スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2012.08/06(Mon)

【C82】WW1における西アフリカ戦線

さて、夏コミは今年も三日目のみ行く予定なのですが、いまだカタログチェックをろくにしていなかったり。
 そんな状況ですが、知人のコンパスローズさんがC82で委託という形で出す本が、非常に面白そうなので宣伝を。
 
 『帝国の「辺境」にて-西アフリカの第1次世界大戦 1914~16-』
 委託先は2日目が東地区ア-12a「河城重工特車事業部」
 3日目が西地区あ-26a「ボストーク通信社」


 そう、日本でほとんど知られてないWW1における西アフリカ戦線の話です。
 執筆中に何度か内容の話を聞いたのですが、それが初めて聞くものばかり。

 それもそのはずで、この戦線を扱った日本語資料は皆無に近く、膨大な洋書を元に書かれたとのこと。
 主戦線から遠く離れ、インフラすらない戦線での戦闘は、どこか星間戦争にも似た異質なものでした。なにせ、野砲一門運用するのに、大量の人夫を必要とし、その数は部隊の数倍になるという。

 また、この本の特徴は戦争は、歴史・経済・文化等の多様な土壌の上に起こったものであることを実感させるものだという点もあります。この戦線を形成するに至った背景も丁寧に描かれているようです。

 その結果は、B5本文190ページ、厚さ1.3cm重さ約600gにも及ぶ、資料系同人としても有数の厚さになっており、今後とも日本語で出る見込みの少ないジャンルでもありオススメです。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:19 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。