スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07/11(Fri)

美術館の女神様とか、リサイクル艦隊

 さて、ここ2週間で買った本です。
       第七艦隊

 
 ストライク・ウイッチーズ~スオムスいらん子中隊はじける
 アニメも始まった作品ですが、アニメとは舞台・人物が異なる外伝です。タイトル通り、はじけています。百合的にも、ミリタリー的にも。爆撃機が足りないから、緩降下爆撃とか、いかにも機材が足りないフィンランド戦線的です。

 未来日記6
 ヤンデレヒロインの中でも、最強クラスの我妻由乃の活躍する漫画(笑。彼女の狂気と、他の予知能力者との駆け引きは加速する一方です。

 ミスティック・ミュージアム
 19世紀のイギリス、大英博物館、オリエンタルで勝気な女神様という舞台設定が気に入りました。大学生と、大英博物館に収められた女神像に宿った女神によるボーイミーツガール+ミステリー物?でしょうか。
 長いこと生きているので、古風で勝気だけで寂しがり屋な側面もある女神様というのは良いものです。
 あと、大英博物館館長が実に豪快な爺様になっています。亡命イタリア人だは、喧嘩は好きで腕は立つは、女好きだは、メイドさん雇っているは。
 資料を基にして作られた、物語背景とキャラクターが魅力的なので2巻が出ないかと期待してまいます。

 大日本帝国第七艦隊
 長年探していた、鷹見一幸氏の架空戦記です。
 フィンランドや大戦末期のラバウルとかに居たら、大活躍しそうで好きな作家の1人です。すなわち、創意工夫の鬼。
 電撃文庫やスニーカー文庫でも、「僅かなRPGでT72大隊の侵攻阻止」「駆逐艦とか中古艦だらけの弱小宇宙艦隊で、精鋭艦隊に勝利」とか、不利な状況でいかに勝つかで楽しませてもらっています。
 この話でも、開戦直前で戦艦「大和」沈没。続く海戦で、連合艦隊主力戦艦が大損害を受けるという、不利な状況です。
 出した答えが、帳簿外の戦力の活用。日露時代の装甲巡洋艦とか、退役した複葉雷撃機(しかも13年式)が活躍しています。いや、確かに商船改造の空母を活用するには、退役した複葉雷撃機は良い手だと思うのです。離着艦能力の都合上。
 完結してないのが、残念ですが中々楽しめます。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:13 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。