スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.07/08(Fri)

「ななめの音楽」…幻想的な少女航空譚

 またもや、更新に間があいてしまいました。土曜が仕事だと、模型も進捗しません。

 さて、今回は「ななめの音楽」という漫画の紹介。
 
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス ななめの音楽1 (ソノラマコミックス)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス ななめの音楽1 (ソノラマコミックス)
(2011/07/07)
川原由美子

商品詳細を見る

 近未来を舞台に、主人公の少女と祖父にしか見えない光子という少女を軸に、航空機レースを描くというもの。
 Ta152やウーフーが出てくるものの、硝煙やオイルの匂いよりも、幻想世界のような空が印象的な作品です。

 通な人には、「観用少女」の川原由美子と、「琵琶湖要塞」やパンツァーフロント」の佐藤道明が組んだと、言えばピンと来るかもしれません。
 タイトルの「ななめの音楽」は、ドイツのジャズが来たときに「ななめの音楽」と言われたことと、夜戦で活躍した「あの兵器」からきてます。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:55 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。