スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.03/18(Tue)

蒼海の皇女たち 考察&クリア

 蒼海の皇女たちを一週目、サフィーヌEDでクリアしました。
 EDも末期戦好きな者として、心に残るEDでした。まるで、出来の良い一本の映画のような話でした。

 特にラストの戦闘と帰還シーンが良かったです。。乗員達が、本国の状況を知らずに「還る」ためだけにズタボロになりながらも奮闘する姿に、自然と涙が。
 乗員達と艦が一体化したような、名シーン。イメージ的には、有名戦記小説「女王陛下のユリシーズ号」に近いかと。この小説でも、乗員と艦が一体化したような表現がありました。

 
 一週目でクリアしたサフィーヌですが、一見、ただのお色気ムンムンな先任下士官の上等嘗帆兵長です。
 ただの主人公を誘惑するだけの、お色気キャラかと思っていたのですが。大間違いで、鬼兵長でした。荒れくれ者に有無を言わさず、「教育」する様は、まさに軍隊の屋台骨。
 締める所は締め、普段は優しい兵思いの姿は、理想的な海軍下士官ですなあ。
 それでいて、ED近くで、疲れきった主人公たる艦長を 抱きしめ、子守唄で癒すなど、母性愛にあふれる女傑です。
  
 ついでに、今回は本作の目玉の一つたる潜水艦内の生活の感想を。
 
 1:痛む食料
 史実通り、冷蔵庫なぞ無いので、2週間もすれば生鮮食品は尽き、缶詰メイン。パンはカビを落として食べます。
 それでも炊事担当が、優秀なのでまだ恵まれています。…ちなみに、炊事担当は史実だと、裸に前掛けのみという格好だった場合もあるようです。なので、ひそかに裸エプロンを期待していましたが、ありませんでした(爆
 しかしながら、食事は品目まで細かく表現されているので、よく調べています。

 2:トイレ、シャワー
 どうも、トイレは二個以上あるようです。あと、簡易ながらシャワーもあるよう。
 この辺り、女性艦なので史実より優遇されているようです。
 あと、南方水域では、水浴びもしています。…史実通りの姿で。
 
 3:体臭
 潜水艦の乗員名物の、劣悪な環境ゆえの強烈な体臭。
 本作にも、盛り込まれています。
 しかも、男と女では体臭が違うとか、微妙にエロいです。
 あと、南方水域の出撃時は、艦内が汗臭く酷いとかも。
 こういうリアルな話を、女性が絡む作品で、きっちり描いたのは漫画「鋼鉄の少女達」や架空戦記「スカーレット・ストーム」位しか知らないので感心していまいます。
 

 また、帰還するたびに、基地が爆撃で荒廃したり、脱走兵が出たり。戦局の悪化により、従来艦の建造優先で、中止される新型艦。
 …本当に、ガチで末期戦です。


スポンサーサイト
EDIT  |  18:01 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。