スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.08/01(Sun)

フリドリーヒを建造せよ!

 タイトルは往年の映画のオマージュ。ドイツ艦は、なぜああも映画ばえするのか…。
 利根完成に伴い、ついにH級戦艦「フリードリヒ・デァ・グロッセ」起工です。
 フリードリヒ02

 ドイツの大型艦は形状を似せて作っているので、「フリードリヒ・デァ・グロッセ」も同様。なので、小パーツを筆頭に他のキットから積極的にパーツ流用してシャープに仕上げたいと思います。
 とりあえず、アオシマのテルピッツを1隻パーツ取りに確保。船体は迷彩塗装の実験に使用することにします。

 まずはレジンキット定番の洗浄。中性洗剤とクレンザーと歯ブラシで入念に落とします。今回は副砲とかの小パーツは他から流用予定なので、細かいパーツが少ないのすんなりと。

 次に気泡をパテで埋めたり、バリを落としたり。
 今日は暑いので、パテがすぐに乾いて大変でした。おまけに容器がなぜか途中で破裂…。

 フリードリヒお3
 また、キットの42cm砲塔は背が低いので、エバグリのプラ棒を利用し、一ミリかさ上げ。
 艦橋はテルピッツのものを仮のせ。このままだと、少し低いかな?これはこれでスマートな感じもしますが。

 同時並行でフェアリー企画の満州江防艦隊も進めます。
 満州01
 満州02

 このメーカーは、船体が必ず分割されているので、接着とパテ埋めは欠かせません。
 今回はプライマーを塗るところまでこぎつけました。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:37 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●凄い……

これは・・・凄い。この状態でも威容に圧倒されますね。
まさに浮かべる巨城ですなァ。
「利根」に続き矢継ぎ早の建艦ラッシュ、お見事です。見習うことばかりですなー。
艦橋そのほかを流用というのはいいですね。レジンだとどうも瞬着が怖くてなりません。不慣れなのかなァ。
満州艦隊も個性的な艦影が素敵です。
これは楽しみな夏になってきましたな!
ツンドラッヘ | 2010.08.01(日) 22:54 | URL | コメント編集

 普段、ツィッターで会話しているせいか返信がおくれてしまいました(汗
 おっしゃるとおり、大きいですよ。テルピッツやシャルンホルストが巡洋艦に見えてしまうくらい。塗装とか筆だけでいけるのか不安になってきました。
 あげくに、レッドサンブラッククロスでH級と一緒に轟沈したガスコーニュの恨めしげな視線に負けて、そちらも手をつけてしまいました。建艦ラッシュというより、暴走?

 暑くて、模型製作には過酷な季節ですが、士気は保って乗り切りましょう!
夜想亭→ツンドラッヘさん | 2010.08.08(日) 10:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。