06.20(土) 13:23 | URL | コメント編集

 あくしずは、二次元と軍事の両方に理解がある人向けというニッチな雑誌ですからなあ。

 そうそう、薦められたから土曜の帰りに「ささめきこと」の2,3巻を買いましたよ。学園物としても、百合物としても上質ですね。

 鬼うた。は、黒髪ロングの姉2人が売りだと思います。
 >Marronの作品に出てくるお姉ちゃん
 あれは、規格外に飛んでるからなあ。アレに慣れるのは、ハバネロに慣れて辛い物に耐性が付くのと同レベルかと。まあ、「お姉ちゃん×3」は好きなんですが。
夜想亭→K24さん | 2009.06.21(日) 09:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。