スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.04/11(Mon)

タカオさん&リバティシップ完成、比叡1944着手

 4月になって、時間が少し出来たので模型が進みました。
 まずは、残工事をちまちま進めてた高雄とリバティシップが完成。
 高雄301
 高雄302
 高雄303

 高雄は、フジミのハイクオリティがいかんなく発揮された傑作です。艦橋の精密さと、一体成型による組み立てやすさは抜群。
 主砲も用意していたヤマシタホビーの砲塔を使用しなくても、充分。
 

 また、「蒼き鋼のアルペジオ」を読んでたら、金剛級が作りたくなってフジミの「比叡」を着工してしまったり。比叡は、アルペジオにまだ出てきてないのですが、あの独特な艦橋に惹かれてしまいました。
 比叡02
 今回はじめて木甲板シートなるものを使ったのですが、いいですねコレ。今まで苦労していた塗り分けや、木の表現が短時間で綺麗にしあがります。
 ソロモン海で沈まずに、「霧島」の仇を討つべく甦ったという設定で作ってます。あの独特の艦橋が好きなんで、艦橋はほぼそのままで、副砲全撤去して対空火器増備した姿にしようと思います。
  
 
 比叡01

 さらに、ここのところの被災地での海自艦艇の活躍に胸打たれ、海自艦を作りたくなったの「しまかぜ」も着工。日本独特の艦容をもつ最後の世代の艦なので、好きなんです。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:29 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

お久しぶりです。
高雄完成おめでとうございます。
やはりフジミは情報量が凄いですね。アオシマとはモールドの量が違いすぎます。
比叡のアレンジも楽しみです。
菊水 | 2011.04.12(火) 22:37 | URL | コメント編集

 コメントありがとうございます。
 アオシマの鳥海と、今回の高雄を比べてみると、煙突周りの支柱や蒸気管の量の違いに驚かされます。ただ、その分組み立てが面倒で、すんなりと組み上がるアオシマの「高雄」も悪くないと、菊水さんの作例を見て思いました。

 比叡は、元のキットの出来が良いので、武装を付け足す程度の小規模な改造になりそうです。
夜想亭→菊水さん | 2011.04.17(日) 23:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。