スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07/19(Sat)

ストライク・ウイッチーズ3話

さすがに、ここの所の猛暑に体をやられたようです。今日は、自宅で静養。

 さて、ストライク・ウイッチーズ3話ですが、今回は「2人はロッテ。偏差射撃でV2を迎撃!」というタイトルを付けたくなる回でした。
 英国もといブリタニアのリネットと仲良くなり、半人前同士で協力して敵を倒すという話でした。鬱展開にせずに、それなりにシビアな戦争モノを描く姿勢は気軽に見れるので良いです。

 今回も、ボーイズ対戦車ライフルの射撃音とボルト操作などメカに対するこだわりが感じられました。航空機もといウイッチの機動も健在。V2もどきのネウロイ追撃時の機動が、きちんとしています。(インメルマンターンのスプリットSというのでしょうか?)

 来週は、今回の話で250機撃墜が明かされたバルクホルンさんの話です。…アニメ特有のウソみたいな数字に見えて、モデルとなった史実のゲルハルト・バルクホルン少佐は301機撃墜。…ドイツの撃墜王は化け物揃いです。

 今回気になった銃器
ワルサー

 芳佳が受け取りを拒否したワルサーPPK/S。ナチスドイツ下で、警察用、党員護身用等に幅広く使われたワルサーPPK。それを二次大戦後のアメリカでの銃規制に対応させたモデルがPPK/Sです。つまり、史実であれば、1944年には微妙に存在しませんが、架空世界なので細かい事は言わないが吉。性能的には、手が小さな女性にも扱えるうえに、安全性が高く全く問題ありません。
 写真は、8年間愛用しているマルゼンのガスブローバックのワルサーPPK/S。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:06 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。