スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.03/14(Fri)

戦車みたいなロボとかゾンビ漫画とか空戦物

 4月7日の大和の63周忌までに、第二艦隊を編成すべく今月の予算は模型中心のはずだったのですが。
 誘惑に耐え切れず、以下の3冊を購入。
        haisuku-ru


 フォーチュン+ブリゲイド 2巻
 ロボットというより、人型戦車という呼称の方が似合う漫画です。
 首都陥落から始まり、避難民抱えての逃避行とか末期戦好きにはたまりません。ボーイミーツガール物としても秀逸です。
 なにより、二次大戦中の戦車を元ネタにしたロボがよいのです。
 また、このロボ、戦車と同じく5人乗り。操縦や砲手などの役割分担がされているのが、また熱い。

 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 4巻  佐藤大輔氏が原作担当のゾンビ漫画。毎回、次の巻が気になって仕方がありません。…いろんな意味で。

 やはり、戦場で戦う「イイ女」と「イイ男」を描くのが上手いです。
 敵を叩き潰す事に愉悦を感じると、苦悩を吐露する少女に
「おまえを最高の女だと信じぬく」
「全ての罪と共に本当のお前であり続けろ」
と、殺し文句を言う主人公。
 悩みを吹っ切った少女が、日本刀片手に吶喊する様は爽快です。

 あと、恐らく世界初「巫女さんメイド」も出現。…こちらは、あまり嬉しくないですなあ。

 …そして、今度発売のドラマガには佐藤大輔氏が書く、コレの小説が連載されるそうです。

 とある飛空士への追憶  
 空戦物のラノベとしては、かなり秀逸な一品です。
 幼い日に出会った姫様を、水上偵察機の後席に乗せて敵中突破する話です。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:22 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。