スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.06/28(Sun)

ヴィトリオ・ヴェネト完成、列強戦艦との比較

黄色い潜水艦の本店に行って確認したら、「夏のコンテストは他で入賞してなければ、WEBで発表した物でもOK」と言われたので掲載します。

 レジア・マリーナ製の「ヴィトリオ・ヴェネト」完成です。
 ヴェネト02
 ヴェネト03

 破損していた機銃は、0.3ミリ真鍮線で修復。
 艦載水偵は、零観をそれらしく適当に仕上げました。

 主砲、副砲、測距儀は旋回可能です。
 ヴェネト05


 仏の「リシュリュー」と比べると、バランスの良さが目立ちます。攻撃力は「ヴィトリオ・ヴェネト」が上、防御力は「リシュリュー」が上でしょう。
 ヴェネトリシュリュー



 KGV改造の「ヴィータ」との比較。主砲の貫通力は同等と思います。
 内田弘樹氏の「欧州大和激闘録」の冒頭の、「ハンス・ラングスドルフ」と「ローマ」もこんな感じだと思います。
 ヴェネトヴィータ


 最後に、我が方面に在泊の戦艦群(巡戦を除く)。
 列強戦艦




スポンサーサイト
EDIT  |  21:19 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

どうも、夜想亭さまヴィットリオ・ヴェネトの完成おめでとうございます。京紗です。
主砲塔や副砲塔のみならず、測距儀も旋回可能となると実写に近い写真が撮れますね。

>リシュリューとの比較
やはり主砲塔が後部にもあるので砲戦時の艦の姿勢を選ばないのがヴェネト級の強みだと思います。
主砲塔を集中したからこそ直接防御に割ける防御重量が増えたリシュリュー級ですが、それでもヴェネト級は副砲も対8インチ防御を取っていますから大型駆逐艦や高速の巡洋艦からの攻撃を受ける艦隊戦で、砲撃では仏艦隊にも英艦隊でも致命的な損傷は受けないでしょうね。シルテ沖海戦では潜水艦の魚雷を三本喰らっても速力20ノットで退避できましたし・・・。

>最後に、我が方面に在泊の戦艦群(巡戦を除く)。
日、米、伊、仏、独、英式戦艦のそろい踏みなんて史実ではありえない組み合わせに眼福です。

以前にお話しましたマルコ・ポーロの迷彩の写真を発見しましたので・・・
直リンクはまずいので一部切り欠きます
ttp://www.warshipsww2.eu/shipsplus.php?language=E&period=&id=501219
京紗 | 2009.07.09(木) 01:34 | URL | コメント編集

 返信が遅れましたが、コメントありがとうございます。

 プリエーゼ式水中防御と、イタリアという国柄から受けるイメージのせいでヴェネト級は不当に軽防御に思われている節がありますよね。
 京紗さんに言われるまで副砲の防御まで気が付きませんでしたが、砲撃戦には強いですよね。

 >マルコ・ポーロの迷彩の写真
 ここまで手の混んだ迷彩は、見ていると楽しいですね。効果は疑問ですが。
 それにしても、このサイトは素晴らしいですね。艦船のデータと写真が豊富で興味深いです。タイ王国海軍の水雷艇や潜水艦の写真とか初めて見ました。
 
夜想亭→京紗さん | 2009.07.12(日) 10:14 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございます。京紗です。
>イタリアという国柄から受けるイメージのせいでヴェネト級は不当に軽防御に思われている節がありますよね。
日本だと戦闘に弱い=弱装甲にイメージが付きまといますからね、数年前まではフランス戦艦も防御力不足とか説明しているサイトが少なくありませんでしたから・・・。ウィキペディアの普及によって初心者さんでも簡単に軍艦の情報が閲覧できる世の中になりました。

>このサイトは素晴らしいですね。艦船のデータと写真が豊富で興味深いです。
列強はもちろん、マイナー海軍の軍艦のたいていのスペックと写真があるので重宝しております。ただ、サーバーが弱くてたまに閲覧できない日があるんですよ・・・。
京紗 | 2009.07.13(月) 00:36 | URL | コメント編集

 二次大戦中の兵器は流布されたイメージで語れがちですからね。
 ドイツ戦艦は、欧州最強の防御を誇り、出現当時世界最強とか。
 米戦艦は、水中弾対策をしていないから、九三式徹甲弾で一発轟沈とか。

 イメージに捕われない冷静な分析は重要だと思います。
夜想亭→京紗さん | 2009.07.15(水) 08:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。