スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.03/07(Sun)

「スリ・アユタヤ」~小国の「戦艦」

 ここのところ、忙しいは怒られまくりだはで、余裕がありません。
 それでも、「スリ・アユタヤ」と「タシュケント」に、とりあえずプライマーを塗るまでは持って行きました。

 タイの日本製海防戦艦「スリ・アユタヤ」は、キットに組みたて図が入ってなかったり。三面図と、他メーカーのHPを参考に進めてます。
 アユタヤ01
実艦の写真を見ると、艦橋にブルワークは無く手すりのみなので、キットのブルワークは撤去しってます。あとは、三分割の船体の接着と修正くらいしか行ってません。

 …しかし、「スリ・アユタヤ」と姉妹艦「トンブリ」が仏印軍と戦ったコーチャン沖海戦を調べると、日本海軍譲りの漸減作戦を行おうとしたフシがあり面白いです。島嶼の影に水雷艇を配置し、最後は主力たる海防戦艦で決戦。空軍も、適時支援。
 タイ海軍の士官は、日英海軍に留学しているだけあって、作戦そのものは悪くないのです。しかし、予算不足の影響と思われる練度不足や連携の悪さから各個撃破されてるんですよね。仏印軍の、単縦陣による突入というシンプルな作戦が上手くいったというのもあるのでしょうが。
 このあたり、第一次ソロモン海戦の三川艦隊の勝利につながるところがある気がします。

 「タシュケント」は、ここからどこまで手を加えるかが悩みところです。特に艦橋全面の大型給気口を立体的に再現するのが難しすぎる…。
 タシュケント
スポンサーサイト
EDIT  |  09:35 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●進みましたね!

お疲れ様です。お互い様、なかなか余裕のないツンドラッヘです。
「スリ・アユタヤ」「タシュケント」と強敵相手にこれだけ前進できれば素晴らしいですよ! 私なんか呟いてばかりですよ!(笑)
しかし「アユタヤ」いいですねえ。タイ海軍ってそういう作戦立てる能力あったんだ……意外です。馬鹿にしたもんじゃないですねえ
ツンドラッヘ | 2010.03.08(月) 00:50 | URL | コメント編集

 こんばんは。ツンドラッヘさんの方こそ、毎日夜遅くまでお疲れ様です。 

 >前進
 うーん。前進というか、割りきって進めたというか。手を加える時間が無いから、とりあえず進められるだけ進めました。それでも、形が見える形で模型が進むと楽しいもんです。

 >タイ海軍ってそういう作戦立てる能力
 タイは、全般的にみて予算不足からくる練度不足を除けば、案外に優秀な気がします。空軍も、爆撃機をきちんと導入して航空撃滅戦を企図してたり。海軍は水上機による海上哨戒力を整備してたり。
 こういう小国の軍備は、欧州の小国もですが、心ひかれるものがあります。
夜想亭→ツンドラッヘさん | 2010.03.08(月) 21:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。