スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.03/22(Mon)

ラスト・ピュリファイ~規制化の流れに抗する同人ノベル

 今日は模型を進めるつもりが、偶然見つけた同人ノベルが面白くて時を忘れてプレイしてしまいました。
 これが、同人とは思えないほど絵が奇麗で、何より話が面白かったんです。

 タイトルは「ラスト・ピュリファイ」。公式HPで無料公開されてます。(http://www110.sakura.ne.jp/~sundervolt/)
 昨今の二次元創作物に対する規制化への風刺として作られた作品だそうです。規制化の流れに関して、こういう風に作品で抗議するという姿勢は素晴らしいと思います。宮武外骨の滑稽新聞のようで。

 さて、話の方は、恒久的平和のために文化も宗教も抹殺し、人類を平等に管理する倫理機構。それに唯一抵抗する東京に、一人の少年が迷い込む…というもの。日本の表現規制の話を映画「華氏451度」ばりの話にするのか…という突っ込みはありそうです。
 ですが、登場人物たちが、実に熱い連中ばかりで、彼らのセリフに規制化の問題を考えるヒントが混じってます。

 あと、ヒロインの一人、「世界最後のロッカー」流鏑馬淳が漢。一週目での、敵前での最後のライブがカッコ良かった。

 「今回の規制は私には全く関係無いな~」という人にも、「何か面白いノベルないかな?」という人にもお薦めです。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:51 |  ゲームの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。