スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07/26(Sat)

アクション物やら、萌え系零戦操縦マニュアル

 先週から今週にかけて、買った本です。
 ひまり

 .(period)  一迅社から出た、百合&ガンアクション小説。いえ、公式にそう書いてあるんです。
 イタリアを舞台に、女性捜査官と何でも屋の少女が、人身売買組織を相手取るというストーリー。意外なほど、綿密にイタリアの警察事情、地理、銃器について詳しく調べてあるのでノワール物として楽しめました。

 おまもりひまり一巻
 原作の漫画からして好きなので、小説版も購入。
 なぜか、秋葉原で品薄になっていました。理由は、漫画ではまずいが文章ならセーフの表現でしょうか?
 原作の2巻位の時間で、キャラクターのイメージを崩さず書かれています。個人的には、昔読んだ「少年とりんごの木」の絵本が出来たのが好印象。

 ガンパパ島の零戦少女
 零戦少女

 中身は、零戦の操縦マニュアルです。いや、1巻丸々使って現代の少女が零戦を離陸させて着陸せるまでですから。
 その分、操縦マニュアルとして本気で使えるくらい細かく表現されています。途中で、ライバルの少女がムスタングで来るのですが、そのおかげで零戦とムスタングの起動方法の違いも分かります。
 クランクのようなエナーシャを回さないとエンジンを起動できない零戦。全てコクピット内から迅速に用意できるムスタング、といった具合に。
 実際に、零戦を操縦しているような感覚を味わいたい方にオススメです。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:16 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。