スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.08/12(Wed)

超甲巡「黒姫1944」、伊ナヴィガトリ級進行中

 今日は、ペルセウス座流星群が良く見える日だそうです。ただ、この曇りがちな空と、湿気からくる視界不良だと、まず無理でしょうなあ。最近のアニメ「宙のまにまに」を見ていて、星空への憧憬が戻りつつあるので、残念です。…それこそ、某センチメンタルグラフィティの七瀬嬢が言うような「天文学的な偶然」が必要かと。

 さて、模型の方は三隻同時並行のせいで、作業スペースの周りがパーツの山に。そのせいで、パーツ紛失や接着剤こぼしが起きました(苦笑

 超甲巡「黒姫1944」
 黒姫31
 黒姫32
 長10サンチ砲の砲身を0.5ミリ真鍮線で作るのは難儀でした。まあ、それ以外はすんなりと進んだのですが。
 右舷には、エッチングの応急舵を装備。
 黒姫33
 25ミリ3連装機銃用の銃座は、やや控えめにしました。
 搭載ボートは、17メートル水雷艇が在庫に無くて、やや適当な配置になりました。

 機銃の設置や、ホーサーリールやボラードなど細々とした作業が残っています。

 伊ナヴィガトリ級「アントニオ・ダ・ノリ」
 ナヴィガトリ31
 ナヴィガトリ32
 今回、何気に難航してる艦です。
 まず、艦橋後部の銃座を紛失。これは、余剰パーツの流用でごまかし。
 主砲も1基紛失。これは、リシュリュー級の高角砲で、ごまかしました。
 欧州艦は、作例が少ないので、こういうごまかしが分かりにくいのが良い所かも。(苦笑

 超大型護衛艦「やまと」(征途、統一戦争時)
 征途3
 小説の「征途」に出てくる「やまと」からして、疑問点だらけなわけでして。
 なにせ、艦橋のフェイズドアレー・レーダーの大きさが小さすぎる上に、搭載用のスペーズが小さすぎる気が。ハープーン対艦ミサイル発射機が省略されてるし。

 さらに、キットの方は、どうもここのサイトを参考に作っているようで。
 http://www.cwo.zaq.ne.jp/bface700/jsdf_bb11_yamato.html 
 砲の配置が、まんま同じでした。WFで見かけた「シャルンホルスト」も、ここのサイトのCGにそっくりでしたし。

 考えすぎると、未完成必至なので、「征途」準拠で、リアリティは少々無視することにします。
 なので、塗装も調色が面倒なので、PCの海自カラーをつや消しにして使用。
 砲身は、大和用の真鍮砲身を購入して、60口径45センチ砲ぽく長めに装着しました。

 「征途」自体が、「ヴァルキリー」名を関したVTOL機が出てくるなど、「マクロス」のオマージュ的要素があるので、「マクロスF」をBGM代わりに勢いで作った方が良さそうです。
 

スポンサーサイト
EDIT  |  23:35 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。