スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2013.01/04(Fri)

初めてづくし~「鳳翔1944」とエーリカ

 正月休みがあっという間に終わりつつあり、戦々恐々としながら正月ボケ解消に「白衣性恋愛症候群」なぞやっていました。これ、現役の看護師の方がシナリオ書いただけあって、すごくリアルです。医療以外でも、新人がやらかす様々なミスと叱責のイベントが予測不能なタイミングでくるので、社会人にはダメージきますね。…あ、百合的にも素晴らしい作品ですよ。

 さて、模型の方ですが、ピンバイスを折ってしまい、防空軽巡は舷窓開けの途中でストップ。どのみち、艦橋の造り変えに「阿賀野」あたりのキットを入手して使おうと思っていたので停滞は必至でしたが。

 そんなわけで去年から積んでたフジミ「鳳翔(昭和19年)」とHP社のドイツ水雷艇T19を進めてました。
 鳳翔01


 T19は、荒天下でも水雷襲撃できるように、艦橋で発射管への波を防ぐ構造のせいで主砲が一門しかない妙な水雷艇です。
 「鳳翔」は、甲板を延長した最終時を再現した貴重なキットで、飛行甲板が全てエッチングの豪華仕様なんですが…。

 鳳翔02

 エッチングの飛行甲板作るのは初めてでいそいそと開けて、待っていたのは、飛行甲板裏の100を超える支柱全てをちまちま付ける作業。…心が何度も折れて、ここまで半年かかりました。飛行甲板のエッチングならではの薄さは惚れ惚れとしますが。


 さて、初めてというと、こんな物も入手してたり。
 エーリカ

 卓球模型&電撃屋のレジンキットの「エーリカ・ハルトマン」です。ストライカーユニットを履いてない貴重なキットかつ、カラーレジンで瞳デカール付きなのでフィギュア初心者の私でも作れるかと思ったんですよ!
 ただ、私は筆塗りしかしたことないのと、せっかくのカラーレジンにプライマー塗ってから塗装も?となって止まってます。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:13 |  フィギュア  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。