スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.10/02(Sat)

1943年の第三種接近遭遇

 
STARDUST SQUADRON 星空に一番近い場所 (1) (ファミ通文庫)STARDUST SQUADRON 星空に一番近い場所 (1) (ファミ通文庫)
(2010/09/30)
foca

商品詳細を見る


 テックジャイアンにて連載ゲームとして掲載された作品が、ついに文庫化。
 雑誌掲載中は、毎号雑誌を買う資金が続かず挫折したのでうれしいです。

 話は、1943年夏。日本の北方の島の海軍基地で雷電のパイロットをしている主人公。航続距離の外のはずの米軍の飛行艇を撃墜したところ、中から異星人の少女が。しかも、亡くなったはずの妹の面影があって…。というもの。
 名作「ロケットの夏」のライターの方だけあって、航空機や軍の書き方は正確。なかなか初々しい、二人の距離感の詰め方や、明らかになっていく伏線など続きがきになります。

 あとがき読んだら、舞台をどうするか迷われたようで、「ソ連に異星人が不時着したら、収容所からロケット組み立てて逃げる話になる」からやめたとのこと。それは、それで読みたいような。

 
スポンサーサイト
EDIT  |  23:02 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。