スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07/04(Fri)

ストライク・ウイッチーズ

一話を見たのですが。何ですか、この気合が入りまくったけしからんアニメ(褒め言葉
 初っ端なから、2機1組の燃える戦闘シーン。大型機に対しての直上からの攻撃とかセオリー通り。しかも、白い物がこれでもかと乱舞。

 さらに、空母赤城の描き込み。きちんと艦の前後で傾斜した飛行甲板とか、20センチ砲、作業通路とかよく調べています。

 ストーリー自体も、戦争嫌いだが努力家の主人公が、どう気持ちを変えて戦場に立つか楽しみです。

 ちなみに、小説の新刊も買いましたが、こちらもいい感じに暴走しています。ラノベの後書きで、日本陸軍機への愛を語り、四式戦「疾風」の艦載機化を語るとは…。

 公式HP
 http://s-witch.cute.or.jp/
スポンサーサイト
EDIT  |  22:55 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

作者がヤマグチノボルさんのせいか、ちょっとアレなのはいただけないですが、
機体に関しての描写は細かいですね。
(最もゼロの使い魔でも二次大戦の兵器の名前多いので好きなんでしょうけど)

第2巻ですが、ルーデルのJu-87G-2の扱いづらさに苦労した描写をしたり
選択されている”性能はいいがイマイチ知名度が無い”航空機の渋さも光りますね。
かーる | 2008.07.05(土) 09:40 | URL | コメント編集

 >性能はいいがイマイチ知名度が無い航空機の渋さ
 確かに、二式単戦やハインケルの試作機He100とか、架空戦記ですら取り扱われない機体が活躍していますね。
 特に二式単戦は、調べると欧州でなら一流機。格闘戦偏重の日本では、評価されない突っ込みの良さと、火力がきちんと描かれているは、中々のものです。
夜想亭→かーる様 | 2008.07.05(土) 22:56 | URL | コメント編集

放送日の関係でつい先ほどアニメ見ました。

さすが「戦闘妖精雪風」のGONZOだけあって
赤城のモデリングは尋常じゃありませんね。
あのままCADで1/350出してほしいぐらいです。

終わり際にさりげなく99艦爆らしきのも甲板にあったのも印象的でした。

後はストライカーの性能差とかをどう表現するのかが今後の見ものですね
かーる | 2008.07.08(火) 08:25 | URL | コメント編集

 本当に、赤城のモデリングは素晴らしいです。着艦誘導灯まで再現されています。あと、護衛の陽炎級駆逐艦も惚れ惚れとします。
 
 >「戦闘妖精雪風」のGONZO
 雪風も素晴らしい作品ですが、スタッフさん繋がりで「LAST EXILE」も良いですよ~。航空機の動き、CGモデリングの丁寧さ、ノスタルジックさが似ています。

 >99艦爆らしきのもの
 小さくてわかりにくいですが、96式艦戦かもと個人的に期待しています。

 とにかく、毎週楽しみな作品になりそうです。
夜想亭→かーる様 | 2008.07.11(金) 00:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。