スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.12/07(Sun)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない2

 ここのところ忙しく、楽しみは行き帰りの電車内での読書くらいです。
 
 あまり日記を更新する時間もありませんが、簡単な感想のみで。
 明けの彗星

 

 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2
 なんとなく疎遠だった妹が実は重度のオタクでした、という話の続編です。前巻は、実在するニュースサイトを取り上げたことなどでWEB上で話題になりました。
 妹がいる人にも、いない人にもオススメ。自分がアニメ、ゲーム、同人誌にはまり始めた頃を思い出せてくれる話です。

 戦国ランス
 好きなゲームを、好きな作家が漫画化。ゲームの世界の雰囲気を忠実に再現しています。忠実すぎて、電車内で読めなかったくらいです。
 とりあえず、今回出番が少なかった謙信と五十六の次巻での活躍に期待。

 明けの彗星
 中古で偶然購入。滝沢氏の、熱くもどこか醒めた語り口は好きです。探していた、特攻拒否の異能集団「芙蓉部隊」がモチーフの話が掲載されていたのが良かったです。
 上官の無能無策のツケが、最大速度200キロ余りの練習機「白菊」での成功率0%の特攻。それを横目にした、徹底した創意工夫での「彗星」での夜間出撃。「芙蓉部隊」は、水爆「瑞雲」装備の隊と同じ位好きなのですが、やるせなくなる対比ですね。
EDIT  |  23:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.11/15(Sat)

色々と一杯一杯です

 まずは、PS2が昇天した模様。DISCを入れると、「もうダメ。これ以上入れないで」と言わんばかりに自動的に吐き出してくれます。購入してから5年は経っているはずなので寿命でしょうなあ。

 次に、自前のノートパソコンも動作の怪しさが増してきました。最近、突然電源が切れ、再起動しようとするとまた電源が切れ再起動のループを起こしておりまして。2日くらい放置すると、元に戻るのですが。その、故障の周期が段々早くなってきました。
 友人から中古で購入してから6年目。修理代を考えると、修理に出すより新規購入した方が良いのでしょうが、いずれにせよ資金不足。

 そして、今日記を書いている家族共有のデスクトップの液晶に異常が。液晶が剥がれたのか、黒い5センチくらいの丸が2つ。画面が見難いです。

 さらには、モラトリアムを無事に終了させるための勉学が佳境。ここまで来ると笑うしかないですな。
 いあや、気晴らしに電車内で本読んだり、朝出かける前にフリーのノベルゲームを楽しむ位はしているのですが。
EDIT  |  23:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10/04(Sat)

大きいことは正義

 そろそろ本業の方が修羅場になりつつありますが、電車内での読書がやめられない日々です。
フォーチュン


 フォーチュンブリゲードⅢ 松田未来作
 ロボットいうより、人型戦車と呼ぶ方がふさわしいメカが活躍する架空戦記漫画です。中々売っていなくて、秋葉原の書○でようやく発見。
 避難民と一緒に、敵からの追撃を迎撃しながら流浪する部隊。今巻で、王族の姫が新しい国をつくると宣言したことで、終着点が見えてきました。
 そして、今回の山場は、新しく出てきた188ミリ砲搭載の人型戦車とフリゲート艦の撃ち合いでしょう。3000mの距離から敵人型戦車を撃破できるとはいえ、圧倒的な火力を持つ水上艦艇の撃ち合いは不利。それをどうするかが、熱いのです。

 余談ですが、この世界の人型戦車は現実世界の兵器が元ネタです。(JSU152とかスターリン戦車とか)ということは、この188ミリ砲も現実世界の砲が元ネタのはず。私はソ連のキーロフ級重巡洋艦の主砲では、と思っています。


 舞乙Hime~竜の巫女~ プリズンキャスト
 私は今年になってから舞乙Himeシリーズに、はまったのですが。その外伝というか、キャラクターを活かした新作です。つい最近存在を知り、購入。
 作者は、伊吹秀明氏。私が架空戦記で初めて面白いと思った「氷山空母を撃沈せよ!」や、萌え架空戦記の走りともいえる「猫耳戦車隊」や「星方天使エンジェルリンクス」を書いています。で、その「星方天使エンジェルリンクス」で大艦巨乳主義(*)を唱えた作者だけあって、この「竜の巫女」のヒロインは歴代のキャラ中で最大の大きさの胸を誇っています。
 話は、超能力者を集めた隔離した学園での陰謀が裏にある学園抗争です。超能力を駆使したガチバトルが熱いです

 *:登場する12隻の宇宙戦艦の艦長をすべて巨乳美人するというもの。さすがに、実現はせず。


 とある魔術の禁書目録14
 アニメ放送にあわせ、未購入分の確保を開始。これまでの巻と同様に、一気に読ませるノリの良いアクション物に仕上がっています。
EDIT  |  10:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.06/17(Tue)

1/144 ifシリーズ「烈風」

 6月18日発売の半完成品「if」シリーズが発売されていたので、早速1個購入。
 烈風、五式戦、天山、流星改とハズレのないラインアップです。
 やや重めの箱を購入したら、烈風(試作3号機)が出てきました。
      烈風


 さっそく組み立て。デカールは後日貼ります。
 やっぱりデカイですね、烈風は。
 同縮尺のフォッケウルフや零式練習戦闘機を並べると、際立ちます。
 烈風2   
烈風3

    
 
 出来がよいので、明日は流星改が出るまで買おうと思います。
 シークレットが5種あるので、そちらも気になります。量産型烈風か、初期型五式戦、H6電探装備天山、試製流星辺りだと嬉しいですね。
EDIT  |  22:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.03/27(Thu)

読書と模型進行状況

 今週も、金欠といいいながらお買い物。
     akusizu.


 MC☆あくしずは、相変らずのノリで安心(笑

 あとは、文庫本は
 しゃっぷる1巻を買いました。
 表紙の通り、まんま双子の姉弟が入れ替わる話です。
 「王子とこじき」、世界名作劇場「二人のロッテ」等と同様に入れ替わった事で周囲までも変わっていく、という定番の展開です。
 そこに女装してハイソな女子校に潜入という「乙女はボクに恋する」のノリが加わっています。

 作者である竹岡葉月の定番?のノリなので、楽しく一気に読めました。
 デビュー作で、姉が挿絵で妹が本編を書くシリアスで切ない話を。
 次の作品「東方ウィッチクラフト」で、魔女が少年、使い魔が少女、しかも何気に格闘系という異色コメディを書いた作者ですからね。
 今回の話でも、マニアックな格闘技がありました。
 また、姉の竹岡美穂氏が挿絵の「文学少女」の影響か、本作では文学ネタがちらほら。

 …今までに無かった点としては、やたら気合が入った胸の描写ですが、コレはコレで良いです。(笑

 そして、買った模型二隻は、架空艦として工事中。
 フェイト01

 一番手前の艦です。
 真ん中に写っている「大和」も今週竣工。今は撮影中です。
 奥のA社「ワシントン」がパーツ取り&研究模型です。
 
EDIT  |  23:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。