スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2012.01/29(Sun)

パウケ!パウケ!

 先週は3回も飲み会があったので、色々と消耗。
 ですが、最後に知人の方たちと行った「パウケ」というドイツ料理屋は堪能してきました。ちょっと高いですが、アイスバインとドイツビールが旨いです。
 あと、店内にこんなものが。
 パウケ
 そう、「あくしず」の新年会が行われた場所なので、作家の方々の記念コースターが。


 模型の方は、「済遠」がほぼ完成。
 済遠101
 砲塔カバーを撤去した日清戦争時の設定で作りました。まるで陸用の重砲をそのまま並べたような艦首の21㎝連装砲が、かえって重厚なイメージを出してます。

 

 済遠102
 「定遠」「超勇」と。MA誌によると「致遠」も出るらしいので、北洋水師艦隊が揃っていきますな。こう並べると、前攻思想に染まるのも分かる威容です。


 

「セベニコ」は主要な艦上構造物の取り付け終了。
 セベニコ101
 マストやボート等は、Z級やらWL共通パーツから。
 フランス生まれらしい、背の高い艦橋が特徴的です。


 

 セベニコ102
 セベニコ103
 「ナヴィガトリ」級、リバモア級「ベッドフォード」と。
 鹵獲艦なので、イタリア艦らしくない艦の構造が分かるかと。あと、意外にリバモア級と似てます。…こうしてみると、「セベニコ」が艦型が小さい割に重武装です。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:12 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。