スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.01/11(Mon)

戦略物資(ソ連艦他)来たる

 本日、最近ブログの方でお世話になっているツンドラッヘさんから戦略物資が宅配されてきました。
 ツ支援1

 想像以上に色々な物が入っていてビックリしました。
 レジンキットがソ連駆逐艦「タシュケント」、工房飛竜のリバモア級(後述)、ロシア水雷艇「ZVIERIEV」、英潜P555。さらには本やムッソリーニのタンブラーまで。いやあ、嬉しいサプライズでした。

 一番目を引くのが「タシュケント」。ソ連がイタリアに発注して建造した大型駆逐艦で、愛称は「青い巡洋艦」。
 タシュケント01F
 独の1936年型駆逐艦や、日本の「冬月」と比べてもデカいです。度々、黒海で輸送任務に使われた事も頷けます。
 「サウスダコタ」の製作が終了しつつあるので、早速着手しようと思います。

 タシュケント02
 とはいえ、このサメックのキットはモールドが甘いので苦労しそうです。特に艦橋の四角い窓がケガキ線しかないです。レジンは硬くてもろいので、四角くくり抜くのは難しそう。なので、塗装でお茶を濁すか、ピンバイスで丸窓にしてしまうか…。あと、小部品はジャンクを捜索して交換ですね。

 また、当初はマハン級と思っていた工房飛竜のキット。どうも変だと思ってみたら、リバモア級のようです。
 マハン工房
 PTの物と比べると分かります。随分と年季の入ったキットなので、これはこれで面白いです。第三次ソロモン海戦で撃破された艦にでもしてみようか検討中です。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:42 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

わあああ、公表しなくても(汗)
いや、喜んで頂ければ何よりなんですが。なんかいらない物まとめて送りやがったな、みたいな(笑)
「マハン級」はおまけで貰ったので、てっきりマハン級だとばかり思ってました。リバモアだったとは……撃沈情景にどうぞ^^;
タシケント、かまぼこでしょ?(笑)
どう料理されるか楽しみです^^
ツンドラッヘ | 2010.01.12(火) 02:10 | URL | コメント編集

 いや、嬉しかったので、つい勢いのままに記事を書いてしまいました。
 レジンキットは、なかなか目にする機会が少ないですから。英潜とか、そのまま作るか、ノーデンフェルト仕様の架空艦にするか考えるだけでも楽しいものです。
 
 工房飛竜のリバモア級は、まずはそのままで使ってみました。いや、「サウス・ダコタ」が出来たもので。

 >タシケント
 期待にそえるか分かりませんが、魅力的な艦なので早期に完成せるつもりです。まずは、艦橋ですね。
夜想亭→ツンドラッヘさん | 2010.01.12(火) 23:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。