スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.08/10(Sun)

ストライクウイッチーズ6話~夜間飛行と絆の美しさ

 今のところ半日に1回のペースで見返しています。
 いや、それ位「綺麗な」回でした。映像的にも、ストーリー的にも。

 今回は、夜間戦闘に専従しているサーニャさんの回。
 八木アンテナ(状のモノ)を光らせながら、歌いながら雲上を夜間飛行する姿からして、綺麗でした。
 JU52が連絡機として使われているのも、ミリタリーマニアとしては嬉しい所。ユンカースおばさんやらタンテと呼ばれた、この機は1990年代までスイスとかで現役だったような。


 さて、ストーリーは夜間戦闘をサーニャ、エイラ、宮藤が命じられ、共同生活をするというもの。色々な小ネタが満載でした。
 肝油を飲んだり、徹底した昼夜逆転生活とか、芙蓉部隊を彷彿とさせます。そういや、昼夜逆転生活は太平洋戦争中のパイロット達が「猫時間」と呼んだそうです。もしや、サーニャが猫の尻尾なのは、コレからかな?

 この生活の中でサーニャは、祖国を失い、両親もウラル山脈の彼方に逃れ音信不通だと明かします。
 そんなサーニャに宮藤は
 「お互いが想いあっていれば、必ず会える」と励まします。…前回の百合星人ぶりが嘘のようです。

 さらに、被弾したサーニャを庇うエイラが、
「サーニャは一人じゃない。(中略)チームで戦えば勝てる!」と、フルーガーハマーで頼もしく応戦します。この辺りの描写が、クラッシックな音楽と、綺麗なロケット弾の発射、着弾描写とも合いまり、神がかかっています。

 そして、最後の必然ともいえる奇跡と、意味をがわかるBGM。

 ココまで長文をかかせてしまうだけの魅力がある回でした。
  リトビャク

 写真は、OVA発売後に出たコレクショントイのエイラとサーニャ。この回を見て、引っ張り出してきました。サーニャは、初期設定のカラーなので、八木アンテナは無理でも塗りなおし位はやろうかな?
スポンサーサイト
EDIT  |  23:09 |  アニメの感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。