スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2013.03/14(Thu)

西住殿、マークⅣスペシャル(のようなもの)です!

 東京物語に続き、「靴づれ戦線」も完結しました。
 
靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)
(2013/03/13)
速水 螺旋人

商品詳細を見る

 最後はベルリン戦で〆とは思ってましたが、東京物語に続き「ええっ!」という最後になりそうで、百合で終わってよかったです。民俗学の要素に、わりとえぐい史実の東部戦線のネタが詰め込まれた傑作でした。

 あとは、
 
どうせ私は狐の子どうせ私は狐の子
(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る

 これが日常を一歩踏み外した世界の怪異、かつ少女特有の残酷さも描かれていてはまりました。自分が狐かもしれないという違和感もってしまった小五の少女を、狐の少女が導く話です。


 さて、いよいよ来週はガルパン11話の放映。盛り上がってきて、模型戦車道もはかどります。
 あんこう01
 つんどら少佐からの支援物資のイタレリの1/72のⅣ号戦車と、先日のマチルダを進めてみました。

 Ⅳ号は秋山殿が「マークⅣスペシャル!」と歓喜してた決勝戦仕様ぽい感じに。細かく再現しようとすると、増加装甲やシェルツェンの取り付け方、あんこうマークの向きや数など色々差はあるのですが、今回は省略。
 あんこう02
 というか、砲身基部のパーツを紛失するという大ポカやってたり。なので、あとは工具類つけたら完成とします。

 ポカというと、マチルダもゴムのキャタピラを切ってしまいました…。なので、完成後に見えなくなるスカート内などで履帯を瞬着で固定してます。
 マチルダ01

 そうそう、艦船模型のHPやってる身として、こちらも。
 長門01
 ずっと違和感あったフジミ「長門」の砲身を真鍮砲身に替えました。あと、ギリシャ装甲巡洋艦(1942)は迷彩まではすすめてます。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:34 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。