スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.02/12(Sat)

第16回ミンダナオ会の展示会に行ってきました

 3年越しに初めて、ミンダナオ会の展示会に行ってきました。
 雪降っていて凄く寒いなか、船の科学館へ。

 今回は、『海から空へ ~航空母艦100年史~』。ということで、普段お目にかかれない欧州空母に会えると期待していたんですが。
 ええ、まさか各国の正規空母が全て展示してあるとは予想外。

 なかでも、注目はフランス空母「ベアルン」
 m301.jpg
 m302.jpg
 こんな大胆な構造のエレベーターとは思いもしませんでした。
 この構造なら、中からガンバスターみたいなロボが出てきても違和感ないです。魚雷発射管を装備してるし、装甲はそこそこあるし、アニメの主役艦にできそう(笑

 架空艦好きとしては、巡洋戦艦「レキシントン」や
 m303.jpg


 ラバ空の鹵獲英空母「剛竜」
 m304.jpg


 (以下、クリックすると拡大写真)
 また、英空母は独特な迷彩を施した艦が多く、貸与ボーグ級あたりは作ってみたくなりました。
 m5.jpg
 m15.jpg
 m16.jpg

 
 他に気になった、WW2欧州艦
 m25.jpg
 m17.jpg
 m13.jpg
 m14.jpg
  

 現用艦の中では、現在世界最小と思われるタイ空母とかが気になりました
 m10.jpg
 m11.jpg
 m12.jpg
 
 

 帰りは、大学の同期と映画「RED」を鑑賞。
 こちらも最後まで飽きない、イイ映画でした。ブルース・ウィリスを中心としたオヤジ分を補給できます。
 いやあ、久しぶりに羽が伸ばせました。
 
スポンサーサイト
EDIT  |  22:29 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●ベアルンって

そんなエレベーターだったんですか~
大胆過ぎる!!
架空艦でもここまではしないような構造ですねぇ。

巡洋戦艦「レキシントン」も良いですが、個人的には後ろに見える空中空母がやはり気になるですね。

ちなみに以前私が行ったときは13回巡洋艦の時で、印象に残ったのはフューリアス新造時でしたw
ぷーかん | 2011.02.15(火) 01:13 | URL | コメント編集

 私もビックリでした、ベアルン。この作例、搭載機もきちんと作ってるわ、フランス語の資料本も参考にしてるわ、愛を感じました。

 >空中空母
 実は、帰ってから撮り忘れに気が付きました。航空機を空中発進、収容するビックリメカなので、よく見てくればよかったです…。

 >フューリアス新造時
 今回も展示してありました。フッドに似た綺麗な艦なのに、巨大な主砲が目を引きました。
夜想亭→ぷーかんさん | 2011.02.19(土) 21:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。